FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2014年07月

入川・大荒川沢

日程  :2014年7月25~27日
場所  :奥秩父 入川本流・大滝沢・大荒川沢
メンバー:千石さん、ヤビツさん、ucon
歩行距離:約35km
天気  :晴れ
主な装備:アクアステルス、チェーンアイゼン、バイル、8mm30mロープ、8mm15mロープ、   
ルート&タイム:
25日 自宅⇒雁坂トンネル料金所パーキング(車中泊)
26日 料金所⇒(車で移動)⇒入川観光釣り場4:50→5:15旧軌道分岐→6:22赤沢谷出合(入渓)→
     11:00大滝沢出合→16:19小荒川沢出合(泊)
27日 泊地5:50→10:03三俣→12:30稜線(登山道)→13:20雁坂嶺→14:03雁坂峠→16:16林道→
    16:59料金所(デポ車回収)
大荒川沢軌跡

記録
今回は入川本流・大滝沢・大荒川沢とほぼ直線で繋ぐ長いコースで下山の処理がポイントだったが車を2台使って下山地にデポしたのでアプローチは比較的スムースに運ぶことができた。
それでも62、70、72歳のパーティーには長大で天気に恵まれたことで何とか明るいうちに予定をこなすことが出来た。
そして疲労感を増しスピードを遅らせた大きな要因は最初から最後まで沢全体がヌメヌメで足の置き場も無いような岩が大きく影響していると思います。アクアステルスではなくフェルトなら少しは益しだったかも知れない(でもやって見なくちゃ分からないけど)
巻きの泥斜面だけでなくチェーンアイゼンを岩の上でも使うことで助かる面も多かった。そして小さなバイル(カービングフォックス)も巻きで活躍した。

<25日>
P7250945.jpg
前夜泊(車中)は暑さを凌ぐため標高の高い雁坂トンネル料金所(標高1200m)のパーキングにした。
お陰で自宅よりもよく眠れました。

<26日>
P7260947.jpg
夜明け前に入川観光釣り場に移動する。この駐車場は釣り客以外は1日500円で管理人がいない場合は料金ポストに備え付けの専用の封筒で入れることになっている。我々は沢中泊なので2日分1000円を支払った。

P7260948.jpg
観光釣り場の先にゲートがある。

P7260949.jpg
林道から旧森林軌道の道が分かれる。

P7260950.jpg
直ぐに小さなゲートがある。ゲートがある方が旧森林軌道跡の十文字峠に続く登山道。右は林道。

P7260951.jpg
ところどころに線路が残っている。

P7260952.jpg
右が十文字峠に続く道。左はすぐ先の赤沢川出合で行き止まり。

P7260954.jpg
右から入川本流に注ぐ赤沢川。

P7260955.jpg
赤沢川を渡って左に見える入川本流に入渓する。

P7260955.jpg
水量はまあまあ平水か?

P7260959.jpg
腰まで浸かって。。。季節は土用なので気持ちいい。

P7260964.jpg
乾いた岩以外はヌルヌルだった。水の底にある石までヌルヌルで滑って転ばないようにするのに余計なエネルギーを消耗する。

P7260970.jpg

P7260976.jpg

P7260977.jpg
この沢も倒木で進路を塞がれることが多かった。


P7260985.jpg
えーと!?この滝は・・・・思い出せない?記憶に無いです。イヨイヨ始まってしまったかな?
よく考えれば一目見てこりゃダメだと巻いちゃったから頭に残らないのかも知れない。そういうことにしておきます。

P7260997.jpg
トロ場の中に巨大な流木が立ちふさがっている。木の右側は深くて流れがあるので無理。
岩と木に手をかけて突破を試みるが・・・
P7260999.jpg
一旦退却して作戦の練り直しです。
再挑戦は意地で何とか越えたけど、岩と木の間に挟まってしまうのが怖かったです。
後で考えたのはバイルを持っているのでそれを木に打ち込めば難なく越えられたはずです。

