FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2017年05月

水晶沢

日程   :2017年5月29日
場所   :丹沢 中川川 モロクボ沢 水晶沢
メンバー :ヤビツ、ikuko、popo、kadojiro、たま、ケン、ucon
天気   :快晴
コース&タイム
用木沢出合8:45→9:25モロクボ大滝→10:40水晶沢出合→(左俣)→13:52稜線→14:10水晶沢の頭→(雷木沢右岸尾根)→
15:35モロクボ沢→16:07用木沢出合
170529 モロクボ水晶軌跡

記録

170529P5295765.jpg
用木沢出合に車をデポして、さあ出かけましょ。

170529P5295766.jpg
モロクボ大滝


ヤビツさんがリードします。


大滝の落ち口

170529P5295793.jpg
滝壺の縁を回って・・・・アレ! 一人だけ入っている?

1705290529 0014
記念写真を撮りましょう。

170529P5295821.jpg
この人は入ったのか?落ちたのか?



170529P5297612.jpg
モロクボの滝場の終わりの堰堤が見えてきました。

1705290529 0022
左がモロクボ沢本流、右が水晶沢

1705290529 0034
滑床が続きます。

170529P5297617.jpg
これは無理! 左から巻きました。

170529P5297620_20170531141244601.jpg
滑滝

170529P5297624.jpg
ここは何処? どっちに行くの?

170529P5297626.jpg
水も大分少なくなってきました。



170529P5297628.jpg

170529P5297634.jpg
右の溝から登ります。ここなら落ちても大丈夫。

170529P5297636.jpg
涸れ棚になってきました。

170529P5297637.jpg



1705290529 0067
稜線に到着。

170529P5297641.jpg
下山はこの尾根でいいの?

170529P5297643.jpg
ヤマツツジが咲き残っていました。

170529P5297656.jpg
水晶沢と雷木沢の中間尾根を読図しながら下ります。・・・と言っても踏み跡はあります。

170529P5297670.jpg
あれ! 脚立がある?   「この尾根を下るほとんどの人はあの脚立で鹿柵を越えて中の道を下るんですよ」と先頭のリーダーに
教えたら「良いんです! 今日は尾根末端まで行きます」とのこと。

170529P5297671.jpg
かなりの急斜面になってきました。

170529P5297677.jpg
モロクボ沢の河原が見えてきました。
(尾根の末端は急なガケになっていることが多いので注意)

170529P5296117.jpg
皆、濡れた衣類や靴を変えて懇親会中です。


end
[ 2017/05/30 08:06 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

オオタ沢

日程   :2017年5月27日
場所   :丹沢 皆瀬川
メンバー :みかんさん、popoさん、ケンちゃん、ucon
天気   :快晴
歩行距離:12.3km
コース&タイム
林道7:51→9:47F1→11:48二俣→13:00登山道→13:40高松山13:53→14:40P65715:26→15:57P465→16:38林道
170527 オオタ沢軌跡 (2)

記録
今回はヤブ沢倶楽部の山行でみかんさんの企画に参加しました。

170527DSC00001.jpg
人遠や八丁集落につながる皆瀬川添いの路肩に駐車してサア出発。

170527DSC00005.jpg
斜面を下りると皆瀬川の河原。
ここは以前、神奈川県主催の”夏休み親子探検隊”なるイベントの舞台で私も何回かボランティアで手伝いをしたところ。
ある「意味勝手知ったる・・・」場所です。 
そのころ、地学の先生が子供たちに「ここは伊豆半島がフィリピンの方からやって来て本州にぶつかった最前線」だと言っていました。
当時はオオタ沢のことは知らなかった。

