FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2016年05月

旗立岩(乾徳山)

日程  :2016年5月28日
場所  :乾徳山 旗立岩 中央岩稜、第一岩稜
メンバー:みかんさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
大平高原登山口→国師ケ原→避難小屋→(山腹ルート)→トラバース点→中央岩稜→第一岩稜→山頂→(中央岩稜撮りつきにデポした荷物の回収)→(山腹ルート)→避難小屋→登山口
旗立て岩軌跡

登攀
中央岩稜取付9:13→11:251P終了→11:552P終了→12:183P終了~第一岩稜取付12:41→13:06終了(山頂)
旗立岩拡大図普通?くは稜線から懸垂2回(約50m×2)で降りて取りつくが今回は山腹ルルートの途中から岸壁基部をトラバースして
中央岩稜基部に行った。懸垂がないのでなんとなく速いような気がする。

記録

hatatateDSC00004.jpg
林道の脇に車を停めて

hatatateDSC00006.jpg
50mくらい戻ってこの閉鎖された林道から入ります。国師が原まで林道を行きます。

hatatateDSC00011.jpg
hatatateDSC00021.jpg
国師ケ原はズミが満開だった。

hatatateDSC00023.jpg

160528P5285604.jpg

hatatateDSC00025.jpg
ズミの上から富士山が覗いている。

hatatateDSC00026.jpg

hatatateDSC00028.jpg

hatatateDSC00029.jpg
乾徳山頂方向

hatatateDSC00030.jpg

hatatateDSC00039.jpg
国師ケ原の避難小屋。

hatatateDSC00045.jpg

hatatateDSC00053.jpg
山腹ルートは林の中。

hatatateDSC00059.jpg
ここから道を離れて右にほぼ水平にトラバース。ところどころに赤テープがありました。

hatatateDSC00060.jpg

hatatateDSC00063.jpg

hatatateDSC00065.jpg
小さい尾根に出ます。

hatatateDSC00066.jpg

hatatateDSC00070.jpg
次の尾根状に出たら、左の岸壁の基部に沿って。

hatatateDSC00073.jpg

hatatateDSC00076.jpg
ガレを少し登ると中央岩稜がそびえています。

hatatateDSC00078.jpg

hatatateDSC00085.jpg
戦闘準備完了

160528P5285616.jpg
こっちも

hatatateDSC00090.jpg
乾いた岩はフリクションバッチリ。

hatatateDSC00091.jpg

hatatateDSC00092.jpg
ここでハタと行き詰まる。一歩が踏み出さない。しばらく右往左往して

hatatateDSC00095.jpg
一旦戻ることにした。ハーケンにロープをセットして下りました。

hatatateDSC00101.jpg
荷物を置いて空身で登る。空身ってこんなに軽いのか? 小さなハングもガバガバをつかんで強引に。

hatatateDSC00105.jpg
hatatateDSC00103.jpg
1ピッチ目はピナクルにシュリンゲを懸けて確保。

hatatateDSC00105.jpg

hatatateDSC00108.jpg

hatatateDSC00109.jpg

hatatateDSC00115.jpg
2ピッチ目もピナクルで確保

hatatateDSC00116.jpg
左手に山頂直下の第一岩稜が見えます。

hatatateDSC00119.jpg
3ピッチ目はナイフリッジ

hatatateDSC00123.jpg
3ピッチ目の終了は結局登山者が休んでいる広場まで来てしまいました。
沢山の拍手と歓声で迎えられたけど・・・・・この程度の岩稜では恥ずかしい。
続いてみかんさんが登ってきたら「ワー女性だ!」とこれまた大歓声。恥ずかしい。
北かま尾根から槍の穂先に顔を出した時や、バットレス中央稜で休んでいる人の足元に顔を出したた時や、右岩稜から前j穂山頂に登ったときを思い出してしまいました。50年前の若かりし頃です。懐かしい菜~・・・少しだけホロリ

