FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2017年12月

富士山(須山口)

日程    :2017年12月29日
場所    :富士山 須山口登山道(第二火口縁まで)
参加者   :ucon
天気    :晴れ
コース&タイム
水が塚P7:45→11:17第三火口分岐→12:22第二火口縁→(往路下山)→15:00水が塚P
171229 須山」登山道軌跡

記録
暮れも押し詰まり久々に富士山南麓にスノーシューで歩けないかな?と出掛けた。
結果は惨敗、下半分は雪のゆの字もなしで上はまばらに10cm程度の雪でスノーシューの出番は無し。
ただ登山道は踏み固められた雪が固まってツルツル、アイゼンもチェーンアイゼンも持って行かなかったので
登りは苦労した。下ることにはそれも柔らかくなっていて知り餅を突かずに済みました。

PC290284.jpg
快晴の富士山。

PC290285.jpg
1620m付近。

PC290286.jpg
2150m。

PC290287.jpg
第二火口縁(2355m)。宝永山に雪はない。

PC290288.jpg
本峰も雪が少なく夏道がクッキリ見えました。

PC290291.jpg
下山後の富士。青空だが宝永山辺りは風が強そう。

スノーシューは出来なかったけど気持ちのよい登山を満喫しました。


end
[ 2017/12/30 11:20 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

幕山

日程    :2017年12月25日
場所    :湯河原 幕山 桃源郷
参加者   :みどり(L)、popo、ikuko、ucon
記録
今日は名古屋から東京の自宅に帰ってきているみどりさんの企画で幕山でクライミング。
天気は快晴、風が強かったが暖かくタップリ楽しむことが出来ました。
私以外の人たちは積極的でそれぞれ初めて?だろうリードも体験し喜んでいました。

171225DSC02554.jpg
快晴の梅林を岩場に向かって、ヨイショヨイショ。

171225DSC02560.jpg
popoさんのクライミング


※他パーティーの声が入っています。



171225DSC02579.jpg
登っているのはみどりさん。

みどりさん、初リード


171225DSC02583.jpg
リーダーは眠っちゃったよ。




171225DSC02599.jpg
タップリ遊んだし、そろそろ日も陰るので帰りましょ。



end
[ 2017/12/26 09:55 ] 岩登り | TB(0) | CM(0)

赤城・地蔵岳

日程    :2017年12月20日
場所    :赤城山
参加者   :みかんさん、popoさん、ucon
天気    :快晴
コース&タイム
おのこP8:33→10:34地蔵岳10:54→11:33小沼→12:12長七郎山12:44→13:02小沼→14:10覚満淵→14:34おのこP
171220 地蔵岳軌跡

記録
やぶ沢倶楽部の山行に参加。

赤城地蔵岳DSC00008
おのこP 雪は有りません。

赤城地蔵岳DSC00002
黒檜山は霧氷が張りついていた。

赤城地蔵岳DSC00011
大沼と赤城神社。湖面にさざ波も見えないのは薄氷があるのかも?

赤城地蔵岳DSC00014
この辺りから登り始めましょう。

赤城地蔵岳DSC00019
お疲れ~

赤城地蔵岳DSC00027
地蔵岳も霧氷に覆われている。

赤城地蔵岳DSC00031
ヨイショヨイショひたすら黙々と

赤城地蔵岳DSC00043
抜けるような青空と霧氷

赤城地蔵岳DSC00047
やっと地蔵岳山頂に。

赤城地蔵岳DSC00052
可愛いお地蔵さん。

赤城地蔵岳DSC00059
記念写真。

赤城地蔵岳DSC00061
こちらのお地蔵さんは頭がない?なぜだろう?