170527DSC00005_201705311029192b8.jpg
正面の谷がオオタ沢です。

170527DSC00007.jpg
皆瀬川の下流方面を見た景色。左(右岸)から流れ込んでいる水流がオオタ沢。

170527P5277528.jpg
水流の左のササヤブの中にある踏み跡に潜り込むように入って行きます。

170527DSC00010.jpg
右岸に細々と道があります。

170527DSC00025.jpg
沢の中には倒木があったり・・・ヤブヤブです。

170527P5277534.jpg
やっと出てきた小滝。

170527P5277535.jpg
小さな堰堤を八つほど越えると小さな”十字峡”のようなところに出ます。これは右側の滝。

170527P5277536.jpg
正面の滝。

170527P5277537.jpg
左が本流で直瀑があった。滝壺でジッと釣り糸を垂れている人がいた。

170527DSC00040.jpg
左側の斜面から巻きます。うっかり石を落とすと釣り人にあたるのでヒヤヒヤでした。

170527DSC00042.jpg
小さな滑床がありました。

170527P5277538.jpg
この水たまり?の中に数匹のヤマメ?がいました。大きいのは20cmオーバーか? 
石の下に隠れたのでpopoさんが素手で捕まえようとしたが逃げられました。

170527DSC00041.jpg

170527P5277547.jpg
チョックストーンの滝。これも登れません。



170527DSC00052.jpg
左から巻きました。

170527DSC00070.jpg

170527DSC00092.jpg

170527P5277555.jpg
なにやら取水施設がありました。かなりの水を取っているようです。

170527DSC00074.jpg

170527P5277557.jpg
取水施設のすぐ上の二俣。

170527P5277560.jpg
リーダーの希望で右俣に入りますが・・・ボサボサです。仕方ないから嫌々突入しました。

170527P5277552.jpg



170527P5277567.jpg
右俣に一つだけあった滝。





170527P5277573.jpg
植林地の中に入りました。

170527P5277580.jpg
高松山南尾根の登山道。

170527P5277582.jpg
高松山山頂。

170527P5277581.jpg
お約束の富士山も見えます。

170527DSC00107.jpg
記念写真。

今回見た中で「綺麗」と感じた花々。
170527P5277576.jpg
エビネ・・・だそうです。

170527P5277585.jpg
これは不明。  popoさんが言うには「雑草」だそうです。⇒ ではなくて”ニワゼキショウ”だそうです。

end
[ 2017/05/27 21:32 ] 沢登り | TB(0) | CM(1)

下棚沢右岸支流

日程   :2017年5月21日
場所   :西丹沢 西沢 下棚沢 右岸の支流 (沢名調査中)
メンバー :みかんさん、popoさん、たまちゃん、ケンちゃん、ucon
天気   :快晴(暑い)
歩行距離:約13km
歩行時間:9時間40分
ルート&タイム
西丹沢自然教室8:16→9:09下棚9:23→(左岸尾根)→10:51右岸支流出合→脱沢地点(Co944m)16:02→16:29稜線→17:14西沢→17:55自然教室
170521 下棚沢支流軌跡


記録
今回はヤブ沢倶楽部と合同で下棚沢の支流に行ってきた。地名が分からないので情報の検索もできず、自分たちとしては
全くの初見で期待(適度な緊張感がある沢)と不安(面白くない沢or困難過ぎる沢)を抱えての入渓となったがチョロチョロと
流れる水流で滝の大部分はヌメヌメという緊張強いられ、また直登不能の巻きも厳しいものだった。
お陰でタップリ楽しめました。

DSC00003_20170523225138e6f.jpg
西丹沢ビジターセンター(旧西丹沢自然教室)の広場に消防車や大勢の人が集まっている・・・・遭難事故か?

170521P5217491_20170523103833000.jpg
西丹沢の山開きの式典が行われていました。以前は5月の最終日曜日だったけど・・・・

170521DSC00005.jpg
橋を渡って西沢に入ります。

170521DSCF2006.jpg
本流から下棚方面に。

170521P5217502.jpg
下棚を見たことがない人(3人)は荷物を置いて見物に行きました。みかんさんは留守番です。

170521P5217497.jpg
下棚見物のpopoさん、たまちゃん、ケンちゃんの3人。

170521P5210434.jpg
豪快に水を落とす下棚。

170521DSCF2010.jpg
はしゃぐケンちゃん。

170521P5217499.jpg
見物を終えて下棚沢下部の滝場を巻くためにこから左岸尾根に取り付きます。

170521P5217503.jpg
昔の作業道らしき痕跡はあるが緊張するところもあります。

170521DSCF2037.jpg
標高870m付近から懸垂を交えて下棚沢の沢床に下ります。

170521DSC00035.jpg
たまちゃんは「あたし、懸垂の本番は初めてなの・・・」と。 そういえば腰が引けてるようにも見えます。
(「大丈夫だよ、下でロープを抑えているから」と先輩の声)

