FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2013年09月

会津丸山岳/メルガマタ沢

日程  :2013年9月26~29日
メンバー:ucon単独
天気  :晴れ(全日程とも快晴)
装備  :
     ・8mm15mロープ2本(古い30mを半分に切ったもの)。結果、懸垂で3箇所は長さが足りなかっ
     たので2回に分けるとか、できるだけ下に支点を作るなどの工夫が必要だった。しかし7,8m前後
     の滝が多いので15mは使い易かった。もし二人以上のパーティーなら20~30mの8mmロープ2
     本が良いと思う。
     ・チェーンアイゼン。今回は巻くことが多かったのでドロの草付きにとても有効(効率的で安全)
     だった。
ルート&タイム
26日 奥只見ダムサイトで車中泊
27日 ダム駐車場5:27→6:18トンネル→6:48南沢出合→7:11仕入れ沢出合→9:08袖沢のコル→9:37メルガマタ沢→11:03三角点沢→11:45BC(平沢手前の標高1040m地点)
28日 BC5:36→9:00200m滑滝→10:53稜線→11:23丸山岳11:39→11:56下降点→(往路下降)→13:1420n滑滝→16:08BC
29日 BC7:00→7:48三角点沢出合→8:47小沢出合→9:57袖沢のコル→10:22(仮称)懸垂滝11:18→12:39仕入れ沢出合→13:14南沢13:24→13:54トンネル→14:47ダム駐車場
会津丸山

記録

ダムサイト
ダムサイトの地図です。

27日
DSCN2232.jpg
左の道が袖沢林道入り口です。右奥がダムサイト広場でトイレや売店、遊覧船乗船場などがあります。

DSCN2235.jpg
入り口から数十メートルでゲートがあります。ゲートの左右にも柵が延びているので避けて通るのは無理のようです。結局正面を力技で・・・・

DSCN2238.jpg
舗装された林道を緩やかに下りて行き、途中で右折して只見川の橋を渡ります。
奥只見ダムが高々と聳えています。3ヶ月前はあの高さの水面をカヌーで漕いでいたかと思うと何となく不思議な感じがします。

DSCN2239.jpg
林道は橋を渡って右岸に続いていますが2011年7月の集中豪雨でズタズタに壊れ今は面影だけです。
不思議なのはダムのすぐ下なので激流が流れた・・・とは思いにくいですがもしかしたら目一杯放水したのかもしれません。

DSCN2240.jpg
只見川本流と袖沢の間の尾根をトンネルで潜ります。向こう側が袖沢。

DSCN2241.jpg
袖沢の対岸の河原にサルの群れがいました。私の姿を見ると群れはサッと林の中に入り、ボスザルがおもむろに出てきて私を睨み付けていました。観光地の野生ザルと違って本物の野生を感じました。それにしてもリーダーは群れのメンバーを守るために身体を張るのだな・・・・人もサルも同じだな・・・・

DSCN2245.jpg
仕入れ沢出合に着きました。この袖沢本流を渡渉しなければなりません。今日はかなり水が少ないようですがそれでも場所を選ばないと流されそうな水勢です。雪解けや梅雨の時期はもっと凄くて渡るのは難しそうですがその時期のメルガマタ遡行も厳しいのでヤッパリ敵期は今なのでしょう。
ここで渡渉の薀蓄を一つ:多少深くても緩やかな流れを選んで上流から下流に向って斜めに半分流されるような感じで渡ります。決して流れに逆らってはいけません。この方法だと腹くらいの深さでもプカリプカリと渡れますので試してみてください。ストックがあるとバランス取りできて安全です。

DSCN2246.jpg
仕入れ沢です。このようにかなり貧相な沢です。入り口だけでなく奥に入ってもヤッパリ貧相でした。

DSCN2248.jpg
標高950mくらいでこの5m滝が出てきます。ルートは7,8m手前の右斜面に踏み跡があります。

DSCN2250.jpg
その踏み跡です。少し登ると小さな尾根上になり、高さで80mくらい登ってブッシュを左に行くと尾根に乗って袖沢のコルに出ます。この辺りは踏み跡が薄いので目を更にする必要があります。赤テもところどころにあったけどこれも一所懸命探さないとみつかりません。正に人跡未踏?の山地に入った漢字でした。
コルから北側に斜面を下ると小さな沢になり、2m位の滝が一つあるが30分も下るとメルガマタ沢に合流します。