hatatateDSC00124.jpg
終了点でドヤ顔?になっている。

hatatateDSC00132.jpg
次は第一岩稜

hatatateDSC00133.jpg
鳳岩の手前からここを斜めに降りて行きます。

hatatateDSC00136.jpg
岩稜基部のテラスでルーファイ中

hatatateDSC00138.jpg
左はハングがあって厳しいから右から行きます。

hatatateDSC00139.jpg
階段状です。

hatatateDSC00140.jpg
小さなハングを左に回り込んで越えると見えなくなりました。

hatatateDSC00145.jpg
1ピッチで抜け、終了点は鳳岩の上。山頂まで10mでした。
ここでは拍手ももらえず、鳳岩から鎖で登ってくる人たちに胡散臭い目で見られてしまいました。

hatatateDSC00150.jpg
なにはともあれ記念写真です。ハイ!パチリ!

hatatateDSC00151.jpg
山頂から黒金山方面に向かう道を降りて

hatatateDSC00153.jpg
途中から左のヤブの中をズルズルと降りて

hatatateDSC00154.jpg
朝通ったところに出ました。ここから中央岩稜基部に置いてきた荷物を回収に向かいます。

hatatateDSC00155.jpg
無事に荷物を回収してきました。それにしても重いな~

hatatateDSC00156.jpg
ガチャを詰めるとこの荷物!おー嫌!

hatatateDSC00157.jpg
帰りは往路を戻ります。

160528P5285623.jpg
なにが嬉しいのかご機嫌です。
「次回は私がリードする」と言っていましたが・・・・・・誰か他の人と来てください。
私はもう年齢が年齢ですから残された時間はないので同じところは来ません。

hatatateDSC00172.jpg
やっと大平高原林道まで戻ってきました。
自分に「お疲れさまです」

end
[ 2016/05/29 18:32 ] 岩登り | TB(0) | CM(2)

小川谷(丹沢)

日程  :2016年5月24日
場所  :丹沢 玄倉川
メンバー:みかんさん、ikukoさん、ヤビツさん、ミドリさん、popoさん、ucon
天気  :晴れ
歩行距離:   km
コース&タイム
西丹沢県民の持ちP8:33→8:50F1→壊れた堰堤→15:18壊れた堰堤→15:23東沢出合→(登山道下山)→16:44P
小川谷軌跡
通常なら3時間強で抜けられる小川谷廊下だが今回は大勢でワイワイガヤガヤと楽しんだので7時間近く掛かった。
記録
ogawaDSC00003.jpg

ogawaDSC00004.jpg

ogawaDSC00007.jpg
駐車した広場から100mほど戻ってこの杉林の中を下ります。

ogawaDSC00009.jpg
最後は少し急ですがどなたかが10mmくらいの古いロープをフィックスしてくれているのでそれに縋って河原に降ります。

ogawaDSC00011.jpg
広々とした河原。

ogawaDSC00012.jpg
すぐ上流は薄暗い小川谷廊下と呼ばれるゴルジェです。

ogawaDSC00013.jpg
F1.水量は・・・・普通かな?

[広告] VPS
F1 体を慣らすにはちょうど良いです。

ogawaDSC00016.jpg
上から見ると。

ogawaDSC00017.jpg
F2.大きな石が微妙に寄りかかっていて左右どちらからでも登れますが少し厳しい。

ogawaDSC00020.jpg
大石の右から回り込むと。

ogawaDSC00022.jpg
膝のあたりに青いものが見えますがフイフイです。ここに2本ハーケンがあって以前はシュリンゲが残置してあったけど誰か
整理されたようで今はありません。その情報を知って、今回はアブミを持ってきました。
落ちると痛いので大石との隙間にカムも噛まして万全の体制です。

[広告] VPS
F2 大石に手を突っ張って力技で何とか。

ogawaDSC00025.jpg
後続はゴボウで。

ogawaDSC00026.jpg
すぐにF3.

