FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 2019年03月

男体山

日程    :2019年3月28日
場所    :日光
メンバー  :ucon
天気    :雪後晴れ強風
歩行距離 :12.8km
総登高距離:578m
主な道具 :スノーシュー(シフト)
ルート&タイム:
梵字飯場跡駐車場9:35→10:28太郎山林道分岐→11:19志津峠→11:29志津小屋11:40
→12:54標高2000m12:58→13:26志津小屋→15:00梵字飯場跡駐車場
190328 男体山軌跡

記録
今回は27日~4/1日までの5泊6日間で男体山、大小真名子、太郎山、日光白根山を登る
積りで来たがまたもや気力が挫折して男体山の中腹(2000m)までで引き返し、他の山を中止
し帰ってしまった。

27日
自宅を14:30頃出発し圏央道・東北道を経て赤沼駐車場に17:30分頃到着。
赤沼駐車場は1~3月は閉鎖で仕方なく三本松駐車場に移動し、ここを
車中泊BC(ベースキャンプ)と決めた。
明るいうちに男体山、大小真名子、太郎山の登山口(駐車場)を下見に出掛ける。
光徳牧場への道路から林道に入ると雪道になる。四駆&スタッドレス&車高上げ
だからタカを括ってツルツル滑りながらも梵字飯場跡に到着し、駐車場としてOK
と判断し、念のためチェーンを装着してUターンのため轍がかすかにのこる雪面に
入ったらいきなりスタックしてしまった。
見ると右前輪と左後輪が空転してしまい脱出できない。いわゆる対角線空転だ。
デフロックがあれば空転をしないのだがなんちゃって四駆の悲しさである。
スコップで効いている車輪の下を掘るが下手すると腹を着いてしまい更に悪くなるので
やめ、木の枝を集めて空転している車輪の下に噛ましてみたが空転は止められない。
そうこうしているうちに暗くなってしまい今夜はここで車中泊と決めた。

28日
グッスリ寝て目覚め、気持ちを新たに脱出を試みるが駄目!
仕方なくJAFに助けを求めることにしたがスマフォの電波がないので電波を探して
舗装道路に向け歩く。
舗装道路の200m手前で何とスノーモービルが後ろ(梵字方向)から来た。
手を上げて停まってもらったら鉄砲を担いだ猟師さんであった。
困っている事情を話したら「お爺さんでは可哀そうなので助けてやるか、後ろにのれ」
と憎らしくも嬉しい言葉をいただいてモービルの後ろに跨り、猟師さんにしがみ付くと
「俺に抱き着くな!後ろの取っ手に捕まれ」と叱られてしまった。
走りだしたら早い早い、雪面をバイクのように走る。初めてモービルに乗ったが怖い。
あっと言う間に梵字に着きロープを使ってモービルで引っ張ったら簡単にスタックから
脱出できた。
猟師さんに「軽でこんな行き道を入りこむなんてどうかしている!反省しなさい」と叱ら
れてお礼を言う間もなく猛スピードで消えて行かれました。
それにしてもスノーモービルの猟師さんに出会ったのは天の助け、仏さまのように見え
感謝感謝です。ありがとうございました。

さて、どうするか暫し思案。
明日からは天気は悪くなるのは分かっている。で、もう9:30近い、今から男体山登頂は
無理、だけどこのまま帰る訳にもゆかず、また明日朝ここに戻ってきてまたスタックしたら・・・
と考えて結局登れるところまで男体山に行ってみようを決めた。

P3282735.jpg
スタックから救出してもらった愛車。
サンバーもこころなしか嬉しそうだ。

P3282718.jpg
延々と雪の林道を5.5km歩いてやっと志津峠に到着。

P3282719.jpg
男体山への登山道。

P3282721.jpg
すぐに志津小屋がありました。

P3282720.jpg
小さな二荒山神社の祠。

P3282723.jpg
もう一つありました。

P3282724.jpg
男体山への登山道はこっちらしい。

P3282726.jpg
二合目に到着

P3282728.jpg
三号目に到着

P3282730.jpg
標高2000m、時間はそろそろ午後1時。
雪は深く、木々の枝が垂れ下がりすこぶる歩きにくい。
もう体力もなく気力も萎えたのでここで撤退することにした。

