FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2016年02月

金ケ窪大滝と清八

日程  :2016年2月26日
場所  :三つ峠周辺
参加者:popoさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
①金ケ窪   登山口駐車場10:05→10:36堰堤→10:49大滝→11:27登山口駐車場
②清八方面 登山口駐車場11:45→(林道)→12:50峠→13:41大幡山→14:20P1510→(尾根を下降)→15:06登山口駐車場
160226 金ケ窪清八軌跡
金ケ窪から一旦駐車場に戻って予備計画の地図読み(GPS利用)練習に出かけた。

記録
 ①金ケ窪大滝
P2260221.jpg
途中にある堰堤。氷は殆どなくなっていた。

P2260223a.jpg
金ケ窪大滝 左の壁にわずかに残っていたが真ん中は融けて普通の滝になっていた。
滝下のテラスの氷もなくなっていて水が流れたいた、

これでは面白くないし、危険でもあるのでアイスは諦めて駐車場に戻った。

 ②地図読みハイキング
一旦駐車場に戻ってからアイズ登攀の装備を車に置いて、こんなこともあろうかと予め予定していた三つ峠北尾根周辺の地図読みを兼ねたハイキングに出掛ける。

P1190212.jpg
雪があったらワカンと子供用スノーシュー(シフト)の使いごこちを試そうとpopoさんはワカン(私はシフト)を背負っている。

P1190215.jpg
雪はこんなものでワカンやシューは使わずアイゼンで歩きましたがダンゴになって歩きにくい。

P1190218.jpg
P1510mから駐車場に向かって南西に伸びる尾根を地図読みで下降する途中にあった隠れピーク。
当初なだらかな尾根だろ思ってルートに選んだがさにあらず!チョコチョコと隠れピークが4個もあった。
popoさんは「流石三つ峠!」と感心していたが・・・意味不明。

P2260226.jpg
チュコチョコっと2つ並んだ隠れP。

P1190221.jpg
4つ目の隠れP。

結果論だがこの尾根は山の地形を説明するのにもって来いだった。  つまり・・・蘊蓄を並べると・・・
①主に地形は水の浸食によって出来る。
②柔らかいところが浸食されて谷になり、硬いところが残って尾根になります。
③なかでも一番硬いところが一番残って尾根の頭(ピーク)のなります。
だから逆に言うと尾根はピークから出ているのです。
④周りより高さが10m以下だと地形図の等高線(10m間隔の)で表せないことがあります。これを隠れピークと言っています。
⑤等高線が丸く膨らんでいる(太っている)ところには隠れピークがあることが考えられます。
などと言いながら予定通りの場所に降り立つことが出来ました。

P1190211.jpg
駐車場。 トイレはまだ工事が終わってなくて使えません。

end
[ 2016/02/27 09:54 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

獅子ケ鼻

日程  :2016年2月24日
場所  :上州武尊 玉原シキー場
参加者:みかんさん、ikukoさん、ucon
天気  :雪後晴れ
コース&タイム
玉原到着 雪が降っているので車の中で午前中待機
リフトトップ11:56→12:26鹿俣山→13:33中間ピーク(標高1710m)→14:10鹿俣山15:00→(ゲレンデの脇&林間を下る)
→16:12駐車場
獅子ヶ鼻軌跡 - コピー

記録
昼近くになって薄日も差し、雪も小降りになって来たので行けるところまで行くことにしました。

mDSC09805.jpg
沢山の車がある様に見えるが駐車場は広くてまだまだ1/3も埋まっていない。

mDSC09809.jpg
第一リフトに向かいます。

DSC02103.jpg
リフトは楽ちんです。

mDSC09818.jpg
第二リフトに乗り換え。 このリフトは速い! 降りるのが心配になりました。 でも係りの人がスピーヅを落としてくれたので
何とか無事にリフトトッぷに降り立ちました。

mDSC09820.jpg
先ずは鹿俣山に向かいます。
雪は固まった根雪の上に新雪が10cmくらいあって沈むことなく快適です。でもツボ足だったらどうなるか?