170521DSCF2043.jpg


ベテラン?はスーイスイ。
下り立ったところは標高820m。

170521P5217508.jpg
下棚沢を約100m遡行すると左から目的の枝沢が5m弱の滝で合流します。

170521P5217510.jpg
出合の滝を角度を変えてみるとこんな感じ。階段です

170521DSC00053_20170523111040982.jpg



170521P5217512.jpg

170521DSC00057.jpg
8m位か? 最後の一手が厳しそう。

170521DSCF2072.jpg
リードは怖いので左の倒木を頼りに小さく巻きます。(セカンドからはチャレンジしてくださいね



170521P5210488.jpg
今度は10mは有りそうな樋状スラブ滝。

170521DSCF2089.jpg
ここは無理そうなのでみかんさんに右から巻いてもらってロープを下してもらいましょう。



170521DSCF2090.jpg
行きますよ~

170521DSCF2093.jpg
ギブアップで~す。ロアダウンしてくださ~い。と簡単に諦めました。

170521DSCF2097.jpg
ならば俺が・・・と対抗意識を燃やすケンちゃん。



170521DSC00065.jpg
しばらくゴルジェを歩くと。

170521DSC00066.jpg
下部がハングしたツルツルの滝。

170521DSCF2121.jpg
右からここを巻きます。

170521DSCF2127.jpg
木の根につかまって。



170521DSC00073.jpg
かなり厳しい巻きでした。後から思うと少し戻って右の涸れ沢から尾根を乗越た方が安心できそう。



170521DSCF2143.jpg
沢床に戻って少し進むと何やらまた怪しい雰囲気に。

170521P5210509.jpg
15mくらいあるだろうか? 乾いていれば階段状だけど真ん中はヌメヌメ。サテ! 右にすか?左にするか?

170521DSCF2148.jpg
仕方ないから右側から取り付きます。
(途中で怖くなって進退窮まりたまたま持っていたハーケン3枚(2か所)を打って何とか越えました)

170521DSCF2153.jpg
「ハーケンは回収してくださ~い」



170521DSCF2164.jpg
チョックストーンが乗った滝(またもや中途半端な水がヒタヒタ流れてヌメヌメ)

170521DSCF2170.jpg
でも何とかしなければ・・・・

170521DSC00084.jpg
恐々ソロソロと。

170521DSC00088_2017052311422238d.jpg
越えたら既に16時近い。記念写真を撮って左の尾根にエスケープしましょう。

170521DSC00091.jpg

170521DSC00101.jpg
尾根の踏み後に乗りました。日はかなり西に傾いて。

170521DSCF2181.jpg
植林の中の以外に立派な道。とっとと下りましょう。

170521DSC00104.jpg
西丹沢ビジターセンターに戻ってきました。
今回はあまり期待しないで入渓したがタップリ楽しませていただきました。

end
[ 2017/05/22 08:06 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

畦が丸

日程   :2017年5月16日
場所   :丹沢 畦が丸
メンバー :みかんさん、ikukoさん、ucon
天気   :晴れ後曇り
コース&タイム
西丹沢自然教室8:04→9:00下棚9:10→9:32本棚9:43→10:54善六のタワ→11:57畦が丸12:46→13:31善六のタワ→15:15西丹沢自然教室
170516 畦ヶ丸軌跡

記録
最近山で亡くした友人を思い出の場所で偲びたいというみかんさんの発案でその友人と関わりのあったikukoさんと私に声を掛けてくれたので行って来ました。

170516P5167300.jpg
西丹沢自然教室近くに車をデポ

170516P5167314.jpg
橋の左側には見事な藤の株。

170516P5167315.jpg
左側にはヤマツツジ

170516DSC00103.jpg
橋の上には??