 [広告] VPS
取りつくには釜を向こう岸に渡ります。

ogawaDSC00029.jpg
キャアキャア言いながらゾロゾロと。

ogawaDSC00033.jpg
次々に出てくる滝。

ogawaDSC00037.jpg

ogawaDSC00041.jpg
落ちても「ボッチャン」だから思い思いに。

ogawaDSC00046.jpg

ogawaDSC00047.jpg

ogawaDSC00051.jpg

ogawaDSC00052.jpg

ogawaDSC00053.jpg

ogawaDSC00054.jpg
popoさんも頑張ります。

ogawaDSC00057.jpg
最後はヤッパリ私が〆ないとね。

ogawaDSC00059.jpg
泳いでいる人も。

ogawaDSC00065.jpg
ここは意外と微妙な登り。

ogawaDSC00066.jpg
ロープを出してアッセンダーで。

ogawaDSC00068.jpg
右壁を越えるけど意外と高さがあって落ちるとダメージが大きいので一応ロープを張りました。

ogawaDSC00071.jpg
滝の裏をくぐって右に渡ります。

ogawaDSC00076.jpg
私です。特に意味はありません。

ogawaDSC00080.jpg
小川谷名物の大岩。ここもロープがフィックスされているのでゴボウで。
ロープが切れたり支点が抜ければ滑り落ちるけど自己責任です。

[広告] VPS


ogawaDSC00087.jpg

ogawaDSC00088.jpg

[広告] VPS


ogawaDSC00094.jpg
通称「曲がりの滝」

[広告] VPS


ogawaDSC00097.jpg

ogawaDSC00098.jpg

ogawaDSC00103.jpg

ogawaDSC00107.jpg
上から見るとこんな感じ。

ogawaDSC00111.jpg

ogawaDSC00113.jpg

ogawaDSC00115.jpg
ゾロゾロと。ボッチャンしても知りませんよ。

ogawaDSC00118.jpg

ogawaDSC00125.jpg

ogawaDSC00126.jpg
石棚です。

ogawaDSC00133.jpg
左から巻くというのか? 小川谷で唯一アルパイン的に登ります。

ogawaDSC00136.jpg

ogawaDSC00142.jpg

ogawaDSC00144.jpg

ogawaDSC00146.jpg

ogawaDSC00149.jpg
またまた意味もなく出演。

ogawaDSC00151.jpg

ogawaDSC00155.jpg

ogawaDSC00158.jpg

ogawaDSC00161.jpg

ogawaDSC00166.jpg
反対側から見ると。  そうそう、手で突っ張って。

ogawaDSC00167.jpg
小川谷廊下の最後の滝です。
いつもは流水の右を登るけど今日は大勢で遊びながら来たので疲れてしまいました。

ogawaDSC00169.jpg
全員そろって記念写真。

ogawaDSC00170.jpg
左のバンドから超えます。

ogawaDSC00173.jpg
壊れた堰堤の下を通って。

ogawaDSC00174.jpg
広々とした河原に出ます。
暗くて寒いゴルジェから出てくるとほっとします。

ogawaDSC00175.jpg
ここを登れば登山道。小一時間歩けば車に戻れます。

ogawaDSC00179.jpg
このゲートの向こうは舗装してあります。
楽しかったね。

END
[ 2016/05/26 16:49 ] 沢登り | TB(0) | CM(1)

小沢

日程  :2016年5月21日
場所  :丹沢 玄倉川 小沢
メンバー:ikukoさん、みかんさん、ヤビツさん、kajikaさん、、ucon、
天気  :晴れ
コース&タイム
玄倉林道ゲート6:07→6:29境隧道→6:59玄倉ダム→7:12小沢出合→9:56山神峠経路跡→12:11稜線→12:40檜岳13:24→13:56伊勢沢ノ頭→14:40山神峠→16:00堺隧道→16:31玄倉林道ゲ
小沢軌跡