mDSC09824.jpg

mDSC09832.jpg

mDSC09844.jpg
30分弱で鹿俣山に着きました。
心なしか昨年より雪は少ないように感じます。

mDSC09847.jpg
入れ替わって「ハイ!パチリ}

mDSC09850.jpg
獅子ケ鼻に向かって。

DSC02139.jpg
みかんさんは楽しそう。

mDSC09856.jpg

mDSC09861.jpg

mDSC09879.jpg
この右は雪庇かも知れないので樹木の生え際か樹林の中を歩きます。

DSC02174.jpg

mDSC09899.jpg

mDSC09904.jpg
中間ピークに到着。  時間の関係で今回はここまで。

mDSC09907.jpg
それでは交代で記念写真を撮りましょう。

mDSC09909.jpg

mDSC09967.jpg
鹿俣山まで戻ってお楽しみのお汁粉パーティーの始まりです。

mDSC09970.jpg
出来ました。美味しかったな~

mDSC09980.jpg
リフトトッぷまで戻ってきました。

mDSC09986.jpg
ここからは時間もないのでゲレンデの脇を歩いて下ることにしました。

mDSC09989.jpg
時々少しブナ林に入ります。でもスキー場の音楽がうるさいので気分は半減・・・と身勝手なことを言いながら下ります。

mDSC09991.jpg
ゲレンデに出たり

mDSC09994.jpg
林に戻ったり

DSC02205.jpg
またゲレンデ。

mDSC100000.jpg
降雪機の脇を通ったり

mDSC100004.jpg
また林にもどったり・・・・ちょっとしつこいです。

と言う訳で快適なスノーシューハイキングを楽しみました。
来年は晴れようが暴風雪だろうが獅子が岳に行くぞ!と皆で誓い合いました。

end
[ 2016/02/25 09:18 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

雪上訓練

日程  :2016年2月19,20日
場所  :谷川岳天神平  白毛門山
参加者 :popoさん、ucon
天気  :19日 快晴
      20日 曇り後雨
記録
今回は雪山登山を何回も経験している参加者1名のため、少し高度な技術を伝えることにした。
 19日 天神平

天神平軌跡 天神平にロープウェーで上がり、スキーゲレンデ脇で雪上訓練を行った
 内容  滑落停止
        転倒してしまったら間髪をおかずにこの姿勢に入る。
        諦めず停止するまで続ける。
      耐風姿勢
        足を開き、斜面の情報に両手でピッケルを刺して、脚とピッケルがあたかも三脚のようになって風に耐える。
      雪上での確保
      ・スタンディングアックスビレイ
        雪面に刺したピッケルを支点にし、その上に立って肩がらみで確保。
      ・キノコ
        雪面に出来るだけ大きくキノコ形の溝を掘って懸垂の支点などにする。
      ・衣類や袋(テント、アイゼン、マットなどの袋)
        袋に雪を詰めてシュリンゲで縛り、雪の中に埋めて支点になる。(懸垂支点にした場合は残置)
      ・ピッケル確保
        ピッケルを雪面にヘッドまで刺して支点にする。
        横に雪に埋め、中間にシュリンゲを付けて支点にする。
        回収可能支点  ピッケル2本(orピッケル+バイル)を使って懸垂支点にし、下りてから下でロープを回収するとき
         ピッケルなども一緒に回収する方法。
      コンテ時の滑落確保
        滑落した人はとにかく滑落停止姿勢を続ける。
        パートナーはロープのループにピッケルをいれ、雪に思い切り突き刺し、抑える。
        滑落した場合、繋いだロープが木や岩など引っ掛かるように気を配ってルート取りや間隔を持つ。
      雪崩関係
      ・弱層テスト ・・・・経験済のため省略
      ・危険な地形の見分け方 
       木がない雪面、谷側の斜面、新雪がある斜面。
       ※とにかく斜面にある積雪は雪崩れると思うこと。
      ・ルート選択
       斜面は横切らないで出来るだけ尾根の木のある場所を優先して上下に真っ直ぐトレースする。