DSCN2289.jpg
その小沢がメルガマタ沢に合流する5m滝。懸垂で下りました。
滝はホールド、スタンスが豊富で簡単ですがヌメッテいたので帰りは空身で登ってロープをフィックスしてから再度荷物を背負って登り返しました。

DSCN2259.jpg
平沢出合手前(標高1040m前後)の右岸にツエルトを張りました。
水面より1m高い砂利の平坦地で増水には弱いですが天気を考えて決定・・・というより他に無かった。
ツエルトを張る場所は大きなイタドリの林になっていたので鋸で刈り払い、ツエルトを張り、2泊分の薪を集めました。

DSCN2258.jpg
天場の前の流れ。

DSCN2254.jpg
天場の前の流れに仕掛けを入れるとググーとイワナが懸かる。25cm前後と小ぶりなので2匹をおかずにキープ。
ちなみに仕掛けは提灯エさ釣りで餌はブドウ虫です。

DSCN2260.jpg
ご飯を炊きながらイワナを塩焼きにする。

28日
4時に起きて焚火で食事を作り5:30に丸山岳山頂目指して遡行を開始する。
7,8mの滝が次々に出てくる。
簡単に登れるのは直登したが手強そうなのは安全を見て躊躇なく小さく巻いた。

DSCN2262.jpg

DSCN2263.jpg

DSCN2264.jpg

DSCN2282.jpg

DSCN2283.jpg

DSCN2284.jpg

DSCN2266.jpg
20mの滑滝。これが最後の滝だった。
滑なので登れそうだがヌメッテいて怖いので水流右のクマザサにつかまって登った。

DSCN2267.jpg
20m滑滝を越えると滝は無くなり、急なゴーロを本流を選んで詰め上がり、いよいよヤブに突入する。

DSCN2269.jpg
ヤブと格闘しながら「稜線に出れば草原だ」と思っていたらさにあらず。山頂辺りは確かに草原だがそこまではビッシリと笹薮でおまけにナナカマドが混じっているので始末に悪い。
何度引き換えそうかと思ったことか。でも山頂までは僅か250mなので頑張りました。

DSCN2274.jpg
ヤブを抜けると山頂だった。山頂の向うは広々とした草原・・・逆ならいいのに!

DSCN2279.jpg
山頂には小さな池とうが二つ。

DSCN2271.jpg
なにはともあれ自分撮り。

帰りはGPSの軌跡を頼りにヤブを漕ぎ、滝は無理せず懸垂で戻りました。

振り返って
・もしかしたら今シーズンの初踏破?
 林道を離れてからは新しい人の歩いた(泊まった)痕跡が見られなかったのでもしかしたら今シーズン初かも
 しれない。 そういえばイワナも純真で仕掛けを落とせば疑うことなく食いついてくる。
・グレード
 単独ではチョッと滝の直登や巻き、ヤブ、ルーファイと厳しく感じた行程でした。

end
[ 2013/09/30 22:26 ] 沢登り | TB(0) | CM(4)

ナルミズ沢

日程  :2013年9月20~22日
場所  :湯檜曽川東黒沢・宝川ナルミズ沢
メンバー:SL:みかんさん、MIさん、靖男さん、ヤビツさん、L:ucon
コース&タイム
20日 白髪門登山口駐車場に集合し、夫々テントや車中泊
21日 駐車場6:10→6:51白髪門沢出合→10:07コル→11:05オツボギ沢→11:15出合(泊)
22日 広河原6:20→7:49大石沢出合→9:26二俣→11:00稜線→12:42ジャンクションピーク→13:04朝日岳
    →14:39傘ヶ岳→15:31白髪門岳→18:21駐車場
東黒ナルミズ軌跡