P7261001.jpg
写っていないけどロープを付けてヌメヌメを登ります。落ちても怪我はないけど溺れると困るから。

P7261015.jpg
楽しいです。

P7261040.jpg
小さいけどツルツル。巻きます。

P7261044.jpg
ここの突破が今回の最難関でした。
乾いていれば手も使わずにスタコラですがヌメヌメと濡れていてフリクションはゼロ。
1回目はアクアステルスのみで立ち向かったが ツル!ズルズルと滑り落ちてしまいました。危うく流れにドボンしそうだったけど釣師が張ったらしい細引きに掴まってセープ。
2回目はチェーンアイゼンを付けて最チャレンジするもやはりツル!ズルズルでした。
そして3回目に何とか突破できました。
今回はタワシを持って行かなかったけどあると便利だろうと思います。タワシが無ければタオルや軍手でもいいからとにかくヌルヌルを削り採って岩を磨いて・・・・と後でいろいろ考えました。

P7261051.jpg
これも当然巻きです。

P7261054.jpg
こういうところは安心です。けど岩はツルツルなので決して岩の上を歩いてはいけません。1mでも落ちたら痛いから。
岩の間の一番低い所を選んで歩くのがコツです。一番低いところからは絶対落ちる心配はありません。

P7261058.jpg
ミズが一杯ありました。

P7261060.jpg
小荒川沢出合の200m手前のチョックストーンのある滝。

P7261065.jpg
1段目を登らずに首だけ出してその先をルーファイしているところです。
1段目は何とか登れるが2段目が自分には無理!。結局1段目の手前から左を巻くことにしました。

P7261066.jpg
右岸の泥ルンゼを登っているところ。
30mロープで2ピッチ登ってトラバースして滝上に降りました。泥斜面ではチェーンアイゼンとバイルが活躍してくれました。
ところが1段目の上辺りから立派なトレースになりました。多分1段目を登れば2段目は小さく負けたのでしょう。手を抜いたためにアルバイトしてしまったようです。反省!

P7261067.jpg
左から小荒川沢が滝になって流れ込んできました。やっと泊予定地に着きました。

P7261067.jpg
大荒川沢側の右岸に適地があります。

P7261072.jpg
こっちにツエルトを張って、焚火はここにしましょう・・・

P7261072.jpg
お茶を沸かして、ご飯を炊いて

P7261085.jpg
夜は静かに更けてゆきました。

27日
P7271099.jpg
さあ、出発です。

P7271101.jpg
ヌメヌメなので恐々。

P7271109.jpg
大荒川沢に入ると水量はグンと減ります。もう腰より上の瀞は・・・ないハズ・・・

P7271111.jpg
瀞の泳ぎは無いけど倒木の処理も大変です。

P7271113.jpg
取り付くシマなし。右を巻きます。

P7271115.jpg
谷も開けて癒し系の景色。

P7271133.jpg
と、思ったらなにやら険悪そうな滝が!

P7271136.jpg
滝は傍に行って見なけりゃルートは見付からない! オッ!奥は斜瀑だ!あの左ならもしかしたら登れるかも?

P7271138.jpg
「登れるよ~」と笛を吹いて待たせてあった仲間を呼びます。

P7271140.jpg
一見、険悪そうですが階段状です。

P7271144.jpg
これはどうしよう? 近くに行かなきゃ始まらない。

P7271150.jpg
多少シブキはかかったけど流水の右側が登れました。念のためロープを使いました。

P7271170.jpg
あとは楽勝・・と思っていたら

P7271182.jpg
人の通過を阻むストレーナーが。

P7271183.jpg
源流っぽくなってきたら虫が出てきました。何匹吸い込んだことか? 堪らず防虫ネットをつけました。なんか河童みたいです。

P7271189.jpg
水も消えてガラガラを登ります。

P7271191.jpg
標高1980mくらいから林の中の斜面を登ります。手こずるような藪はありません。

P7271192.jpg
モミの幼木の間に消え入りそうな踏み跡がありました。すぐ上は稜線です。

P7271194.jpg
やっと登山道にでました。後は雁坂嶺を越え、雁坂峠から下るだけ。

P7271197.jpg
雁坂嶺

P7271199.jpg
雁坂峠

P7271203.jpg
やっと雁坂トンネル横のパーキングに着きました。
デポ車がありがたいです。

今回は還暦・喜寿パーティーには長かったかな~。疲れました。
山行も足掛け3日かかったけどこの記録も休み休み3日かかりました。

end
[ 2014/07/29 08:20 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

精進湖・パノラマ台

日程  :2014年7月23日
場所  :富士五湖・精進湖とパノラマ台
メンバー:単独
天気  :晴れ
総歩行距離:4.5km
総航行距離:7.1km
コース&タイム
湖岸出発12:52→(カヌー)→13:05対岸上陸13:17→(道路)→13:31登山口→14:07パノラマ平→14:22稜線(三方分山分岐)→14:34下部口(本栖湖)分岐→14:38パノラマ台14:46→(往路)→15:33登山口→15:45湖岸15:56→(カヌーで精進湖一周)→17:07出発点上陸
パノラマ台