記録
DSC00003.jpg
玄倉林道ゲート前の広場から出発。

kosawaDSC00014.jpg
境隧道脇の小道。帰りはここに降りてくる予定です。

kosawaDSC00031.jpg
小沢出合いにつきました。

kosawaDSC00033.jpg
堰堤の鉄はしごを登って超えます。

kosawaDSC00041.jpg
すぐにきれいな滝が連続します。

kosawaP5215449.jpg

kosawaDSC00043.jpg
リーダーのikukoさんがリード

kosawaP5215452.jpg

kosawaDSC00045.jpg
その先には5mくらいの直獏が、これは登れません。

kosawaP5215461.jpg
さて、どこから巻こうか?
リーダーはすでに決めてあるらしくチェーンアイゼンを着けていますよ~。

kosawaDSC00048.jpg
右側からドロ斜面を小さく巻きます。

kosawaDSC00052.jpg
ロープにつかまって沢に戻ります。

kosawaDSC00054.jpg
綺麗な10mくらいの滝。これも登れない。

kosawaP5215469.jpg

kosawaP5215480.jpg
取りあえず記念写真を撮りましょう。

kosawaDSC00057.jpg
今度は左側(右岸側)のこのルンゼを登って巻きます。

kosawaP5215482.jpg

kosawaDSC00058.jpg

kosawaDSC00062.jpg
懸垂で戻ります。

kosawaDSC00067.jpg
下から見たところ。

kosawaDSC00089.jpg
上には小滝が連続。

kosawaP5215492.jpg

kosawaDSC00092.jpg
これは登れるかな? 無理?

ショルダー①
ならばショルダーで

ショルダー②
ヤッパリ無理です。ムリムリ。 重いです、早く降りて下りてくださ~い。

kosawaDSC00094.jpg
ということでここも左から巻きます。

kosawaDSC00100.jpg
また懸垂で沢に戻ります。

kosawaDSC00107.jpg
昔の山神峠からの道が出てきました。

kosawaDSC00110.jpg
反対側。
昔はユーシンと玄倉を結ぶ生活道路だったけど玄倉川沿いに林道が作られ使われなくなり、今では全くの廃道です。
途中に崩れているところも危険。廃道マニア?向きの道です。

kosawaDSC00124.jpg
山神経路を越えて行くとこの滝が出てきました。
岩質も花崗岩から??に代わって雰囲気がガラっと変わりました。

kosawaDSC00129.jpg
荒れた感じ。

kosawaDSC00132.jpg

kosawaDSC00133.jpg

kosawaDSC00137.jpg
源流も近そう。

kosawaDSC00139.jpg

kosawaDSC00149.jpg
あと一息・・・

kosawaDSC00150.jpg
あそこが稜線・・・だと思う。

kosawaDSC00161.jpg
やっと出ました。

kosawaDSC00162.jpg
深緑に染まる檜岳(ヒノキダッカ)

kosawaDSC00176.jpg
蛭ケ岳と臼ケ岳

kosawaDSC00177.jpg
伊勢沢の頭。

kosawaDSC00183.jpg
山神峠方面に降ります。
この尾根は古いモノレールが残っているので「モノレール尾根?」とも言われているとか?

kosawaDSC00189.jpg
山神峠につきました。
こちらが「ユーシン」と書いてありますが廃道なので要注意。

kosawaDSC05014.jpg
壊れた社。通る人もいなくなった峠と一緒に忘れ去られてしまったのか?

kosawaDSC00214.jpg
この下あたりが境隧道か?

kosawaDSC00219.jpg
林道に向かって降りる。

kosawaDSC00222.jpg
あとは足を前に出すだけです。でも疲れたな~

kosawaDSC00224.jpg
ゲート前の広場に戻ってきました。お疲れさまでした。

END
[ 2016/05/22 19:18 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

乾徳

日程  :2016年5月14日
場所  :乾徳山
メンバー:みかんさん、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
大平高原林道の登山口4:58→6:18月見岩→7:21山頂7:49→7:55懸垂地点→9:11旗立て岩取り付き9:33→9:50登山道
→10:58国師ケ原→11:35登山口
乾徳軌跡