赤城地蔵岳DSC00063
霧氷を接写

赤城地蔵岳DSC00064
大沼の向こうに黒檜山。日が当たって大分霧氷が落ちている。

赤城地蔵岳DSC00071
地蔵岳の山頂はアンテナだらけだった。

赤城地蔵岳DSC00083
小沼。全面凍結しているようだ。

赤城地蔵岳DSC00097
やっぱり凍っていた。

赤城地蔵岳DSC00109
長七郎山に向かって。

赤城地蔵岳DSC00118
長七郎山山頂でお茶して、記念写真を撮ってイザ出発!と思ったら

赤城地蔵岳DSC00119
みかんさんが「ストックが無い」と言いだして戻って探しに行くことに。

赤城地蔵岳DSC00123
ストックは無事見つかって氷の上で遊びます。

赤城地蔵岳PC200329

赤城地蔵岳DSC00129
軽いpopoさんは氷の上を・・・重めの私は陸上を。

赤城地蔵岳PC200253

赤城地蔵岳DSC00143
鳥居峠に着きました。ここから覚満淵に下ります。

赤城地蔵岳DSC00146
覚満淵

赤城地蔵岳DSC00151
全面凍結している。

赤城地蔵岳DSC00158
ここでも軽い人は氷の上。

赤城地蔵岳PC200283

赤城地蔵岳PC200266


赤城地蔵岳DSC00161


end
[ 2017/12/22 14:42 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

ロープワーク

日程    :2017年12月19日
場所    :広沢寺周辺
参加者   :みどり、popo、ucon
天気    :快晴
内容    :私は所用があり1時間遅れての参加。

着いたときみどりさんとpopoさんは確保していたフローの自己脱出のおさらいをやっていた。
PC190237.jpg

確保車(フォロー)の自己脱出

リードが宙づりになりロアダウンするだけのロープが確保しているフローの手元に残っていないときはどうするか?
・先ず確保器のところでミュールなどで仮固定し自分の両手を使えるようにする。
・近くのビレーポイントなどを使い、メインロープにフリクションノットでスリングなどを付けて荷重を移動し自分はフリーに
 なる。
以上が動画の内容です。
自由になったフローは助けを求めに行ったり、ソロクライムしてもうい本のロープで上から宙づりのままのリードを
振り分け懸垂などで救助することが出来ます。

振り分け懸垂

このシステムを作って宙づりになっているリードのところまで下りて行き、宙づりのリードに枝にしたスリングを付けて
宙づりになっているメインロープをナイフで切断し、自分側のロープにリードを移して下降する。

1/3システム

理論上1/3の力でぶら下がっている荷重(人や物など)を引き上げることが出来ます。
ポイントは使うカラビナは出来るだけ太く滑りの良い物を選ぶこと。滑車があればなお良いです。
また戻り防止にはマッシャーなどのフリクションノットを使ったり、タイブロックなどのアッセンダーや確保器(ディセンダー)
などを工夫して使う。

以上のような技術は滅多に使わない(使うようだと困る)けど、知っておくと気持ちや行動に余裕が持て、より安全に
アルパインや沢登りを楽しむことが出来る・・・と思うのですがいかがでしょうか?
またここに使われる個々の技術は救助だけでなく困難な登攀(前進)に使うことで今では死語になっている
「より高くより困難を」を実践できると思うのですが・・・これも古いかな~

時々これらを練習すると頭や指先、身体を使うので認知症予防には効果があると思います。

end
[ 2017/12/22 14:40 ] 登山教室 | TB(0) | CM(0)

キャラバン GK10

日程    :2017年12月16日
記事   
5年振りに3シーズン靴を新調した。

キャラバン GK10
DSCN0039.jpg
キャラバンのフラッグシップモデル、グランドキング10(GK10)
ワンタッチアイゼン装着可でアッパーにはケプラー繊維を織り込んだナイロン生地を使っている。
価格は38800円(税別)と高価だった。

AKU フィッツロイ
DSCN0040.jpg
約5年使ったが頻度は少ない。

比較
DSCN0028.jpg
左がフィッツロイで右がGK10
フィッツロイは爪先が細くなっている。GK10は膨らんでいる。
履き心地はフィッツロイは爪先が細いので5本の足指が両側から締め付けられ登りはまだ良いが下りは痛くて地獄だった。
多分履いたことは無いがハイヒールの履き心地に近いかも知れない。
GK10は3Eをうたっているだけあって爪先がズングリと膨らんでいるので室内での試し履きでは足指の締め付けは
なく楽そうな感じがした。(と言うかそれを狙って買い換えた)