記録
富士五湖の一番小さな湖の精進湖(ショウジコ)からパノラマ台へのカヌー登山に行って来ました。

P7230177.jpg
カヌーを組み立てて湖畔に浮かべ準備完了。正面の丸い山がパノラマ台です。標高差は420mです。

P7230178.jpg
対岸に着いてカヌーを引き上げボートの間に目立たないように隠しました。
(前回、西湖でカヌーを地元の人に持って行かれてしまったのでチョット緊張です)

P7230181.jpg
パノラマ台登山口。

P7230210.jpg
登山口から見た精進湖

P7230183.jpg
明るい広葉樹の森の中を緩やかに登って行きます。秋や冬も良いだろうな~!

P7230209.jpg
パノラマ平。標高1170mの小さな広場で南側の樹木が切ってあり、富士山が正面に見える。。ハズ・・

P7230184.jpg
尾根に出ました。三方分山方面への道が分かれます。次の機会にはこ三方分山に行ってみよう。

P7230187.jpg
下部(本栖湖)から登ってくる道が合わさります。

P7230188.jpg
平坦で気持ちよい道。

P7230191.jpg
パノラマ台に着きました。
正面に富士山が霞の中に薄っすら見えました。晩秋なら雪がつき始めた富士山が見えるのでしょう。

P7230196.jpg
恐るオソル・・・証拠写真です。

このあと、往路を下ってカヌーで精進湖を廻って楽しみました。

今回見られた

P7230203.jpg
ホタルブクロ(蛍袋) いたるところにありました。

P7230206.jpg

P7230180.jpg
ヤマユリ(山百合) 南側の比較的日当たりのよい斜面に群生していました。特に道路の横の防護ネットがある斜面は百合にとって住み心地がよいみたいです。

P7230201.jpg

P7230200.jpg
蝶 ミドリヒョウモン?

P7230220.jpg
アオサギ(オス) 

P7230216.jpg
アヒル(家鴨)



end
[ 2014/07/24 08:09 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)

水ノ木沢

日程  :2014年7月17日
場所  :(丹沢)世附川・大股沢・水ノ木沢
メンバー:(L)ikukoさん、みかんさん、ucon
天気  :曇り
総歩行距離:13.5km
総登高距離:1115m
コース&タイム:
三ヶ瀬林道ゲート(車デポ)6:10→6:54稜線→7:30菰釣山頂7:33→8:17大栂→9:17水ノ木沢林道終点(入渓)→14:35稜線→14:57菰釣山頂→15:57三ヶ瀬林道ゲート(車)
水ノ木沢
今回は道志側から三ヶ瀬林道をゲートまで入り甲相国境稜線を越えて入渓した。

記録 

ikukoさんの企画に参加させてもらった。

P7170093.jpg
菰釣山頂からの富士山。 雪も殆ど消えてすっかり夏山の姿になっていた。

P7170095.jpg
菰釣山頂でご機嫌のリーダーikukoさん。

P7170098.jpg
怪しい者ではありません。入渓準備をしているikukoさんです。この時期はブヨが多いので防虫ネットを被っての作業です。
ここで防虫ネットの経験から得た薀蓄:
防虫ネットは登山道具店、農村部のホームセンター、釣道具店で売っています。夫々に工夫があるが価格的に見るとホームセンターが一番安くて1000円以下で後は3000円くらいです。
なるべく使っている糸が細くて色は黒が良いです。糸が太いと中が蒸れて暑いし、見難くなります。また色が黒いのは光を反射しないので見やすいです。暑いと鬱陶しいし、足元が見辛いと危険です。

