FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2016年04月

アヤメ平

日程  :2016年4月25日
場所  :尾瀬
メンバー:popoさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
鳩待峠5:45→7:36横田代→8:28P1968m→8:40アヤメ平→9:11富士見田代→11:17竜宮小屋十字路11:34
→12:06ヨッピ川方面分岐→12:44山ノ鼻小屋12:54→14:00鳩待峠
アタメ平 - コピー

記録

P4255156.jpg
鳩待峠から100m歩いたところでスノーシュー(MSRシフト)をつける。
シフト:MSRの子供用スノーシューです。少し小ぶりでヒールリフトもないけど550g/片足と軽い。
最近軟弱になって楽できそうな装備意地を捨てて使うようになっているので、比較的緩やかで雪があればアイゼン代わりに
シフトを使うようにしています。
雪面が平ならアイゼンと同じグリップがあり、雪が柔らかくても”ズポ!”がないので楽です。またアイゼンは雪が柔らかいと
横に流れるので踏ん張る必要があるがシフトは普通に歩くだけ! 
3月になって雪が締まってきたらとても便利なので使って見てください。価格は14,000円前後です。

P4255159.jpg
樹林帯は1m弱の雪がありました。
popoさんが背負っている黄色いのはヒップそり。通常はスキー場などで滑って遊ぶものですが、雪山山行ではシャベル代わりに
持参しています。イザ!と言うときはこれで浅い穴を掘ってツエルトを被ってビバーク・・・・でもまだそのような使い方をしたこと
はなく下りの緩やかな斜面で滑って遊ぶだけ。 1000円以下で買えます。

P4255161.jpg

P4255162.jpg
木が低くなって視界が開けてきました。

P4255163.jpg

P4255166.jpg
ところどころに数日前らしいウッスラとしたトレースがありました。

P4255174.jpg
雪はかなり消えています。
振り返ると昨日登った至仏山がドッシリとありました。

P4255175.jpg
平ケ岳や景鶴山方向。 見えないけど手前に尾瀬ヶ原があります。

P4255176.jpg

P4255182.jpg
低い木々の向こうに燧が見えてきました。

P4255185.jpg
この辺りがアヤメ平か?

P4255186.jpg
もっと雪のある時に来たかったな~
でも林道が開くのがGW直前だから仕方ない。   天候次第か?

P4255192.jpg
この辺りはほとんど雪がありません。そして人気もありません。

P4255198.jpg
富士見峠から少し下ると尾瀬ヶ原が見えてきました。 

P4255203.jpg
この橋を渡ると雪は全く無くなったのでシフトを脱ぎました。

P4255205.jpg
これがGWの尾瀬? 

P4255208.jpg

P4255210.jpg
雪は無いけど花(ミズバショウ)があります。 1回で雪原歩きとミズバショウが見られたのでちょっとお得?かな?

P4255212.jpg


P4255213.jpg
至仏

P4255214.jpg
景鶴

P4255217.jpg
鳩待峠の新駐車場に戻ってきました。


end
[ 2016/04/30 07:28 ] 積雪期 | TB(0) | CM(1)

至仏山

日程  :2016年4月24日
場所  :尾瀬
メンバー:popoさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
鳩待峠6:09→8:22オヤマ沢田代→8:48小至仏(巻道)→9:31至仏山9:36→11:29山ノ鼻小屋12:16→13:35鳩待峠
至仏山軌跡 - コピー

記録
鳩待峠にはほとんど雪がなかった。

P4255154.jpg
鳩待峠の100m手前右側に新しい駐車場(約50台分か?)が今年(2016年4月オ^ープン)出来ていた。

P4255216.jpg

料金は2500円/1日・台、連続駐車の場合が1日1000円追加される。

P4245122.jpg
鳩待峠から小至仏方向に少し登ったところから雪が出始めた。見える山は至仏山。

P4245123.jpg
反対側には燧岳が見える。

P4245125.jpg

P4245129.jpg

P4245130.jpg
至仏山が次第に近くなってきた。

P4245132.jpg
後ろは小至仏山。アレ!いつの間に赤い上着になったの?