記録
21日 東黒沢
P9210302.jpg
駐車場から出発。

P9210315.jpg
入渓すると直ぐに岩床になります。

P9210325.jpg
ハナゲの滝です。
ここはキャにオニングのメッカで滝の左側に立派な道がありました。

DSCN2100.jpg
次々と滑滝や滑床が現われます。

DSCN2105.jpg

DSCN2107.jpg

DSCN2110.jpg

DSCN2111.jpg

DSCN2114.jpg

DSCN2115.jpg
水量も細くなってきました。

DSCN2122.jpg
ヤブ漕ぎしながらコルを越えます。
広いクマザサの尾根なので霧で見通しは聞かないとウロウロしているうちに元の東黒に戻ってしまいそうなところ。見通しが悪いときはコンパスで方向を見定めて。

P9210387.jpg
ヤブの中の溝を下り始めます。

P9210389.jpg
水流が現われて来ました。ドンドン下ります。

P9210391.jpg
コルからの小沢がオツボギ沢に合流しました。

P9210393.jpg
オツボギ沢がナルミズ沢に合流する河原にタープとツエルト2張りを設営しました。
まだ昼の12時ですが今日はのんびりと薪を集めたり、昼寝をしたりしながら沢中伯を楽しみます。

P9210404.jpg
16時になりました。焚火でご飯を炊きます。靖男さんは元料理人なのでコゲることもなくふっくらご飯を炊き上げてくれました。
献立はご飯、レトルトカレー、副腎付け、お茶だけのシンプルだけどこのようなところで食べると最高のご馳走です(・・とは食当uconだけの手前味噌)

P9210406.jpg
焚火を囲んで夕べの語らい。

22日 ナルミズ沢
P9220433.jpg
朝焼けのテント場

P9220439.jpg
ナルミズ沢に出発。

DSCN2129.jpg
広々とした瀞と滑床が次々に現われます。

DSCN2133.jpg

DSCN2139.jpg

DSCN2142.jpg

DSCN2144.jpg

DSCN2145.jpg

DSCN2146.jpg

P9220488.jpg

P9220505.jpg

DSC02073.jpg

DSCN2152.jpg

DSCN2154.jpg
右、左とヘツリながら

DSCN2156.jpg

DSCN2158.jpg

DSCN2161.jpg

DSCN2164.jpg
大石沢出合の本流に懸かる滝。
ここまでは右岸沿いに登山道が続いていましたがここから登山道は朝日岳に向って沢から離れます。
この辺りにはポツンポツンと一張り程度の天場が主に左岸にあります。

DSCN2165.jpg

DSCN2167.jpg

DSCN2169.jpg

DSCN2171.jpg

DSCN2176.jpg

DSCN2177.jpg
ここは胸くらいまで浸かれば突破出来そうだけど・・・冷たそうだから左岸(右側)からドロドロの草付きを巻きました。

DSCN2179.jpg

DSCN2182.jpg

DSCN2185.jpg

DSCN2189.jpg
あのスラブに突き当たると二俣です。

DSCN2198.jpg
二俣は右に入ります。
周りの樹林が消えて草原が多くなってきました。

DSCN2205.jpg
草原の中の小沢を進みます。

CA7J3DDJ.jpg

DSCN2217.jpg
水が消えると紅葉しはじめた草原の向うに稜線が見えてきました。

DSCN2218.jpg

DSCN2219.jpg

DSCN2221.jpg
大烏帽子

P9220607.jpg
ジャンクションピーク目指して。

end
[ 2013/09/24 07:40 ] 沢登り | TB(0) | CM(6)

十二ヶ岳

日程  :2013年9月17,18日
場所  :富士五湖の西湖&十二ヶ岳
メンバー:単独
天気  :快晴
コース&タイム
根場(西湖西岸)6:34→(カヌー)→7:14東岸7:33→9:15毛無山9:38→11:13十二ヶ岳12:10→13:38毛無山13:49→15:09東岸→(トラブルにより地元の人の車で移動)→西湖漁業組合15:46→(カヌー)→16:15根場
十二ヶ岳軌跡
帰りのカヌーは湖の南岸から出ました。