データ
              フィッツロイ        GK10
サイズ          24.5cm           25.0cm
重さ(片足)       790g             795g


参考:ケプラーの性質  (wikipediaから抜粋)
ケブラーは高強度・高耐熱性であり、同じ重さの鋼鉄と比べて5倍の強度を持つ。
主な用途は船体、飛行機、自転車、ヨットの帆、ボディアーマーや防刃ベスト(防弾チョッキ)などに使用されている。
但し紫外線にさらされると分解する。


早く行きたいな~ 雪山に! 

end
[ 2017/12/16 11:35 ] 道具 | TB(0) | CM(0)

御坂山

日程    :2017年12月13日
場所    :御坂山塊
メンバー  :ucon
天気    :快晴
総登行距離:687m
歩行距離 :11.22km(内半分の6kmは帰りの舗装道路)
コース&タイム
御坂トンネル吉田側入り口P6:38→8:26御坂峠→9:10御坂山→9:51天下茶屋分岐→10:19天下茶屋
→(舗装道路6km)→11:47P
171213御坂山軌跡

記録
久々に単独でハイキング。

PC130197.jpg
未だ薄暗い。

PC130198.jpg

PC130199.jpg
フェンスの右側を入って行く。

PC130201.jpg
さすが昔の鎌倉往還(今の一桁国道か?)と言うだけあってシッカリした道。

PC130202.jpg
振り返ると木間越しにキリッとした富士山が見える。

PC130204.jpg
落ち葉の絨毯。

PC130205.jpg
ところどころ石積みもある。

PC130206.jpg
御坂峠に到着。

PC130208.jpg

PC130209.jpg
日陰には雪がうっすらとある。

PC130211.jpg
稜線の道。北風ビュンビュンでとても寒い。もしかしたらー10℃くらい?

PC130213.jpg
林が切れ「サテ富士山を・・・」と思ったら送電線が・・・・・

PC130214.jpg
御坂山に到着したので久々にハイポーズ!  出来上がった写真はイメージとかけ離れていてガックリ。
もっと写真の腕を挙げなくっちゃ!

PC130215.jpg
太いブナの大木。

PC130216_201712141029377c3.jpg

PC130217.jpg
天下茶屋への分岐。

PC130218.jpg
この道を下りて行くと天下茶屋です。
この道は国土地理院の地形図に載っている道より少し東寄りです。

PC130220.jpg
秀麗な富士山だけど湖(河口湖)が見えればもっと良い。

PC130221.jpg
太宰治の「富士山には・・・・・・・」の碑

PC130223.jpg
天下茶屋前の展望。やっと富士と湖が揃って見えた。

今回は久々の単独行です。
以前は良く出掛けたけどもうすぐ後期高齢者ではバランスが悪くなっているし、何より突然の脳梗塞や心筋梗塞などが
怖い。
まあ死ぬのは仕方ないとして行方不明になったら残された家族や関係の人々に迷惑を掛けてしまいます。
手前みそですが
①計画書を残すこと。
②意識がなくても居場所を知らせるココヘリを持つことにしています。
サテ次は何処へ行こうか?



end
[ 2017/12/13 16:24 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)

谷川岳

日程    :2017年12月10日
場所    :谷川岳天神尾根
メンバー  :みかんさん、popoさん、ucon
天気    :快晴
ルート&コースタイム
天神平8:52→9:53熊穴ノ避難小屋10:03→10:49天狗ノ溜り場→11:41肩の広場→11:55トマノ耳→12:15オキノ耳→
12:24ノゾキ(休憩)12:40→12:53トマノ耳→13:49熊穴ノ避難小屋14:02→14:41天神平
谷川岳軌跡