P4245134.jpg
今日は休日なので登山者は多く、トレースはしっかり固まっていた。

至仏山山頂から周りの山山
P4245138.jpg
尾瀬ヶ原と燧

P4245139.jpg
えーと?・・・平ケ岳です。

P4245142.jpg
さあ、山ノ鼻小屋に向かって降りましょう。

P4245143.jpg
少し下ると・・・アレー 雪が無くなってしまいました。
至仏山は山ノ鼻小屋~山頂ルートは無雪期は登り専用なのです。では今は? 残雪気だけど・・・雪が消えたところは下りに使ってはいけないのかな?・・・などと考えながら歩いていたら下から登ってきた登山者に「ここは登り専用ですよ!」と注意されてしまいました。・・・・「でも~ 引き返すのも大変だし、疲れているし。。。」と思って居たらpopoさんが「今は雪があってもなくても積雪期、それにuconさんはヘロヘロだから緊急避難です」と判断。
たしかに「そのとおり、異議なし」とこのまま続行です。
またまたpopoさん「さっきの登山者とトラブルにならないように彼が見えなくなるまで休みましょ」・・・確かに一石二鳥と休みました。


P4245147.jpg
降り立った尾瀬ヶ原に雪は無く、ミズバショウが咲いていました。

P4245148.jpg
山ノ鼻小屋。今日は豪華にゆっくりとレストランでお茶をのみました。

end
[ 2016/04/30 07:12 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

マスキ嵐沢

日程  :2016年4月19日
場所  :丹沢 中川川 大滝沢 マスキ嵐沢
メンバー:(L)popoさん、ucon
天気  :晴れ
ルート&タイム
取り入れ口P8:13→8:43入渓→10:09大滝→12:17涸れ滝→13/12稜線(コル)→13:32権現山13:48→(南尾根下降)→14:58P
マスキ嵐沢軌跡

記録
去年の7月、POPOさんは人生初の沢登り、靴は渓流釣り用のブカブカのフェルトソールのウェーダーシューズ。
その時は終始目をまん丸していたPOPOさんも約8か月の沢やロープワーク、大和の付き合い方などの訓練で自信が付いた
のか落ち着いたように見えた。
事実全部の滝をリードし、私を確保してくれた。また道のない尾根の下降のスイスイこなしてくれた。
特にPOPOさんが登ったルートで怖気ついてしまったときお助けを出してもらった。(ありがとう、助かりました)

      以下作成中

END
[ 2016/04/21 12:43 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

鷹ノ巣沢

日程  :2016年4月18日
場所  :丹沢 寄 虫沢 鷹ノ巣沢(ダルマ沢右俣)
メンバー:(L)みかん、ikuko、かとりん、mogu、健ちゃん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
橋8:13→8:27二股→8:54橋→9:54橋→11:25上の二股→12:39稜線12:02→(右岸尾根下降)→13:30林道→13:56ショートカット→13:58沢→14:16橋Pタカノス沢軌跡
※ikukoさんの軌跡を借用しました。

記録
今日はやぶ沢クラブの企画に参加しました。

cDSC00004.jpg
虫沢橋の横の空き地(5台くらい駐車可)に車を停めて出発です。
今回は総勢6人の大所帯。

DSC03475.jpg
空き地の脇の斜面についた仕事道から堰堤を巻いて行きます。

DSC03478.jpg
すぐに河原。

DSC03480.jpg

DSC03482.jpg
この堰堤は右から

DSC03484.jpg
すぐに二俣で左がダルマ沢の本流、右がタカノス沢で今回は右に。

DSC03488.jpg
小滝を次々に超えて行きます。

DSC03489.jpg
かとりんさん、ヨイショ!

DSC03493.jpg

DSC03495.jpg
またまたかとりんさん、水が大好きです。
もう一人水大好きがいるけど実は今回の写真はその人(ikukoさん)の写真を借りているので顔をだしません。

DSC03496.jpg
ケンちゃんも水が好きでした。・・・と言うよりも登攀大好きで講釈付きです。

DSC03498.jpg

DSC03501.jpg
ケンちゃんは上の写真の流水脇を登っています。「ここはツッパリで・・・」

DSC03504.jpg
林道の下を潜ります。

DSC03505a.jpg

DSC03508.jpg

DSC03510.jpg

DSC03511.jpg

DSC03513a.jpg

DSC03515.jpg
ケンちゃんとかとりんさん、なにか狙っています。

DSC03516.jpg
皆は左をロープにつかまって。

DSC03521a.jpg
結局ケンちゃんも左から「でもロープにはつかまらないぞ!」
影の声「講釈はいいからトットときてと(怒)」

DSC03522.jpg

DSC03525.jpg

DSC03526.jpg

DSC03527.jpg

DSC03529.jpg

DSC03530.jpg

DSC03531.jpg
休憩です。

DSC03534.jpg

DSC03537.jpg

DSC03543.jpg

DSC03547.jpg

DSC03549.jpg

DSC03553.jpg

DSC03555.jpg

DSC03565.jpg

DSC03567.jpg

DSC03572.jpg
石積み堰堤の登攀

DSC03575.jpg
三俣のようなところで「さて!どっちに行くか?」

DSC03576.jpg
左にしました。

cDSC00116a.jpg
ドロ壁に突き当たってしまいました。

DSC03581.jpg
みかんさんは泥の壁にステップを刻みながら突破します。

cDSC00117a.jpg
ヒノキ林をゾロゾロと巻きます。

cDSC00117a.jpg
なぜかうっとりのikukoさん、こんなどろどろの巻きが好きなんですね~ (撮影はみかんさん)