P7170099.jpg
滑床が出始めました。丹沢ではこんな滑床でも貴重なのです。

P7170101.jpg
この滝は?? エート・・・思い出せない。

P7170103.jpg
滑床も次第にそれらしくなって来ました。ご機嫌の二人です。
ちなみに沢の中には不思議に虫がいません。

P7170104.jpg
P7170107.jpg
滝もありました。

P7170109.jpg
なにか(よからぬことを)相談している二人。

P7170110.jpg
5mくらいです。確か巻いたような?  いや正面を登りました。

P7170113.jpg
上と同じ滝です。

P7170115.jpg
P7170116.jpg
綺麗な滑床が続きます。

P7170123.jpg

P7170125.jpg
これは左から小さく巻きました。

P7170128.jpg

P7170131.jpg
階段状ですが出口がちょっと怖かったです。

P7170143.jpg

P7170145.jpg

P7170148.jpg
DSC07470.jpg


P7170147.jpg
ツルシロガネソウ(蔓白銀草)。  家紋にしたくなるような花でした。

P7170153.jpg

P7170162.jpg
P7170171.jpg
P7170172.jpg
水が涸れてからの滝。これは右から巻きました。

この沢は何度か来ているがこんなに滑があって綺麗だったのかと今回初めて見直しました。
でも源流近くにもう少し荒々しい滝があったような気もするけど・・・・今回は無かった?

水ノ木沢は西丹沢最奥でアプローチが長く苦労します。普通3つのルートが使われています。
①浅瀬から長い林道を来るルートは帰りも同じ林道を帰るので長い。かなりウンザリします。
②山伏峠から沖ビリ沢を下降して入ると沢を2本楽しめるが稜線に出てから山伏峠までの帰りが長い縦走になります。
③道志側の三ヶ瀬林道から入ると入渓まで一山越えて約3時間かかるが帰りが1時間と早い。
それぞれメリット・デメリットがあるがまあ?③かな?

P7210001.jpg
鹿の角をGET。

同行者の記録
   ikukoさん   みかんさん

end
[ 2014/07/21 07:21 ] 沢登り | TB(0) | CM(3)

逆さエベレスト

DSCF4252.jpg
モルゲンロートのエベレスト(左)とローツエ(右)

DSCF4262.jpg
中央にまだ明けやらぬアマ・ダブルムが見え、左に朝焼けのエベレストとローツエがある大パノラマです。

DSCF4269.jpg


2012年5月にヒマラヤトレッキングした時のガイドが他の日本のお客さんの招きで来日し、久々に会った。
そのときに”お土産に”と珍しい白茶などのほかに上の3枚の写真をいただきました。
私も実際にエベレストを見ているし、写真でもよく見かけるので一見は馴染みの風景だがモルゲンロートに染まっていたり
湖に写った逆さのエベレストは初めてです。
多分この両方ともあまり見られない(特に逆さエベレストは)ものなのでアップしました。

撮影者  ;ネ^パールのトレッキングガイドのMr,Phur Dotje Lamaさん。日本語はペラペラです。
撮影日  :2013年11月
撮影場所::Kongde Lake 4500m.
この湖は世界最高所にあるホテル(コンデ・ホテル)から更に300m登った所にある氷河湖です。
コンデ・ホテルからはエベレスト、ローツエ、マカルー、チョ・オユーの4つの8000嶺が望めます。
・・・と次第にコマーシャルっぽくなってしまいますがこのホテルを建てたのは私がネパールを訪れる時には必ずお世話になっている小さな(失礼!)旅行会社H・S・A(ヒマラヤン・シェルパ・アドベンチャー)です。社長の奥さんがホテルの支配人をやっています。
とても良い人たちで訪れると家族全員でレストランに食事に連れて行ってくれたり、自宅に招いてくれダルバート(ネパールの家庭料理)で歓待してくれるのです。いま、中学生のお嬢さんが可愛い。だからチョッ宣伝したくなります。
コピー ~ P1100078
2012年5月     カトマンドウーのピザレストランにて社長のお嬢さんと。

社長のプルバさんも社員のガイドさんたちも日本語が出来るし、料金も驚くほどリーズナブルなのでヒマラヤ登山やトレッキング、インドやチベットへの観光も引き受けてくれるので候補の中に入れてみてください。
日本事務所
">H・S・Aの日本事務所がありますので以下をクリックしてみてください。
       
end
[ 2014/07/18 13:03 ] その他 | TB(0) | CM(0)