170516DSC00015.jpg
新緑の中の水簾が綺麗。

170516DSC00099.jpg
ヤマツツジも綺麗

170516P5167320.jpg
下棚に到着。タケシさんはここを直登しなそうな。



170516DSC00025.jpg
記念写真。

170516P5167326.jpg
本棚。ここも登ったとのこと、凄いです。

170516DSC00043.jpg
ここでも記念写真。

170516P5167336.jpg善六のタワまで来たらシロヤシオが満開でした。

170516DSC05029.jpg

170516DSC05038.jpg

170516P5167351.jpg
花、はな、華です。



170516DSC00064.jpg

170516P5167380.jpg
シロヤシオの古木の下で。

170516P5167389.jpg
アカヤシオ?(トウゴクミツバツツジ)はまだ蕾でした。

170516DSC00086.jpg
山頂は霧が流れていました。

end
[ 2017/05/16 20:04 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)

山シャクヤク

日程   :2017年5月12日
場所   :西丹沢某所
メンパー :ucon
天気   :快晴
歩行距離:約6.2km
記録
ここ数年、この時期にヤマシャクヤクを見に出かけている。
今年は忘れているのか誰からも声が上がってこない。
自分から「花を見に行こうよ」とは言いだせず一人で行ってきた。結果は惨敗!
一輪も咲いておらずやっと堅い蕾を付け始めたばかりだった。
仕方なく目につく他の花々を撮ってきたので見てください。

170512P5127188.jpg

170512P5127190.jpg

170512P5127194.jpg

170512P5127197.jpg

170512P5127199.jpg

170512P5127200.jpg

170512P5127207.jpg

170512P5127208.jpg

170512P5127213.jpg

170512P5127216.jpg

170512P5127223.jpg

170512P5127226.jpg

170512P5127228.jpg

170512P5127278.jpg

最後に本命(お目当て)のヤマシャクヤクの蕾です。
170512P5127245.jpg

最近、動画に凝っていまして・・・動かない花では意味ないけど。


でも
7月にはイワタバコ(これは嫌でも見られるけど)、8月にはレンゲショウマ、9月にはスルガジョウロウホトトギスもあるので見逃さないようにします。

end
[ 2017/05/13 08:11 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)

檜洞丸

日程   :2017年5月8日
場所   :丹沢 (犬越路~檜洞丸~石棚山稜)
メンバー:mikkoさん、furuさん、さッちゃん、popoさん、ucon
天気   :快晴
歩行距離 :12.5km
ルート&タイム
用木沢出合→8:30犬越時8:48→11:18大コウゲ→12:00檜洞丸12:31→13:11石棚山→14:22箒沢公園橋
170508 檜洞軌跡

記録
今回は秋に行くネパールトレッキング(ロアドルポ)のメンバーの親睦と体力トレ、そして連帯感醸成のためpopoさんが企画運営
して実施した。
五月晴れの中、新緑と花と富士山のトレッキングでした。(同行者の写真を大量に使わせていただきました)

170508P5080059.jpg
用木沢出合に車を置いて・・

170508P5080060.jpg
さあ、出発です。軟弱な私は先頭でマイペースで歩かせていただきました。お陰でなんとか歩き通せました。

170508P5080064.jpg
早速花のお出ましです。白いスミレ?

170508P5080066.jpg

170508P5080069.jpg

170508P5080070.jpg
ピントがイマイチ(・・・・人の写真を使っているくせに・・・)

P5080071.jpg
犬越路

170508P5080071.jpg
大室山方面の新緑

170508P5080072.jpg
西丹沢の山と谷

170508P5080074.jpg

170508P5087095.jpg
写真ばかりでなかなか進みません。



170508P5087097.jpg

170508P5080075.jpg

170508P5080076.jpg

170508P5080077.jpg

170508P5080079.jpg

170508P5080080.jpg

170508P5080081.jpg

170508P5080083.jpg

170508P5080084.jpg
空中に浮いている富士山。(私も仲間から浮いている?)