DSC03586.jpg
ヒノキの植林帯。あそこが稜線で登山道です。

cDSC00128a.jpg
稜線の登山道にでました。

DSC03589.jpg
さっさと下りましょう。

cDSC00139a.jpg
ゾロゾロ

cDSC00145a.jpg
林道に出ました。

cDSC00147a.jpg
さっきはこの下を歩いたんだね。とのぞき込む。

cDSC00154a.jpg
林道は遠周りなのでショートカット中。

cDSC00159a.jpg

cDSC00161a.jpg
今朝通った堰堤脇の仕事道。

cDSC00162a.jpg
お疲れさまでした。

この辺りはヒルの巣窟なので全員それぞれ対策をしたり、対策しない人は覚悟して入渓したけど全員被害はありませんでした。
良かったです。

END

[ 2016/04/18 18:18 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

上長尾沢

日程  :2016年4月10日
場所  :丹沢 世附川、大又沢、法行沢の支流
参加者:(L)ikukoさん、みかんさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
浅瀬P6:57→7:10大又沢分岐→8:06法行沢橋→(行沢大滝見物)→法行沢橋9:22→10:03上長尾沢出合→(遡行)→12:41稜線→(左岸尾根下降)→13:42林道→13:57(法行沢大滝下降)→14:57林道→15:58浅瀬P
上長尾沢軌跡
浅瀬Pから法行沢橋までは林道歩きの為削除した。

記録
今回は今年2回目の沢、ikukoさんの企画に参加した。
計画では上長尾沢の遡行修了後、法行大滝をトップロープで遊ぶ予定だったが結局大滝を懸垂で下降して帰ってきた。

P4104853.jpg
道路脇には多分釣り(ヤマメ?)の人たちの車がズラリ

P4104861.jpg
道端にはミツバツツジが満開。今年は早い。

P4104862.jpg
ヤマブキも。

P4104863.jpg
林道をⅠ時間強歩いて法行橋から沢に降りて大滝を見物に行く。

bDSC00018.jpg

bDSC00019.jpg
瀞がありました。

bDSC00020.jpg
リーダーのikukoさんはここをヘツルと言う。

bDSC00021.jpg
私は右から巻くことを考えている。

bDSC00023.jpg
ロープ工作中のリーダー

DSC03275.jpg
瀞をヘツルみかんさん。

bDSC00024.jpg
次は私、でも怖いから途中から引き返して

bDSC00029.jpg
右から巻きました。

P4104866.jpg
大滝が見えてきました。

P4104870.jpg
確かに大きい! 以前から「法行沢は滝もなくつまらない沢」と勝手に思い込んでいたが反省です。

DSC03282.jpg
大滝見物後林道に戻るとき怖かった瀞は右岸から懸垂で超えました。

P4104872.jpg
上長尾沢の出合いにつきました。なんの変哲もない出合いです。

P4104874.jpg
最初の小さな滝でなにやらikukoさんがはいつくばっている。みかんさんはのぞき込んでいる?


P4104881.jpg
すぐに滝が掛かり始めます。

P4104898.jpg

P4104899.jpg

P4104903.jpg
これは登れそうにない。

P4104904.jpg
さっさと左から巻きます。

P4104907.jpg
次の滝も左から

P4104913.jpg
これは?(どうする)

P4104914.jpg
挑みます。

P4104920.jpg

P4104922.jpg

P4104923.jpg

P4104928.jpg

P4104931.jpg

P4104936.jpg

P4104938.jpg

P4104944.jpg

P4104947.jpg

P4104949.jpg

P4104964.jpg

P4104968.jpg
水も少なくなってそろそろ源流か?