記録
もっと遠く(穂高など)に行きたかったが台風が本州上陸の予報で、躊躇していたら次第に禁断症状が出始め、台風が過ぎ去って日数も無かったので秋晴れの中カヌー&ハイキング(登山)第2弾を行いました。

(17日)
西湖西岸の根場で車中泊
DSCN2006.jpg
夕日に映える富士山。

(18日)
DSCN2012.jpg
朝の富士山。朝日は向こう側に当たっているハズ・・

DSCN2014.jpg
王岳に当たる朝日。車の向こう側に組みあがったカヌーが見えます。

DSCN2019.jpg
東岸に着いたら霧が晴れました。航行中は霧の中でGPSを頼り。霧は他の船と衝突するほどではありません。

DSCN2087.jpg
毛無山山頂直下の草原から。秋だな~

DSCN2022.jpg
毛無山からの河口湖。今回は富士山がこれでもか!コレデモカ!と姿を誇示していました。飽きたかな?

DSCN2023.jpg
毛無山山頂にて。ちなみにお腹にモザイクは入れていません。

DSCN2078.jpg
一ヶ岳

DSCN2076.jpg
ニヶ岳

DSCN2075.jpg
三ヶ岳

DSCN2074.jpg
四ヶ岳

DSCN2070.jpg
五ヶ岳

DSCN2069.jpg
六ヶ岳

DSCN2045.jpg
七ヶ岳

DSCN2066.jpg
八ヶ岳

DSCN2065.jpg
九ヶ岳

DSCN2062.jpg
十ヶ岳

DSCN2061.jpg
十一ヶ岳

DSCN2048.jpg
十一、十二の間のキレットに懸かる吊り橋。ユラユラとかなり怖いです。

DSCN2050.jpg
そして、十二ヶ岳

DSCN2057.jpg
十二ヶ岳山頂にて。湖は西湖です。

DSCN2093.jpg
帰りの湖上から見た十二ヶ岳。写真中央の岩場がゲレンデがあるところ。富士と西湖を見ながら初冬の一日を遊ぶのに最適な岩場です。
その左上にも十二ヶ西壁風の岩場が見えます。下の沢伝いにあの岩場を登って見たいな。

(花たち)
DSCN2029.jpg
花ではないけどマユミの若い実。11月過ぎると冬枯れの山に真っ赤な彩りを添えます。

DSCN2080.jpg
ハギ。そういえば庭に紅白のハギを混植して楽しんでいたら今年は赤が無くなってしまった。白組の勝ち”ってことかな?

DSCN2043.jpg
直径2cm弱の小さな花。

その他はご存知トリカブトはいたるところに咲いていました。

<トピックス>
十二ヶ岳からヨロヨロと「もう歩きたくないー」といいながら今朝上陸して陸に引き上げておいたカヌーのところにたどり着くと「無い!カヌーが無い!!!」。しばらく呆然と途方にくれる。
冷静になってきたので検証を始める。
・ここは水力発電所の取り入れ口の柵の外側。
・増水すれば水底になるような石ころだらけの河原状で個人の所有地ではなさそう。
・風に飛ばされないように「危険!立ち入り禁止」の看板の杭にロープで繋いでおいた。
・突風があったような形跡もないし、得意のもやい結びなので自然に解けるハズはない。
仮説① 車で持ち去ったのか?
・フールディングカヤックとは言え長さは4強あり乗用車には積めない。
・解体するにしても手順があり、このカヤックになれた人で無いと無理でそうそうそういう人はいない。
・ここと道路の間にはキャンプ場があり、柵があるのでキャンプ場の許可がないと車は入れない。
仮説② 湖から・・
・乗るにはイキナリは無理で多少でも慣れが必要。
・この辺りで遊んでいた同じかぬーを持ったカヌーイストが見つけて乗って行ったのか?
仮説③ 湖の管理者撤去した。
・管理者は国、県、町? それにしても撤去したら連絡先などを残しておくはずだが何も無い。

分からない。
ハッキリしているのは誰かが持ち去ったのだ。持ち去った理由はどうあれ他人の所有物を勝手に持ち去れば窃盗である。従ってこれは警察に盗難届け(紛失届けではない)を出すのが国民の義務である。
そう判断して・・・・・