170508P5080085.jpg

170508P5080092.jpg

170508P5080095.jpg

170508P5080097.jpg

170508P5080099.jpg

170508P5080100.jpg

P5080105.jpg

170508P5080102.jpg

170508P5080103.jpg

170508P5080104.jpg

170508P5080108 (1)

170508P5080109.jpg

P5080101.jpg

170508P5080110.jpg

170508P5080117.jpg
コイワザクラは見飽きました。ウンザリです。

170508P5087137.jpg
登山道に健気に咲く花も。



170508P5080118.jpg

170508P5080119.jpg

170508P5087140.jpg
ツツジ新道がある尾根の斜面Iに何やら白いものが? 雪? 白い土嚢? コンクリート? 白ザレ? 
・・・・とワイワイガヤガヤ・・いろいろな意見が出たけど真相は分かりません。

170508P5080122.jpg



170508P5080132.jpg
檜洞丸が近づいてきました。

170508P5080134.jpg

170508P5087149.jpg

170508P5080138.jpg

170508P5080141.jpg

170508P5080143.jpg

170508P5080145.jpg

170508P5080146.jpg

170508P5080147.jpg
また出てきた! コイワザクラ

170508P5080149.jpg
たまには人間も載せないと。

170508P5080153.jpg

170508P5080154.jpg

170508P5080156.jpg

170508P5080157.jpg

170508P5080158.jpg
主役はどっち?

170508P5080160 (1)

170508P5080161.jpg

170508P5080163.jpg
檜洞山頂に到着。

170508P5080164.jpg
お昼です。

P5080112.jpg

170508P5080165_20170510075419746.jpg
下りましょう。

170508P5080166.jpg

P5080115.jpg

170508P5080168.jpg

170508P5080171.jpg

170508P5080169.jpg

170508P5080172.jpg
苔の中にネコノメ?

170508P5087154.jpg

170508P5087155.jpg

170508P5080176.jpg



170508P5080178.jpg

170508P5080179.jpg

170508P5087156.jpg

170508P5080180.jpg

170508P5080181.jpg

170508P5080182.jpg



170508P5087158.jpg

170508P5080183_2017051007595944f.jpg

170508P5080184.jpg

170508P5087162.jpg
シロヤシオ

170508P5080185.jpg

170508P5087169.jpg

170508P5080186.jpg

170508P5080187.jpg

170508P5087171.jpg

170508P5080188.jpg

170508P5080191.jpg
怪しい植物。

170508P5087173.jpg
やっと沢沿いに出ました。

170508P5080194.jpg
キャンプ場に到着。疲れました。

P5080116.jpg
西丹沢自然教室。頑張りました!カンパイ!




end
[ 2017/05/09 06:56 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)

モロクボ沢

日程   :2017年5月4日
場所   :丹沢 中川川
メンバー :ヤビツ、ucon
天気   :快晴
ルート&タイム
用木沢出合P8:02→8:14モロクボ沢橋→8:41大滝→9:53水晶沢出合→10:36枝沢出合→11:43善六のタワ近くの稜線
→12:16善六山→13:45用木沢出合P
170504 モロクボ沢軌跡

記録

170504P5047088.jpg
GW中なので混んでいるかと思ったが車は少なかった。
今回はヤビツ号(ジムニー)で来ました。

170504P5047033.jpg
新緑の中からモロクボ大滝が見えてきました。

170504P5047036.jpg
立派です。

170504P5047038.jpg
今日の相棒(リーダー)のヤビツさん。

170504P5045671.jpg
ここを登ります。

170504P5047044.jpg
大滝の上から・・・怖くて覗けません。

170504P5047045.jpg
新緑の山。

170504P5047047.jpg

170504P5047048.jpg

170504P5045678.jpg

170504P5047052.jpg
沢屋の特権・・・モロクボブルー。

170504P5047053.jpg
倒木に抱き着く?リーダー。何やってんの??