P4104971.jpg

P4104973.jpg
水は消えました。

bDSC00099.jpg
あそこが稜線です。

bDSC00102.jpg
急なザレをヒイヒイハアハア

bDSC00110.jpg
稜線に着きました。「休ませてー!」  ドッカリ。

bDSC00114.jpg
左岸尾根を下ります。

bDSC00117.jpg
林道に降り立ちました。

bDSC00122.jpg
帰りに法行沢の大滝の少し上で法行沢に下ります。

bDSC00123.jpg
水力発電用の取水口がありました。

bDSC00126.jpg
ここを下って

bDSC00129.jpg
大滝の上に出ました。恐々除く二人。

bDSC00131.jpg
高いな~

DSC03366.jpg
懸垂しています。

bDSC00136.jpg
懸垂途中で上を見る(撮影はみかんさん)

bDSC00135.jpg
下を見る。中段のテラスです。(撮影はみかんさん)

DSC03375.jpg
8mm30mロープ2本を繋いでぴったりでした。

bDSC00141.jpg
最後に7,8mを岩にロープを掛けて下ります。

林道に戻って浅瀬Pに戻りました。

P4104980.jpg
丹沢湖畔の満開の枝垂れ桜をみながらしばしお茶して花見です。

end
[ 2016/04/15 07:32 ] 沢登り | TB(0) | CM(2)

最明寺史跡公園

日程  :2016年4月12日
場所  :神奈川県松田町最明寺跡
メンバー:ucon、他2名
天気  :晴れ
記録  :
最明寺軌跡
国道246号線からチェックメイトCCに向かう道に入りどこまでも進んだ突き当りが最明寺史跡公園です。

天気もいいのに家族からピクニックに誘われ応じてしまった。
「あ~ 心神ともに落ちてしまったな~。もうおしまいだ~」

でも綺麗だった。景色がです。
P4124986.jpg

P4124987.jpg

P4124989.jpg

P4124995.jpg

P4124998.jpg

P4124993.jpg

P4125000.jpg

P4125002.jpg

P4125005.jpg

P4125007.jpg

P4125008.jpg

P4125010.jpg

P4125012.jpg

P4125013.jpg

P4125017.jpg

近くで暇な人は行ってみてください。

end
[ 2016/04/14 13:21 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)

西吾妻山

日程  :2016年4月5日
場所  :福島県 西吾妻山
メンバー:ucon
天気  :快晴
ルート&タイム
駐車場⇒(ゴンドラ)⇒上駅8:41→8:02(第3リフト)⇒リフトトップ9:37→11:13東大嶺→11:58避難小屋→12:12西吾妻山12:35
→12:44避難小屋→13:30東大嶺→ゴンドラトップ⇒(ゴンドラ)⇒駐車場
西吾妻軌跡

記録

P4054810.jpg
駐車場には全く雪がない。

P4054811.jpg
スキーセンター ここにも雪は殆どない。春なんだ~

P4054813.jpg
ゴンドラから。 

P4054816.jpg
ゴンドラの上駅からゲレンデを標高差で約100m下ってリフトに乗る。リフトは300m上がるので差し引き200m得?するが時間は1時間遅くなるので・・・どっちを選ぶかは微妙だ。
またリフトは下りは乗せてくれない。係りの人にナゼ?って聞いたら「リフトで降りるとゴンドラ上駅に行くには100mの登りになるから」とのこと。納得です。

以下作成中

end
[ 2016/04/10 07:33 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

安達太良山

日程  :2016年4月3日
場所  :福島県 安達太良山
メンバー:ucon
天気  :晴れ
ルート&タイム
安達太良スキー場駐車場7:45→9:46五葉松平→11:22安達太良山11:42→12:30黒金小屋12:50→14:42P
安達太良軌跡

記録
安達太良・・・東日本大震災のボランティアの帰りに1日だけ自分へのご褒美として登った山。
あの時は確かもっと遅い時期だったけど、今はどうだろうか?
そしてこの辺りも放射線は比較的高かったと聞いたけど?。

P4034792.jpg
既にスキー場も閉鎖されているので駐車場は閑散としていた。

P4034793.jpg
ロープウェーは動いていないので登山道を登り五葉松平に着きました。
雪は思ったより多い。

P4034794.jpg
アイゼンでゆっくり登る。

P4034796.jpg
山頂到着

P4034798.jpg
取りあえずお約束?の自分撮り。
なんだか久々な感じで緊張してしまった。

P4034799.jpg
一休み後、下山は黒金小屋方面を回ることにした。
途中から山頂を振り返る。

P4034801.jpg
次第に曇ってきた。

P4034802.jpg
あれが鉄山らしい。 かなり立派な雪渓?がある?

P4034807.jpg

黒金小屋で一休みして後にする。
ノンビリした雪山ハイキングでした。

end


[ 2016/04/07 08:13 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。