尾瀬ヶ原

日程  :2014年7月11~13日
場所  :尾瀬ケ原
メンバー:単独
天気  :晴れ
歩行距離:1日目 14.5km、2日目 3km 合計17.55km 
コース&タイム
<11日>自宅⇒戸倉  約3時間半    
<12日>戸倉⇒(バス約30分)⇒鳩待峠7:30→8:20山ノ鼻9:05→10:58竜宮小屋→11:44ヨッピ橋→13:20山ノ鼻 テント泊
<13日>山ノ鼻8:00→9:00鳩待峠⇒(バス)⇒戸倉
尾瀬ヶ原軌跡

記録
<11日>
14年6月28日に開通した圏央道(愛川~高尾)で快適に短時間で戸倉に到着。
戸倉から鳩待峠までシャトル(路線バスや10人乗りのジャンボタクシー)が第一Pと第二Pから出ている。
料金は片道930円でバスもジャンボタクシーも同じです。
朝は5時前からあり、タクシーなら人数が揃い次第出発しているので便利。
これらを確認してからかたしな高原スキー場のPに移動して暇をつぶし、車内泊した。

<12日>
昨日の偵察ではパーキングに車が殆ど居なかったがかたしなスキー場から着てみると250台入るパーキングの8割が埋まっていた。
ヤッパリ土曜日は凄い!
ジャンボタクシーに乗り合わせて鳩待峠へ。
峠からは約200mの標高差を下る。ゆっくり歩いて50分と意外と早く山ノ鼻に到着した。
鳩待峠から山ノ鼻までは普通の登山道です。ただズーっと2本の木道が敷かれているのでとても歩き易いです。
でもね!濡れているととても滑りやすいので注意注意。私は何とか持ちこたえて歩いたけどアチコチでキャー!ドスン!という声と音が響いていました。

山ノ鼻に着いて早速テントの手続き(一人800円)をしてBCを設営する。
P7120059.jpg
設営したテント。今回は一人なのでモンベルのステラリッジ1型(1、2人用)を持ってきた。
このテントは人気があって、今回このテン場にあるテントの半分はステラリッジだった。
利点は軽いのだがその分天井が低くて身長165cmの私は真ん中に座るのがやっと。少し厚いエアーマットだと頭がつかえてしまう。大きな人は厳しいかも。
そして2ウォールなので設営に手間が掛かります。
でも軽いのは最高、登山装備は軽いのが一番大事な要素ですからね。

テントを張って早速尾瀬ヶ原に繰り出しました。
P7120023.jpg
スッカリ夏! おなじみの風景が一気に広がりました。

P7120028.jpg
早速ワタスゲ(綿菅)の群落のお出ましです。
P7120054.jpg
P7120060.jpg
綿畑のようです。(本物の綿畑は見たことないけど)
P7120076.jpg
今にも種が風に乗って飛び立とうとしています。

P7120171.jpg
どこまでも続くワタスゲの道。

P7120032.jpg
ワタスゲに混じってアオムラサキの花が。
P7120044.jpg
P1180664.jpg
アヤメです。
ビジターセンターに寄ったら”カキツバタ(アヤメ科)”と書いてありました。
P7120065.jpg
P7120087.jpg
P7120097.jpg
P7120099.jpg
前に燧ケ岳。
P7120107.jpg
振り返ると至仏
P7120108.jpg
右手(南)にはアヤメ平の山々が望めます。

左(北)には景鶴山が見えていたけど写真を撮りそこなった。

P7120129.jpg
ヨッピ川
P7120130.jpg
ヨッピ吊り橋

P7120146.jpg
今度は黄色の花が果てしなく
P7120143.jpg
ニッコウキスゲ
P7130172.jpg

以上が今の尾瀬ヶ原を彩る3つの花?(ワタスゲ、アヤメ、ニッコウキスゲ)です。 
その他にもひっそりと目立たない花々がありました。
P7120050.jpg
P7120112.jpg
トキソウ(朱鷺草)

P7120057.jpg
P71a20057.jpg
サワラン(沢蘭)