P3282731.jpg
下山途中で見えた太郎山。

P3282733.jpg
こちらは大真名子。

P3282734.jpg
ヘロヘロになって梵字飯場跡駐車場に戻ってきました。
サンバーは一人ポツネンと待っていてくれました。

帰りの雪道はチェーンを付けているのにツルツルであっちへ向いたりこっちを向いたり
林道脇の笹の吹き溜まりに入りたがるのをなだめしかしてやっと舗装道路にでました。
実は今回梵字までの雪は消えているだろうとの想定だったが今年は雪解けが遅いのか?
では雪のない秋頃にリベンジすることを心に決めて今回はこれで帰ることにしました。

end
[ 2019/03/30 12:47 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

ミツバ岳

日程    :2019年3月26日
場所    :西丹沢
メンバー  :ucon
天気    :曇り
歩行距離 :4.05km
総登高距離:490m
ルート&タイム
P6:33→6:37滝壺橋→7:44山頂8:16→9:22P
190326 ミツバ岳軌跡

記録
毎年気にしているがチャンスが巡ってきたときは既に花の盛りを過ぎていたので
今年こそはと満を持してきたが・・・やっぱり遅かった・・・・

DSCN1632.jpg
駐車場には一番乗り。

DSCN1634.jpg
滝壺沢。数年前には単独で登ったけど今は無理!
懐かしいな~

DSCN1635.jpg
橋の袂が登山口。
シーズンなのでシッカリ踏み固められ整備もされている。

DSCN1640.jpg
少し登ると杉林の中にミツマタの群落が見えてきた。

DSCN1638_20190326173833bbc.jpg
既に盛りを過ぎていたが何とか良さそうなのを探してパチリ。

DSCN1650.jpg
山頂からミツマタ越しに丹沢湖。

DSCN1645.jpg
記念写真。

DSCN1642.jpg
早いけど腹ごしらえします。

DSCN1658.jpg
下りの途中で数組のパーティーに出会ったが流石ミツバ岳はウィークデーでも賑やかだった。

END
[ 2019/03/26 17:27 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)

大室山

日程    :2019年3月20日
場所    :丹沢
メンバー  :ucon
天気    :快晴
歩行距離 :8.04km
総登高距離:1094m
ルート&タイム
椿林道7:22→(ヤケハギ尾根)→9:36前大室→9:52破風口→10:35犬越路分岐
→10:41大室山10:53→(北尾根)→11:15大岩→12:38林道→12:50車
190320 ヤケハギ尾根軌跡