記録
8日予定していた湯河原幕山が荒天で中止になったのでみかんさんが急きょ今シーズン初の雪山を計画した。
(週末の幕山は我々みたいな下手は肩身が狭くて・・・・)

DSC00007.jpg
快晴の天神平。積雪は30cmだった。

DSC00008_20171211105126ea1.jpg

DSC00013_20171211105136da0.jpg
夏道(巻き道)がハッキリ出ていて楽ちんだ。

DSC00029.jpg
約1時間で熊穴の避難小屋に到着。

DSC00034_201712111051578a8.jpg
どこまで行けるか分からないので取りあえず記念写真を撮って置きましょう。

DSC00035_20171211105208d74.jpg
マナイタグラ

DSC00036_20171211105217b3f.jpg
ここから急登。

DSC00037_20171211105230332.jpg

DSC00038_20171211105239829.jpg
雪が少なく岩が出ていてアイゼンだと歩き難い。

DSC00044_20171211105248996.jpg

PC100061.jpg

DSC00046_20171211105259d05.jpg
至仏

DSC00047.jpg
上州武尊は雪が殆どない。

DSC00052_20171211105319b5b.jpg
はるか彼方に富士山のシルエット。

DSC00059_2017121110532882b.jpg

PC100067.jpg

DSC00060_201712111053395d0.jpg

DSC00063_20171211105349e18.jpg

PC100074.jpg
肩の広場はもうすぐ。

DSC00075_20171211105402c32.jpg
肩の小屋が見えてきました。

DSC00080_20171211105411463.jpg
トマノ耳は通過です。(帰りに寄ります)

DSC00081.jpg
まずオキノ耳に行きます。

DSC00084_20171211105429a6e.jpg

DSC00090_201712111054381c9.jpg
オキノ耳に到着。

DSC00095_20171211105449dd7.jpg
トマノ耳を振り返る。

DSC00101_20171211105504952.jpg

PC100089.jpg
オキノ耳で記念写真。

PC100106.jpg
帰りがけにトマノ耳で記念写真。

DSC00107.jpg
長居は無用トットト下りましょう。

DSC00123_20171211105529134.jpg
天神平が見えてきました。

end
[ 2017/12/11 10:30 ] 積雪期 | TB(0) | CM(2)

ロープワーク(基礎編)

日程    :2017年12月3日
場所    :丹沢広沢寺付近
参加者   :みかんさん、ikukoさん、ヤビツさん、クリ坊さん、kadojiroさん、たまさん、
         berninakeikoさん、かとりんさん、りんごさん、ゆずさん、さくらさん、金さん、ucon
天気    :快晴
記録
今回は沢登りに必要な基礎技術の講習を行いました。
想定は
”10m程度の滝をリードしてビレーシステムを構築しフローを確保して登らせる”として一連の作業と
それに必要な個々の技術の習得を目的にしました。

一連の作業と技術
DSC02048.jpg
先ずは見本です。 フォローがリードを確保(立ち位置やロープの置き方、視線)

・リードが登って落ち口から5mくらい離れた立ち木にメインロープをブーリン(変形)で結ぶ。

DSC02053.jpg
落ち口より少し奥に確保用インラインエイトノット(ロープの伸びしろを考慮し、落ち口近くにセルフビレー用エイトノット
してフォローを見ながら確保。


懸垂で下りてきます。沢では支点が脆弱なことが多いので全体重を掛けた華麗な下降はしないで出来るだけスタンスに乗って
ロープには掴まるような気持ちで支点にショックを掛けないこと。

DSCN7477.jpg
この一連のシステムに使った個別の技術を橋の欄干に並んで練習。





DSC00009_2017120510002080f.jpg
2人一組で交代で実際にシステムを使って登り降りします。

以上で今日のメニューは終りました。

IMG_6833.jpg
おまけ: 時間が余ったのでおまけにソロクライムのシステムを経験しました。

宿題
最後に宿題を出しました。
設問 :ロープに結び目を作ると結び目部分の強度が落ちて切れやすくなりますが何故でしょう?


end
[ 2017/12/04 12:07 ] トレーニング | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。