P7120095.jpg
アザミ

P7120121.jpg
タテヤマリンドウ(立山竜胆)

P7120133.jpg


P7120136.jpg
P7120155.jpg
ヒツジグサ

P7120162.jpg


P7130193.jpg
ヤマオダマキ

P7120031.jpg


P7120085.jpg
ドウタン

その他の風景
P7130180.jpg
山の鼻から至仏に向う登山者

P7120161.jpg
アジアイトトンボ
ハッチョウトンボにも会いたかったけど縁がなかったようです。

P7120089.jpg
写っていると思ったら??? イモリがたくさんいました。
水の中のドロの上を歩く両生類を見つけた若者が「イモリだ!」と言ったらそれを見ていたオジサンが「サンショウウオだよ」と主張する。そこで私の出番「お腹が赤ければイモリです」・・・そこで皆で協議の上捕まえてお腹を見ることにした。が、反対意見が出た「国立公園だから手を出してはいけないのでは」。ごもっともです。そこでまた他の人から提案が「これは学術的な調査なので許されるのでは?」とワイワイガヤガヤ。
結局お腹を見ることに衆知一決しました。
若者が手でそっとすくい上げて裏返す。皆固唾を呑んで見つめると「赤です。従ってこれはイモリと決まりました」と。
全員で納得して大勢の俄か生物学者と1匹の両生類は解散したのです。
・・・・でもこの論争って噛み合っているのかな???結論は的を得ているのかな?? 「イモリもサンショウウオの仲間では??」、冬はどうやって越すのか?」と外野から聞こえました。


end
[ 2014/07/14 11:31 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)

箱根湿生花園

野暮用がさみだれ的に次々と発生し、天気も悪いような良いような・・・でなかなか山に出掛けられない。
勇気を出して野暮用を整理したり天気にめげなければ何とかなるレベルだけど、やっぱり気弱な私は「周囲から期待されている?」という淡い希望的観測に縋ってしまうのです。悶々もんもんモンモンMONMONです。
そこでチョコッと箱根の千石原(標高650m)にある湿生花園でお茶を濁すことにしました。(湿生花園ファンの方々ゴメンナサイ)

日程  :2014年7月5日
メンバー:ucon、他1
記録
記録と言っても花の写真だけです。
カメラはオリンパスTG-820です。今までは5年間パナソニックのFT-1を使っていたけど沢登りではレンズ前に水滴がついてしまい悩んでいたところ友人がこれを使っていたので思わず衝動買いです。
これはレンズ前に金属板のシャッターがあるのでレンズに水滴がつくことはかなり押さえられそうですが、今回は試した結果画質がイマイチ(自分の腕を棚にあげて)です。
なにはともあれ写真を見てください。
P1180607.jpg
P7050003.jpg
おなじ花でしょうか?花びらの枚数が違うけど。個性もあるし。
P7050006.jpg
ヤマアジサイ

P1180609.jpg
白いコマクサ  普通のもあったけど撮影に失敗(ピンボケ)しました。でもなぜコマクサが湿生花園に??

P1180612.jpg
湿生花園だからこんな水辺のあります。

P1180613.jpg
しろいスイレン

P1180615.jpg

P1180618.jpg

P1180623.jpg

P1180625.jpg
シモツケソウ

P1180628.jpg
オオトラノオ

P1180630.jpg
P1180636.jpg
ミソハギ
子供の頃田んぼの畦にこれが植えてあって、お盆に飾りとして使われていました。

P1180633.jpg
水辺

P1180638.jpg

P1180639.jpg
P1180647.jpg
P1180653.jpg
P7050019.jpg
P7050026.jpg
P7050028.jpg
今回はアヤメが見たかったのです。本当は三つ峠に行きたかったけど諸般の事情で仙石原になりました。

P7050008.jpg
これもアヤメかな? ショウブ・・カキツバタ?

P7050014.jpg
これは?

P7050032.jpg
コウホネ   自宅の周りの手入れの悪い田んぼにもあります。けど・・こんな花だっけ?

以下の2つは自宅に帰ってから散歩の途中で撮りました。
(カメラはオリンパスXZ-2)画質はやっぱりちょっと違うかな?
P7050007.jpg

P7050012.jpg

end
[ 2014/07/06 08:53 ] その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。