記録
雪が降ったら行こうと思っていたヤキハゲ尾根、いつまで待っても降らないし、
もう春なのでシビレを切らして出掛けました。

P3202682.jpg
ヤケハギ尾根の取り付きの林道(生活道路)の脇に駐車させていただきました。
左に上がったところに運動場のような広場があります。

P3202683.jpg
駐車したそばにミツマタが咲いていました。
今年こそ有名な?ミツバ岳に行かないと。

P3202687.jpg
ヤケハギ尾根上の甲相国境稜線のすぐ下に小さな小さな木製の祠がありました。

P3202691.jpg
加入道と大室山の間の前大室山に着きました。
前大室って言うからには道志村から見た名前なのでしょうね。

P3202693.jpg
今シーズンはあまり雪が無かったのに3月になって真っ白になった富士山。
小富士もシッカリ見えます。

P3202695.jpg
大室山。
北西の斜面には山頂から200mくらい下まで雪が残っています。

P3202696.jpg
破風口。

P3202699.jpg
標高1500mの尾根上には雪が残っていた。

P3202700.jpg
山頂で記念写真。
今日は暑いのでかなりの軽装です。

P3202703.jpg
大室山北面の仮称ブナ平らの雪景色。

P3202708.jpg
北尾根名物の大岩。
大き過ぎるので全部を撮れません。

P3202712.jpg
標高780m付近にある斜面に着き出している大岩。

ヤケハギ尾根
標高差約800m。急な尾根で途中にピークはありません。
半分は杉の植林のなかだけど上部は馬酔木やシキミなどの気持ち良い尾根になり
ます。(馬酔木もシキミも有毒で鹿が食べないらしい)
やっと判別できる踏み跡がありますがやっぱりここは雪があってスノーシューで登る
尾根です。
下る場合は枝尾根に引き込まれやすいのでそれなりの技術と装備が必要かもです。

大室山北尾根
こちらも踏み跡はとても薄いので下る場合は要注意です。
特に山頂から標高1100mくらいでシッカリした尾根に乗るまでは広い斜面状の尾根で
しかも杉の植林で地形が分かりずらいのでルーファイが重要です。
今回はピンクのテープがありました。
(テープは誰が何のために付けたものか分からないので要注意)

end
[ 2019/03/20 16:28 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)

越前岳

日程    :2019年3月17日(日)
場所    :愛鷹山塊
メンバー  :ucon
天気    :晴れ後小雪
歩行距離 :約10km
総登高距離:約900m
ルート&タイム
山神社駐車場7:08→8:10大杉→9:10割石峠→9:26呼子岳→9:42高場所分岐→10:30越前岳
→11:54富士見峠→12:15黒岳→12:35富士見峠→13:15山神社駐車場
190317 愛鷹山軌跡

記録
以前から気になっていた大沢から割石峠へのルートを歩いてみたくてやって来ました。
ついでに黒岳も。

KIMG0156.jpg
広い山神社駐車場。右から2番目の白いジムニーが我が愛車。

KIMG0157.jpg
大沢の渡河点。水は無かった。

KIMG0158.jpg
位牌岳への道を分ける。

KIMG0160.jpg
太い杉。

KIMG0162.jpg
この二俣は左へ。指導標が整備されているので迷うことはない。・・・と思う。

KIMG0163.jpg
割石峠に到着。
もっと急峻なルートかと思っていたが手を使うようなところはなく
山神社駐車場から2時間で来ました。

KIMG0166.jpg
縦走時に見るおなじみの景色。今度これを通ってみよう。
地形図でみると急峻な狭い高さ100mのルンゼ、落石があったら避けようがない。
上から見た限りビレーポイントは無さそうだ。

KIMG0169.jpg
呼子岳。

KIMG0171.jpg
地形図には呼子岳から大岳を通って須津川へ行く道が記載されているが
廃道になっている。他の記録によると呼子岳直下の50mが急峻で危なかったとある。
今年はここを登ってきて割石峠からルンゼを下降するルートを歩いてみたい。

KIMG0173_01.jpg
去年来た高場所への分岐。

KIMG0175_01.jpg
越前岳が林間に聳えている。実際の標高差は約200m。

KIMG0178.jpg
越前岳到着。
もう少し控えめな記念写真にしたかったが左手の長さに限りがあるので。

KIMG0184_01.jpg
黒岳に向かって下山中に見た位牌岳と鋸岳。

KIMG0187_01.jpg
富士見峠。でも富士山は晴れていても木々に隠れて見えません。
いつもは右に曲がって下るけど今回は直進して黒岳に向かいます。

KIMG0193_01.jpg
黒岳山頂。

KIMG0195.jpg

KIMG0197.jpg
黒岳山頂近くに大きな杉が何本もありました。
巻き尺を持ってくれば良かった。

KIMG0198.jpg

KIMG0202_201903181322214b3.jpg
山神社駐車場に戻ってきました。

黒岳山頂付近では俄かに小雪がチラついたけどまあまあの天気で楽しかったです。
6月頃には呼子岳、割石峠のルンぜ絡みの山行をやりたいな~。

end
[ 2019/03/18 11:36 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)