170504P5047055.jpg
綺麗な滑床

170504P5047062.jpg

170504P5047066.jpg


濡れて茶色の岩はヌメヌメです。

170504P5045696.jpg

170504P5045698.jpg



170504P5045701.jpg

170504P5047068.jpg



170504P5047072.jpg
砂防堰堤を越えると河原です。

170504P5045722.jpg
水晶沢出合で

170504P5047073.jpg
ところどころに小さな滑床が顔を出す。



170504P5045735.jpg
善六のタワにつながる枝沢

170504P5045737.jpg
滝は有りません。

170504P5045738.jpg
善六のタワから善六山へ急峻な尾根をロープを出して登ります。

170504P5047078.jpg

170504P5045743.jpg
3ピッチ(約70m)登って尾根にでした。

170504P5045747.jpg
善六のタワまで一登り。

170504P5047079.jpg
善六山頂からの眺め(権現山)

170504P5045759.jpg
急な斜面を下って塩地窪沢に下ります。

170504P5047085.jpg
きのこ? 初めて見ました。何と言う植物だろう?

170504P5047087.jpg
見上げる山は緑に輝いていました。

今回はスマフォのGPS機能が谷間でも使えるかどうかの試験を行った。    
   赤線:uconのGPS(ガーミンetrex30)の軌跡   ポイント数:1195
   青線:ヤビツさんのスマフォ(アイフォン)の軌跡。 ポイント数: 340gpsスマフォの軌跡
ポイント数が約3倍違うので細かくは違いがあるが実用上は受信的にはスマートフォンでも十分使えることが分かった。
その他の機能については検証中のため後ほど結果を追記します。
 電池の持ち:
 携帯性   :
 防水性   :  


END
[ 2017/05/05 08:01 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)

鬼石沢

日程   :2017年4月30日
場所   :丹沢 大滝沢 鬼石沢
メンバー :みかんさん、popoさん、ミドリさん、ケンちゃん、ucon
天気   :快晴
ルート&タイム
大滝沢取水口8:40→9:36一軒家(避難小屋)9:58→10:10F2/F311:51→13:22鬼石→14:30稜線14:42→(登山道下山)→15:47一軒家(避難小屋)15:56→16:43大滝沢取水口
170430170430 鬼石沢軌跡

記録

170430P4307014.jpg
今日はGW中の日曜日。車が多い。

170430RIMG3308.jpg
まわりは春真っ盛り。

170430DSC00013.jpg
きれいだな~。

17043020170430 0004
一軒家避難小屋に到着しました。

170430DSC00021.jpg
ここから鬼石沢に入ります。張り切る仲間たち。

170430DSC00026.jpg
F2に到着。(F1は雨棚50mで避難小屋の下流にあります)

17043020170430 0014

170430RIMG3318.jpg



17043020170430 0024
すぐにF3です。

17043020170430 0025
ここは空身でアタック。



17043020170430 0029
我々5人と追いついてきたパーティー6人が入り乱れてワイワイガヤガヤ。



170430DSC00043.jpg
しばらくゴーロを歩いてスラブ滝。

170430DSC00050.jpg
時々現れる滑床。



17043020170430 0035
ここは何処? どっちに行くの? ・・・・・意見はバラバラなのでリーダーの独断と偏見&思い込みで右に行きます。

170430DSC00038.jpg
なにはともあれ腹ごしらえ。

17043020170430 0050
堰堤の上に大岩が。イヤ!あれは大岩の下に堰堤を作った???とか訳の分からぬ話をしながら。

170430P4307024.jpg
沢の名前の由来となった鬼石が見えてきた。

170430DSC00054.jpg
鬼石(舞台)の上で鬼ババ達と記念写真。

17043020170430 0046
岩の下を潜って行きます。

170430DSC00074.jpg
大岩が立ち塞がっている。ここが核心だった。(チョイと裏技で越えました)



170430DSC00064.jpg
詰めも近い。

170430P4307030.jpg

170430DSC00088.jpg
あそこが稜線(登山道がある)です。あと一息。

17043020170430 0062
到着です。










end
[ 2017/05/03 08:02 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。