マンツーマンで進行も早く終わったのでロープウェー駅から稜線まで雪上散歩を楽しんで講習を修了した。
もちろん下山もロープウェーです。
P2190193 - コピー
マナイタグラを背に記念写真。

P1190196.jpg
トマの耳(左)、オキの耳(右)を背に。

20日 白毛門山

今日は昼頃から暴風雪・暴風雨の予報なので白毛門尾根を途中まで往復することにした。
コース&タイム
登山口7:00→8:58標高1100m(撤退)9:10→10:45登山口
白毛門軌跡

登りは雪がしまっていたのでアイゼン。 標高1100mで南の空が暗くなってきたので下山開始。
土合駅に置いた車に戻ったころからポツポツと降り始た。

P1190210.jpg
標高1100m付近で。

P2200210.jpg
雪のハナゲの滝。確かに鼻のようにも見えます。      、

end

     
       
[ 2016/02/21 16:21 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

根子岳

日程  :2016年2月17日
場所  :菅平根子岳
メンバー:みかんさん、popoさん、ucon
歩行距離:6.8km
登高距離:620m
コース&タイム菅平牧場管理棟8:17→9:55標高1992m→10:50根子岳山頂11:09→11:13大岩(ここで撤退)11:23→11:32山頂→13:52牧場管理棟
根子岳軌跡
軌跡がところどころ2本あるが右側が登りで左が下り。
登りは時々登山道を見失ったがスノーシュ^-を履いていたこともあり支障は無かった。
下りはうっすらと残る登山道を拾うことが出来た。

記録
先月荒天のため中止した根子・四阿山にきました。
が、ここは日本海側と太平洋側の境目で天気が安定しない。さっきまで晴れていたのに山に近づくに従って怪しくなってきた。

mDSC09693.jpg
菅平牧場管理棟近くの駐車場。
ここまで来る途中から牧場の私有地に入っているので通常なら通行料?を払うらしいがウェークデーで誰もいないので只かな?

mDSC09694.jpg
駐車場までの道路。雪がなく乾いている。

mDSC09695.jpg
牧場(今は雪原)と林の間を登ってゆきます。

mDSC09697.jpg

mDSC09698.jpg
雪はクラストしていてスノーシューを履くほどでもないけど・・・・一応、今回はスノーシューハイクだからね。

mDSC09700.jpg

mDSC09709.jpg

mDSC09714.jpg

mDSC09717.jpg
薄日が指すような指さないような。 次第にどんよりとしてきました。

mDSC09719.jpg
笹が顔を出しているシラカバ林。

P2170153.jpg

mDSC09727.jpg

mDSC09726.jpg
山頂まであと800m。近いな!

mDSC09727.jpg
よい雰囲気のダケカンバ林。

mDSC09731.jpg

mDSC09733.jpg
樹林が低くなってくると次第に荒れ模様の天気になってきました。

mDSC09735.jpg

mDSC09740.jpg

mDSC09742.jpg

mDSC09749.jpg

mDSC09750.jpg
山頂はすぐらしい。  「花の百名山」か? そのころカメラをぶら提げて来たいな!

mDSC09753.jpg
山頂に着きました。

P2170157.jpg

mDSC09758.jpg
なにはともあれ記念写真を
P2170159.jpg

mDSC09764.jpg
休みもそこそこに四阿山に向けて出発。

mDSC09765.jpg
右側はちょっと危ない、慎重に。

mDSC09768.jpg

mDSC09770.jpg
枝の下を潜って。

mDSC09772.jpg
大岩にでました。

P2170161.jpg
右側から?