小出俣山

日程    :2019年3月12日
場所    :谷川岳上州側前衛峰
メンバー  :みかん、popo、ucon
天気    :快晴
歩行距離 :12.83km
総登高距離:1156m
使用した主な装備:スノーシュー
ルート&タイム
川古温泉7:30→(林道)→8:56千曲平→11:17大岩→12:55山頂13:19→14:04大岩
→15:52千曲平→(林道)→17:06川古温泉
190312 小出俣軌跡

190312 小出俣軌跡拡大図
尾根部分を拡大する。
途中2か所の隠れピークはあるがほとんどは急こう配の尾根。

記録
少し遅いかな?雪は残っているかな?薮尾根は嫌だな!と思いながら小出俣山に行ってきました。
林道の1/3は既に土が見えていて、尾根の最初の高さ200mくらいまではところどころ地肌が見えていた。

01_20190313174732683.jpg
左の建物はトイレです。
それにしても聞いていた登山者用駐車場にしてはチョット狭いな~。

02_20190313174748224.jpg
出掛けましょう。

03_201903131748067f8.jpg
沢の向こうに養魚場があります。が、大出又沢川??

04_20190313174823999.jpg
橋には小出俣と書いてあります。

05_2019031317483774d.jpg
すこし行くと左側に広場がありました。
どうやらここがいろいろな記録に書いてある登山者用?駐車場らしい。
でもトイレはありません。

07_201903131749009a7.jpg
先にはホテルらしき建物が見えます。
これが川古温泉らしい。

06_2019031317484957f.jpg
このゲートのある林道を行きます。

08_20190313174911983.jpg
ゲートの脇から林道に。

09_20190313174923990.jpg
崖崩れ。
最初は雪は融けていました。

10_2019031317493609a.jpg
1kmくらいで雪が出始めました。

11_20190313174948022.jpg
発電用の取水施設です。

13_20190313175007ec3.jpg
雪が次第に増えてきました。
右手の上が阿能川岳あたりか?

14_20190313175025281.jpg
阿能川岳?

15_20190313175035cd3.jpg
スノーシューを装着しました。
TUBBSです。

16_20190313175049b98.jpg
アレ! 同じ人? 服装のスノーシューも同じようなので区別しにくいです。
ちょこっと見えるストックの色からこっちがみかんさんで先のがpopoさんらしい。
二人ともこのスノーシューは脱着がワンタッチで楽ちんと言っています。

17_20190313175103c19.jpg
千曲平に着きました。反対側の欄干には「ちくまたいらはし」と書いてありました。
どっちが正しいの? 
地形図にはこの辺りを千曲平と表記してあります。

18_2019031317513860b.jpg
ここから尾根に取り付きます。

19_201903131751574a5.jpg
素直に成長したブナ。

21_20190313175212a9b.jpg
ブナ林を登ります。

22_2019031317522464f.jpg
次第に尾根状になってきました。

23_20190313175238446.jpg
快晴、最高です。

24_20190313175252b99.jpg

25_20190313175305926.jpg
大岩の手前で。

26_20190313175320901.jpg

27_20190313175340750.jpg
ヒノキとシャクナゲを寄せ植えした盆栽のようです。

28_20190313175353f4e.jpg
標高1400mにある大岩は右から巻き上がりました。

30_20190313175408c90.jpg
ちょっと怖かった。

31_20190313175437a8f.jpg
上から見たところ。

32_201903131754503d6.jpg
真っ新の尾根を更に登ります。

33_2019031317550492a.jpg
あれが山頂か?
斜面の雪には大きな亀裂が走っていた。
ルートは更に右を通るので心配ありません。

34_20190313175517647.jpg

35_20190313175529e05.jpg
ジジババ達は前かがみになって、ジックリジックリ前進します。

36_20190313175540450.jpg

37_20190313175600b96.jpg
「速く歩いてよ」
「待ってくれ~」

38_20190313175613fea.jpg
popoさんとみかんさんは元気です。

39_201903131756233f2.jpg
「ハアイ」と。

40_201903131756385f6.jpg

41_2019031317565275d.jpg

42_201903131757085e8.jpg
左の奥に見える山々は赤城、右の奥は春名、手前の平らな山頂は吾妻耶山。

43_201903131757294de.jpg
私は景色や写真どころではありません。ゼイゼイ。

44_2019031317574360b.jpg
阿能川岳より上がってきました。
山頂は近いぞ!