記録
昨年の11月に旗立岩中央岩稜に来たが、天候が思わしくなく、秋で日が短く、また山頂まで来る間に私がバテテ
しまったので登攀を断念した。
今回はふもとの道の駅で前泊するなど万全の態勢で臨んだが・・・・・大失敗! クライミングシューズを忘れてしまった。
みかんさんは「昔は登山靴でアルパインクライミングしていたのだから、トレッキングシューズで登ったら」と突き放すが
初めてのルートなのでキャラバンシューズで登る気持ちになれない。
心の中で「みかんさん、リードして」とつぶやいていたが口には出せなかった。
意気消沈していたら「落ち込んでいても始まらないので山頂まで行って、懸垂で下って、中央岩稜の取りつきを確認する
だけでもしましょ!」と。
この案ならキャラバンシューズでも出来るので話はまとまりました。
登攀に必要な装備を除いて、ハイキング+懸垂道具だけで出発しました。

aDSC00004.jpg
林道の脇に車を駐めて支度中。
300mくらい先にはもっと広い菜所もあります。

aDSC00005.jpg
大平高原の林道からの登山口。

aP5145413.jpg
すっかりハイキング気分のみかんさん、何か?撮っている。

aP5145412.jpg
aDSC00014q.jpg
この花でした。名前は?

aP5145415.jpg
天気は上々、ツツジも咲いています。が・・・・気分は真っ暗!

aDSC00031.jpg
月見岩。

aDSC00034.jpg
手洗い岩。  これは「手洗い」でしょうか?「ちょうず」でしょうか? など話ながらゆっくり登る。

aDSC00038q.jpg
岩場が出始めました。

aDSC00046q.jpg
髭剃り岩

aP5145419.jpg
カミナリ岩。前回は荷物が重く鎖に縋りついてやっと登ったけど今回は装備が軽いのか意外と楽でした。

aP5145420.jpg
コイワザクラも咲いています。

aP5145422.jpg
鴻岩。前回は巻いたけど今回は鎖につかまってスイスイです。

aDSC00075q.jpg
山頂で記念写真。気持ちが晴れ晴れではないので足の揃え方がなんだか”オネー”っぽい。

aDSC00084.jpg
山頂から戻って、ここが懸垂するところです。

aDSC00085q.jpg
懸垂のセット中

aDSC00088.jpg
狭いチムニーを下って行きますす。

a乾徳懸垂みかん

aDSC00096.jpg
チムニーを35mくらい降りるとザレたテラスになるので、ここでピッチを切り、ロープをかけ替えて、緩いガレを懸垂します。
チムニーもこのガレの懸垂も落石にはクレヅレも注意。

aDSC00103q.jpg
50m一杯に懸垂すると樹林の中に入ります。ここで懸垂終了。

aDSC00106.jpg
岸壁の下を北にトラバース。

aDSC00113.jpg
岩峰が見えたら基部までルンゼを20mくらい登ります。

aDSC00114q.jpg
中央岩稜取りつきまで来ました。

aP5145431.jpg
偵察です。「あそこにシュリンゲはあるな」・・・・・

aDSC00124.jpg
偵察も終わったので帰りは岸壁の下を更に北にトラバースして下の登山道に出ることにしました。

aP5145434.jpg
道に出ました。

aP5145436.jpg
国師ケ原の高原ヒュッテ。今は避難小屋になっています。中を覗いたらとてもきれいで快適そうでした。 水があればな~

aP5145438.jpg
国師ケ原の白樺林の中に鹿が沢山いました。 乾徳にもヒルがいるのかな? (鹿とヒルの進出は絶対ではない・・と思う。

aDSC00150.jpg
林道まで戻ってきました。お疲れさま。
「クライミングシューズを持ってリベンジするぞ!」と密かに(みかんさんに聞こえないように)誓いました。

end
[ 2016/05/16 21:28 ] ハイキング | TB(0) | CM(2)