(つづき)
なにはともあれ道路に出るにはキャンプ場の敷地を通らなければならないのでキャンプ場に聞いて見ることにした。
管理事務所の前で丁度キャンプ場の人らしき奥さんに出会ったので、私「済みません、つかぬことをお伺いしますがこれこれこういうわけで今朝湖畔にカヌーを置いたのですがそれが失くなってしまいました。なにか心当たりは無いでしょうか?」、奥さん「見かけなかったよ」と、私「ガックシ」と途方にくれる。
そこに若奥さんらしき女性が来たので奥さんが「〇〇ちゃん、この人がカヌーを見なかったかって言うのだけどどう?」と聞いてくれた。若奥さん「ああ、それって青いカヌーですか?」私「ハイ!そうです!」と声も上ずる。若奥さん「それなら30分くらい前に漁協の人が軽トラに積んで持って行きました」。私「エッ!漁協の人?」、若奥さん「こっちにきてください」と別棟に導かれる。
そこに若主人らしき男性がいて若奥さんが事情を話すと「そうそう、漁協の人が不法投棄の粗大ゴミとして片付けた。もし持ち主が来たら連絡するようにと言われているよ」とのこと。若主人「ここから約2km湖岸道路を走ったところに漁協があるからそこに取りに行ってください」私「エッ!2km・・・」と腰がヘナヘナになる。若主人「それじゃ行き掛かりだから車で送ってやるよ」私「ホッ お願いします」と喜ぶ。車の中で若主人が言うには「カヌーやウィンドサーフィンで遊ぶ人が多いけど、ちょっと壊れるとそのまま置き去りにする人がいて地元では迷惑している。処分にはお金も懸かるし」私、そういう事情があるのか?では間違われても仕方ないなと非を認めて、そういう人達を代表して「済みません」と謝罪した。
そうこうしているうちに漁協に到着する。あった!カヌーがキチンと保管されていた。
漁協の人にご迷惑を掛けたお詫びと保管していただいたお礼を言って我が愛艇を引き取らせていただきました。
目出度しめでたし。
最後に「観光客のみなさん、いらなくなっても地元に迷惑をかけるので置き去りにせず持ち帰りましょう」そして私は「これから湖畔にデポするときは不法投棄ではないことと連絡先を明記したものを目立つように置いておく」ことにしました。
地元のみなさん、ご迷惑をお掛けしました。そしてご親切に対応していただきありがとうございました。


end
[ 2013/09/19 12:02 ] ハイキング | TB(0) | CM(2)

東ゼン

日程  :2013年9月9,10日
メンバー:(L)みかん、ikuko、ucon  (敬称略)
主な装備:8.2mm50mロープ 大滝高巻きに使用
       8mm15mロープ  その他の滝は全部15mを使用。この沢は30mくらいが使いやすいと思います。
        8mm40mロープ  撤退用に持参したが未使用。
        アクアステルス  茶色のヌメリが多く滑り易かったが総合的にはフェルトより良い。
        チェーンアイゼン 巻きなど草付きには抜群の威力を発揮した。
       ハーケン      大滝手前の滝で念のため2枚使用し回収した。   
       その他使わなかった装備 カム×2、3段アブミ×1、沢バイル、8mm40mロープ
コース&タイム
林道ゲート4:53→(林道)→5:18登山道入り口→6:17大根下ろし沢(入渓)6:40→7:50西ゼン出合→10:37大滝下→(高巻き)→12:42大滝落ち口→14:53滝場終了→15:12稜線
稜線17:20→17:55平標→(平標新道)→20:43大根下ろし沢20:57→22:12林道→22:40ゲート
higasi ルート
右岸を丸く歩いているのが大滝の高巻き。