P2170162.jpg
ちょっと無理。

mDSC09775.jpg
左はここを降りて巻くのだけれどスノーシューでは無理。アイゼンに履き替えて補助ロープをだせばいいのだけどなんだか面倒。

P2170163.jpg
リーダーとSLは相談中。

mDSC09776.jpg
や~めた!とばかり撤退を決めました。

mDSC09778.jpg
逃げ足は速い。

mDSC09780.jpg
さっき来たばかりのトレースも消えている。

mDSC09781.jpg
ダケカンバの疎林の中も慎重に方向を見極めて。

mDSC09781.jpg
一息つける雰囲気になってきました。

mDSC09785.jpg
私はお疲れです。

mDSC09791.jpg
牧場の見晴台に戻って来ました。あと少しです。

mDSC09794.jpg
雪の中にポツンと車が見えます。

mDSC09796.jpg
朝、登って来た道にも雪が積もっています。

mDSC09797.jpg
積雪は今のところ15cmか? もっと積もらないうちにトットと帰りましょう。


end
[ 2016/02/18 11:28 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

大室山

日程  :2016年2月11日
場所  :丹沢 大室山 茅ノ木尾根
メンバー:単独
天気  :改正
ルート&タイム
駐車場6:00→久保吊り橋→8:40標高1130m(スノーシューを着ける)8:48→10:56山頂11:21→13:42久保吊り橋
160211 大室山軌跡
旗印(約標高1130m)でチェーンアイゼンからスノーシューに替えた。

記録
ここ数年、毎年一度は訪れる雪の大室山。
どういう訳か今年は仲間からその話が出てこない。
と言うのも日帰りで行けて雪が多くて景色のよいところに慣れてきたからだろうと思う。
だけどやっぱり大室山の茅ノ木尾根は私のスノーシュー登山の原点でもあるのだ。
標高の8割は植林に囲まれた尾根だし、平均すると標高1000m以上でないとスノーシューを履きたくなる雪はない。
茅ノ木尾根は標高差1100m、なんの変哲もない尾根なのだ。
でもその尾根をエッサエッサと登って1400m近くになると突然現れるブナが疎らに生える広大な雪面、ここまで来ると疲れを忘れる。それを求めて今回は一人でやってきました。

読んで下さる皆さんには申訳ないですが途中までは毎回同じようなので近い雰囲気の前の記録を見ていただきたくお願いします。
  クリック→
">去年の記録

P1190155.jpg
登山口から雪はあったけど、今回は6時出発と早いのもあって道はカリカリと凍っているので標高1100mまではチェーンアイゼンで来てこの辺りからよい雰囲気の雪が出た来た。 
 
P1190158.jpg
左側のスノーシューの跡は昨日登った友達のみかんさんの足跡だ。
実は昨日みかんさんに「明日大室山に行くよ」とメールしたら返事がない。多分どこか歩いているのだろうと思っていたら夕方返信が来て「実は大室山から降りてきた。1200mでタイムアップとなり撤退した」と言うことだったのです。

P1190161.jpg
ここはどうやらみかんさんが引き返した場所のようだ。標高は1210mであった。

P1190163.jpg
ここからはツボ足のトレースが続いている。
雪はおそらく30cmくらいだろうが先月18日に降って、表面がクラストし、その上に新雪が5cmくらい乗っている。
トレースからみると、先行者(昨日辺りか?)はズボズボとクラストを踏み抜いてさぞかし苦労されたことだろう・・・などと理解が
ある様にふるまいながら、スノーシューにとってはツボ足のトレースは歩きにくい。「邪魔だな~」などと身勝手な独り言をつぶやきながら歩きました。

P1190164.jpg
1360mを超えると急に緩やかで広大な雪面にでる。ブナが適当にあって気持ちよい。ここからが先行者のトレースを離れ、新雪を踏んで歩いた。

P1190166.jpg

P1190172.jpg

P1190174.jpg

P1190175.jpg
やっと山頂が見えてきた。あと一登り。

P1190178.jpg
山頂です。

今回は山頂まで約5時間かかった。
4年前、やはり一人で登ったときは4時間15分。
   クリック→ 4年前

そう言えば4年前も同じ服装で登っている。
物持ちが良いと行くか?進歩がないと言うか?

end
[ 2016/02/12 14:40 ] 積雪期 | TB(0) | CM(2)

金ケ窪大滝

日程  :2016年2月4日
場所  :三つ峠山
メンバー:みかんさん、かとりんさん、ucon
天気  :