ヤマジャクヤク

日程  :2016年5月10日
場所  :丹沢某所
メンバー:みかんさん、ikukoさん、popoさん、ucon
天気  :霧時々小雨
歩行距離:
歩行時間:写真を撮りながらノンビリ歩いて
記録
今日は秩父の赤岩尾根でアカヤシオをかき分けての岩稜歩きを予定していたがあいにくの荒天のため、雨でも歩ける
丹沢奉書に花を求めて出かけました。
狙いはぴったしで霧と時々小雨はふる幽玄の森にひっそり咲く花々に出合えました・・・・と、自分には似合わないと思いつつ。

P5105289.jpg
早速、本日のメインキャストのヤマシャクヤクに出合えました。
森の中にひっそりと咲くがまだ蕾。

P5105300.jpg
次に現れたのが??ツツジです。

P5105302.jpg
まだまだ硬い蕾のヤマシャクヤク

P5105313.jpg
霧の中で「どっちに行けばいいの?」、「あっちよ」、「こっちだと思うけど」・・・・・とバトル中

P5105314.jpg
こっちの人はわれ関せず。

P5105327.jpg
これは?

P5105330.jpg
ピンクの塊にとびかかる瞬間のikukoさん。

P5105336.jpg
木の幹にビッシリを生えた苔。
popoさん曰く「この辺りは霧が多いので木の上の方まで苔が着生できるのよ」・・・なるほど、納得。

P5105339.jpg
これは?エート・・・・雑草①です・

P5105342.jpg
雑草②

P5105362.jpg
雑草③

P5105363.jpg
続いて雑草④

このほかにも沢山の雑草が咲き誇っていましたがそれらには見向きもせず、いかはメインキャストの清楚で妖艶な姿です。
P5105349.jpg
一株づつ離れているのが多いがこれは一群にかたまっていた。

P5105388.jpg
多くはこんな感じです。

P5105353.jpg

P5105354.jpg

P5105352.jpg
ウ~ン。まさに・・・・・   思い出すな~清純だったころのあの?

P5105402.jpg
さて、たっぶり堪能しお腹一杯なので帰りましょ。


以下は同好者の傑作
みかんさん
DSC00030a.jpg

DSC00036.jpg

DSC00040.jpg
なにを?コソコソ

DSC00044.jpg

DSC00046.jpg

DSC00050.jpg
メロンパン!美味しいな~ ほっぺが???落ちていますよ~

DSC00051.jpg

DSC00093.jpg

iikukoさん
DSC04454.jpg

DSC04488.jpg

DSC04495.jpg

DSC04496.jpg

DSC04497.jpg

DSC04506.jpg

DSC04538.jpg

DSC04542.jpg

DSC04546.jpg

popoさん
P5100189.jpg

P5100193.jpg

P5100202.jpg

P5100212.jpg

P5100215.jpg

P5100232.jpg

P5100233.jpg

P5100243.jpg


end
[ 2016/05/11 07:50 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)

ヤビキ沢(西丹沢)

日程  :2016年5月2日
場所  :西丹沢中川川東沢・ヤビキ沢
参加者: (L)ikukoさん、popoさmm、ucon
天気  :晴れ
コース&タイム
  西丹沢自然教室P6:55→(ツツジ新道)→7:53ごーら沢出合い⇒8:15ヤビキ沢→9:16二股→13:13稜線→
  13:26テシロ沢の頭14:10→ヤビキ沢左岸尾根→15:41東沢河原→16:32西丹沢自然教室P
タビキ沢軌跡