記録
9日19時頃に林道のゲート前に到着して車中泊

DSC01770.jpg
まだ暗い内に出発する。

DSC01783.jpg
延長された新しい橋で仙の倉谷を渡る。渡った右側に登山道入り口がある。

DSC01786.jpg
登山道入り口

DSCN1932.jpg
装備を着けて大根下ろし沢に入るとナメが出始める。

DSCN1933.jpg
小さなナメを越えてゆくと次第に足が岩に馴染みます。

DSCN1935.jpg
苔の上に水が15cmくらい被っています。この苔は通常水面下には生育しないので長かった秋雨前線の雨で水量が多いのが分かります。

DSCN1936.jpg
西ゼン、東ゼン二俣下の滝です。右側を越えます。

DSCN1937.jpg
右が西ゼン、左が東ゼンです。

DSCN1939.jpg
東ゼンに入ってゆきます。

DSCN1941.jpg

DSCN1942.jpg
奥に見えるスラブが中ゼンです。

DSCN1943.jpg
ここも右側から

DSCN1945.jpg
草付きを滑らないように。

DSCN1946.jpg
広い滑床を快適?に進みます。

DSCN1949.jpg
中ゼン出合下の滝。遠くから見ると小さなナメですが近付くと下部が立っていて豪快です。左の草付き交じりを登ります。

DSCN1950.jpg
中ゼンの大スラブ。写真は下から撮っているので傾斜が緩いようですが実際はかなり立っていて圧倒的な迫力です。

DSCN1953.jpg
大滝手前の15m滝。右側の斜めバンドから微妙なフリクションで登ります。このバンドで念のためハーケンを2枚打ちました。(回収しました)

DSCN1954.jpg
60m大滝です。圧倒的に聳えています。(朝日でまぶしい)

DSCN1956.jpg
やはり水量が多く、斜上ルートは水流になっていました。
リーダーは一言「これは無理、巻き!」。「エッ!・・・ドコ?・・撤退の間違いでは・・・」

DSCN1957.jpg
見定めた巻きルートは左(右岸)の草付きスラブを登って大滝左のルンゼの落ち口から中間尾根を越えて大滝上段の落ち口に・・・との目論み。やって見なくちゃ分からない。

DSC01862.jpg
スラブの中の草付きを登る私。チェーンアイゼンが効いているので楽勝です。

DSC00696a.jpg
上の場面を下から撮った写真です。

DSCN1966.jpg
2P目から見た大滝の下段。

DSCN1970.jpg
4P目でルンゼの落ち口に達しました。

DSCN1969.jpg
ルンゼを見上げたところ。リーダーが引くロープはルンゼを渡って中間尾根に取り付いて大滝側に回り込んでいました。

DSCN1971.jpg
中間尾根を回りこんでから斜めに1P下って大滝上段の落ち口に下りました。全部で50mロープ(実質使うのは40m)で5Pでした。途中シャクナゲのブッシュを潜るのが大変だったけど意外とスムースだった。

DSCN1973.jpg
大滝の上からゴーロになります。遠くに目指す稜線が見えます。標高差はまだ600mあります。

DSCN1974.jpg
左から入る三の字沢が見えます。

DSC00714.jpg
左が三の字沢、右が本流でここから滝場が始まります。

DSC00741.jpg
もう、疲れたよ~!

DSCN1977.jpg
ガイドブックでは10mだけど・・・もっとありそうな気がします。

DSCN1980.jpg
20m滝が見えてきました。

DSC00735.jpg
20m滝は右の草付きの凹角から巻きます。

DSCN1983.jpg
その上にまた・・もうお腹一杯なので右の草付きから越えました。

DSCN1987.jpg
まだ、ナメ床が続きます。

DSCN1989.jpg
水量が多いので岸辺の笹につかまって、ヨイショ!

DSCN1991.jpg

DSC00750.jpg
やっと水が細くなってきました。 でも稜線は遠いな~

DSCN1996.jpg
オヤマリンドウが励ましてくれます。

DSCN1997.jpg
??ユリの赤い実も元気付けてくれます。

DSC00766.jpg
やっと広い稜線上にでましたが路はまだ見えません。リーダーはスタスタと先を行きます。
この笹の中にコケモモが鈴なりで甘酸っぱい味が新鮮でした。