記録
2週続けて金ケ窪に来ました。

DSC09544.jpg
今日は登山口の広場まで除雪されていて入ることが出来ました。

DSC09553.jpg
大滝はこころなしか先週より氷が発達しているように見えます。

DSC09575.jpg
今日の得物。  
左からグリベルのモンスター、ペツル・シャルレー、グリベルのモンスター、ミゾーの綺羅星、カジタックス・マークⅡ
三人で勝手に選んで使います。でも最終的にはそれぞれお気に入りができたようで、私はモンスターかな?

ktn-DSC02175.jpg
さて!トップロープを張らなくっちゃ!  嫌々出かけるuconです。だって身体が重いんだもん💙

P1190126.jpg
青氷に挑むみかんさん。

P1190114a.jpg

P1190102.jpg
初体験のかとりんさん。最初は何度も ズルッ!

DSC09558.jpg
スクリューの打ち込み練習。

P1190127.jpg
「落ち口まで登る」とかとりんさん。

P1190132.jpg
途中で止まった! 望遠で覗くとなにやらゴソゴソ

P1190133.jpg
スクリューを打ち込んでいました。

ktn-DSC02196.jpg
みかんさんも落ち口に向かいます。

ktn-DSC02203.jpg
私もかとりんさんがリードして設置してくれたフィックスを頼りに落ち口まで。

DSC09590.jpg
やっとたどり着きました。
ちなみに高さを高度計で計ったら35mでした。

これを懸垂で降りて大滝は終了です。

ktn-DSC02220.jpg
帰りに堰堤に張った氷を登りました。

ktn-DSC02222.jpg

ktn-DSC02246.jpg

ktn-DSC02233.jpg
お腹が使えて苦戦中。

DSC09602.jpg
初体験のかとりんさんは快適に登ります。

P1190151.jpg
今日のお遊びはこれで終わりです。
楽しかったね。

end
[ 2016/02/03 19:29 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

三国山稜

日程  :2016年2月1日
場所  :山中湖近郊
メンバー:みかんさん、ikukoさん、ucon
天気  :小雪
コース&タイム
三国峠8:23→9:00三国山→11:03大洞山11:29→13:25三国山→13:45三国峠
三国山稜軌跡
三国峠から大洞山往復

記録
毎年楽しみにしている山中湖近くの三国峠から篭坂峠までのスノーシューハイクにやって来た。

DSC01350.jpg
今日は曇りの予報だったが現地についてみると小雪が舞っていた。
それでも元気に出発です。(私は気が進まなかったけど)

DSC01354.jpg
峠から三国山までは標高差200m弱の登りです。

mDSC09455.jpg
エッサエッサと登ります。

mDSC09459.jpg
ikukoさんは楽しそう。

mDSC09466.jpg
三国山山頂に着きました。

mDSC09468.jpg

DSC01355.jpg
なんだかクリスマスのイルミネーションの中のよう。

mDSC09488.jpg
木には10~15cmくらいのツララがびっしり。

DSC01365.jpg
仲良く写真を撮りながら・・・・・これも世間の○○です。

DSC01366.jpg
特に説明はありません。

DSC01367.jpg
おとぎ話のような世界。

DSC01389.jpg

DSC01395.jpg

DSC01396.jpg
雨氷の重さで枝が垂れ下がり歩きにくいです。

mDSC09507.jpg

mDSC09537.jpg
ところどころ身をかかめて

mDSC09448.jpg
枝は氷のオブジェ

DSC01408.jpg

DSC01397.jpg

DSC01401.jpg
大洞山頂に着きました。

mDSC09511.jpg
交代しながら記念写真①

mDSC09512.jpg
記念写真②   交代って言っても相手代わって主変わらずですが。

DSC01406.jpg
相変わらず小雪は降っているので  さっさと帰りましょう。

DSC01407.jpg
ヒメシャラの赤い木肌が綺麗です。

DSC01419.jpg
三国峠に戻ってきました。
薄っすらと雪が積もっていました。

今日は思いもかけない雨氷と小雪で幽玄の世界を堪能しました。
篭坂峠まで縦走したかったな~

end
[ 2016/02/03 19:26 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。