45_201903131757566cd.jpg
左はマナイラグラの岸壁で右奥はトマ、オキの耳。

46_2019031317584606b.jpg
山頂は未だか~

47_20190313175900e91.jpg
二人は元気です。

48_20190313175919539.jpg

49_20190313175938d0b.jpg

50_20190313175955df6.jpg
いつも遥か後ろで下を向いてエッチらしているのはuconです。

51_20190313180013841.jpg

52_2019031318002639a.jpg

53_2019031318004299e.jpg
紺碧の空と雪とオバサン二人。

54_20190313180100497.jpg
左は万太郎で右のポッコリ丸いのはオジカの頭。

55_20190313180118254.jpg
マナイタグラと谷川岳(オキ、トマの耳)

56_20190313180148c27.jpg
記念写真。
今日は尾根から転げ落ちて(滑落)立ち木に頭をぶつけても痛くないようにヘルを装着。

62_2019031318022545f.jpg
山頂から5m下りて風を避けお昼にしました。

60_2019031318024030a.jpg

61_201903131802555d6.jpg

63_20190313180312cdc.jpg
あれは上州武尊。
右奥に霞んでいるのは日光白根か?

64_20190313180328b78.jpg
そろそろ下りましょう。

65_2019031318034597c.jpg

66_2019031318040371d.jpg
熊がブナの実を食べた跡らしい。

67_20190313180424f72.jpg

69_2019031318044389f.jpg

70_20190313180515cd6.jpg
大岩の巻きは念のためロープを付けました。なにしろ老々登山だからね。

72_20190313180553c6b.jpg

71_20190313180537435.jpg

73_201903131806156d9.jpg

74_20190313180631b45.jpg
木に巻き付けて確保。
滑ってもスピードが付く訳ではないのでロープは7mmのパワーロープです。

75_20190313180649053.jpg
大分下りてきて薮が出始めました。

76_201903131807152ab.jpg
千曲平に到着。

77_201903131807340fb.jpg
林道をスノーシューでテクテク。

78_20190313180750ed2.jpg
ゲートまで戻ってきました。

79_2019031318080536a.jpg
車に到着です。

スノーシュー
今回は登りも下りもスノーシューを履いたままでした。
みかんさんとpopoさんはTUBBS、私はMSRの22インチライトニングアッセント。
両方ともヒールアップするとまるで階段を登っているように楽?でした。
TUBBSは平地用で斜面に弱いと聞いていたが雪の状態にもよるけど今日はか
なり急な雪面の上りも下りもMSRと変わらない様子でた。

end
[ 2019/03/13 16:45 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

二つ塚

日程    :2019年3月9日
場所    :富士山 御体内ルート
メンバー  :ucon
天気    :快晴風強し
歩行距離 :7.8km
総登高距離:682m
ルート&タイム
須山口下山歩道入り口7:30→7:48御体内→8:39幕岩→9:00四辻→9:20上塚→9:40下塚
→9:55四辻→(沢)→10:53幕岩→11:31御体内→11:44須山口下山歩道入り口
190309 二ツ塚軌跡