記録
今回はikukoさんの企画に参加した。

P5025218.jpg
丹沢はヤマブキが乱れ咲いていた。

P5025221.jpg
ツツジ新道からヤビキ沢に降り立つとゴーロ。
多分この下の砂防堰堤の影響で堰堤がなければ・・もしかしたらこの下はヤビキ沢の特徴の滑滝だったかも知れない。

P5025226.jpg
最初に出てくる滑滝(滑床?)は短い。

P5020109.jpg

P5025234.jpg
次の滑滝は100mくらい続いている。

DSC04108.jpg

P5025243.jpg

P5025245.jpg
滑滝のあと少しゴーロを歩くと二俣。左俣にはこの滝がある。

DSC04136.jpg
2年前に来た時は左から巻いて、上から確保してもらい流水の右を登ったがもろにシャワーを被ったので今回はパス。
右俣から小尾根を越えて巻きました。

P5025248.jpg
滝の下で見つけた花。
山野草の花の色を赤、白、黄色。その他に大雑把に分けるとどれが一番多いのかな?

DSC04142.jpg
これは「ネコの目」と言うそうです。緑の花?

DSC04147.jpg
巻いて落ち口に降りました。

P5025251.jpg

P5025254.jpg

P5025257.jpg

P5025258.jpg
そろそろ詰めも近いか?

P5025259.jpg
でもまだ涸れ滝は続く。

P5025260.jpg

P5025261.jpg
今度こそあそこが稜線らしい?

P5025262.jpg
やっと石棚山稜に出ました。フー!です。

DSC04210.jpg

DSC01876.jpg
稜瀬で休んでいたらたまたま山仲間のヤビツさんが通りかかった。びっくり!

P5025266.jpg
ヤビキ沢左岸尾根のブナは新緑に萌えていた。
もちろん道はないので注意・・と言うか?かなりシッカリ地図読みが要求されます。
枝尾根から沢へと引き込まれるととても危ないです。

P5025271.jpg
杉の植林地帯も少しあります。

P5025275.jpg
またブナの尾根。
見上げる新緑は綺麗だけれど、地表はこの通りです。いつも言うことだが「林の中は砂漠」状態。
犯人は可愛いバンビちゃん(ゾンビちゃん)。
この辺りはクマザサや沢山の低木や草でおおわれていたけど鹿が皆食べてしまいました。
ブナが実を落として発芽してもまた鹿が食べてしまう。そのうちこのブナの寿命が来て枯れると裸山になってしまいます。
地表がむき出しになれば、なまはんかな砂防堰堤は「焼石に水」。水害&土砂災害になります。
”美しい日本”は消えて荒地・砂漠になってしまいます。
どうしたらいいのか? 鹿の数を制限して早急に下草のある森を復活させなければなりません。その為には①鹿柵で区割り鹿の移動を止める。②鹿の天敵のオオカミかライオン(虎でもいい)を放す。・・・・・などと今回も熱く語ってしまいました。

P5025278.jpg
でも人間は「綺麗💛綺麗💙」と喜びます。
丹沢バリ族って知っていますか?知らないでしょうね。だって私の造語ですから。
藪が無くなって見通しがよくなり、歩きやすくなったので道のない尾根を赤テープ黄色テープを木にビラビラしばりつけて
(ごみ(テープ)をまき散らして)歩き回る人々のことです。
もちろん私たちも沢を登って最短の尾根を下山する。これも鹿のお陰です。だから私たちも丹沢バリ族です。
丹沢が藪に覆われていた頃は沢の詰めは猛烈な藪こぎ、ましてや道のない藪尾根を下ることなどできません。
沢を懸垂でくだるか?遠回りしても登山道を歩いたものです・・・・・・とああ、老人のたわごとになってしまいました。

P5025281.jpg

P5025282.jpg
やっと東沢の河原に降り立ちました。

P5025283.jpg

P5025287.jpg


end
[ 2016/05/02 08:23 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。