DSC01921.jpg
「登山道は未だか~~!」

DSCN2001.jpg
5時12分、登山道にでました。ホッ! 道ってありがたいな~

DSC01925.jpg
夕闇迫る平標山頂から長い新道に入ります。

この路はあまり人が通らないのか?両側から丈の低い笹に覆われて足元が見えず、安心のためチェーンアイゼンを着けました。
標高1700m辺りでヘッデンを点灯しましたが、この辺りからシッカリ刈り払いされていてとても歩きやすくなりました。

午後10時40分、「もう無理!ビバークだ~」と思ったころ林道ゲートの車にたどり着きました。
そして神奈川県に帰り着いたのは明け方でした。

end
[ 2013/09/12 10:10 ] 沢登り | TB(0) | CM(3)

三つ峠 天狗岩

日程  :2013年9月3日
場所  :三つ峠 天狗岩
メンバー:ikuko、みかん、(L)ucon (敬称略)
コース&タイム
御坂口P8:50→10:30天狗岩(偵察&訓練)14:35→15:30御坂P

天狗岩

記録
 上越の沢(東ゼン、ゼニイレ)が天候不順で中止になったので予てから気になっていた三つ峠の天狗岩にikukoさんとみかんさんに声を掛けて行ってきました。
目的は初心者のロープワークと簡単なクライミングの練習につかえるかどうかの偵察です。
その結果、駐車場から重いガチャ類を背負うと岩場まで1時間以上掛かるのが難ですが岩場は練習に最適だと思いました。特に富士山を真正面に見るロケーションは素晴らしい。一番の問題は初心者がいるかどうか?ですが・・。

DSC01768.jpg
駐車場から天狗岩まで標高差400mを登ります。

DSC01716.jpg
いつもは小屋の前を直進して屏風岩に向うのですが今回は小屋の手前から右折して木無山の方に向います。
小さな草原になっていて秋の草花が咲いていました。

DSC01765.jpg
約70~80m行くと左に岩場にゆく道(踏み跡)?があります。ここを入って10mで岩場(天狗岩)の上に出ます。

DSC00560.jpg
天狗岩の頂上です。幅は約5m、長さ15m位の平らな岩の広場になっています。

DSC00561.jpg
岩の先端に立つと富士吉田から都留への里が眼下に見えます。

DSC01718.jpg
岩は岬のように突き出ています。

DSC01736.jpg
約400mの距離で屏風岩が真正面に見えます。

DSC01722.jpg
このようなアンカーがシッカリと設置されていました。全部で6箇所ありました。
その他にもボルトはいたるところ?に打ってあります。

DSC01721.jpg
それでは先ず懸垂で降りて見ましょう。

DSC01728.jpg

DSC01730.jpg
今度はアッセンダーで登り返します。
小さな黄色のヘルメットが岩場の下で高さは15mありました。

DSC01732.jpg
岩は礫岩でホールドスタンスは豊富です。縦走路の岩場通過を想定して登山靴での登攀練習によいかもしれません。
礫岩:石ころが地中の圧力で押し固まってできた岩。砂が押し固まれば砂岩。ドロなら泥岩。サンゴなら石灰岩。

DSC00579.jpg
岩場の先端の方に移動して降りてみます。約20mありました。

DSC00580.jpg
登り返します。アルパイン的で楽しいです。

DSC00578.jpg
こんな感じです。高度感もあります。

DSC00576.jpg
適度に平らで広いテラスがあるので確保の練習にもいいと思いました。

DSC01757.jpg
クラックを登る私です。
礫岩の様子がよく分かります。ただホールドにした礫(デッパリ)がポコッと抜けることも念頭にいれて使いましょう。

三つ峠は高校時代(ピッタリ半世紀)前から通っているけど天狗岩があることを知りませんでした。
去年草花を撮ろうとハイキングしているときに茂みの向うで大勢の人声が? なんだろうと覗いて見たらここだったのです。
ここで基本を学んで岩に慣れたら、屏風岩に移動して巨人や中央カンテ、ゴンベイチムニーなどクラシックルートを登りましょう。
標高1800mの山頂にある岩場で真正面に富士山を見ながら登るミニアルパインは技術向上とは別に素晴らしいですよ。

end
[ 2013/09/04 13:57 ] トレーニング | TB(0) | CM(3)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。