記録
今シーズン初めて富士山が真っ白になったので早速毎年恒例の二つ塚に行ってきました。

P3092606.jpg
御胎内入り口の広場。
今日は土曜日なのにまだ私の車だけです。

P3092607.jpg
道の雪はこんな感じです。

P3092608.jpg
御胎内に着きました。

P3092610.jpg
ご神体。
長さ10mくらいの風穴です。
入ってはいけないと書いてあります。

P3092611.jpg
その側にある短い(2m位か)トンネル。

P3092618.jpg
二つ塚麓の四辻に着きました。

P3092613.jpg
四辻から周りを見回してみます。
これは宝永山(左)と右が本峰。

P3092614.jpg
上塚

P3092615.jpg
下塚

P3092616.jpg
愛鷹連峰

P3092617.jpg
天狗塚

P3092622.jpg
上塚山頂からの宝永山と右が本峰。
風が強くて寒かった~。

P3092623.jpg
愛鷹連峰

P3092630.jpg
いちおう記念写真。

P3092632.jpg
上塚から下塚を見る。

P3092640.jpg
下塚山頂。いつも上塚から見ていたけど初めてここに来ました。

P3092641.jpg
下塚山頂から見た上塚、宝永山、本峰。

P3092649.jpg
ここでも証拠写真を1枚。

P3092651.jpg
下山に使った沢。

雪面は固まっていたのでツボ足でもよかったが折角持ってきたのでスノーシューで歩いてみました。


P3092656.jpg
幕岩まで来て風がなくなって暖かだったのでお昼です。

P3092659.jpg
Pに戻ってきたら車が一杯だった。流石土曜日です。

END

[ 2019/03/09 18:00 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)

大山北尾根

日程    :2019年3月5日
場所    :相州大山
メンバー  :ikuko、みかん、ucon
天気    :曇り
歩行距離 :11.5km
総登高距離:1083m
ルート&タイム
札掛7:37→8:37一の沢峠→(考証林で巨木廻り)→10:45北尾根取り付き→14:20大山山頂直下
→地獄沢左岸尾根→16:03道路→16:30札掛
190305 大山北尾根軌跡

記録
今日は札掛考証林の巨木見物とそれが終ったら大山北尾根を山頂直下まで
登り、地獄沢左岸尾根を下ることにした。

01_20190308094336387.jpg
札掛の駐車場。

02_2019030809474128d.jpg
この駐車場は漁業組合の管理地で釣り客専用らしい。

03_20190308094753478.jpg
しばらく県道を宮ケ瀬湖方面に歩く。
雨上がりなので道路は濡れているが快晴だ。

04_20190308094804637.jpg
ここから一の沢峠、物見峠越えの登山道に入る。

05_201903080948170ca.jpg
布川に掛かる立派な橋。

06_20190308094830f49.jpg
橋を渡るとすぐに立派なモミがあった。

07_20190308094841076.jpg
一応根回りを測りましょう。

RIMG0483.jpg

08_201903080948546f5.jpg
スクッと立った気持ち良い木です。

09_20190308094904d83.jpg
根回りは約4m43cmでした。
(但し木が斜面に生えているので巻き尺を同じ高さのところに巻くのが困難なので大よそです)

10_20190308094914e37.jpg

11_201903080949286e3.jpg
なにやら巨木の気配が。

12_201903080949371f9.jpg

13_20190308094946df8.jpg
昔はキチンと整備されていて登山道ですが最近は利用者が少なくなり、また行政の
予算の関係で荒れ気味です。

14_20190308094957384.jpg
これは?

15_20190308095007eb8.jpg
根元に№4 ケヤクと書いた杭がありました。

16_201903080950197ab.jpg
このケヤキもスクッと立っている。
ケヤキは根元から枝分かれする傾向にあるが他の木々と太陽の光をを奪い合う
立場なので上に上にと伸びたのかもしれません。
また、これは野生のケヤキでしょうか?

17_20190308095035f2b.jpg
モミ

19_20190308095104433.jpg

20_20190308095115e09.jpg

21_201903080951264e5.jpg
この程度では見向きもしません。

22_2019030809513640f.jpg

23_20190308095146b3a.jpg
一の沢峠は近い。

24_201903080951568c4.jpg
峠に着きました。

25_20190308095209908.jpg
モミ

26_20190308095220d9a.jpg
丹沢山方面は昨日雪が降ったらしく雪景色。

27_2019030809523445d.jpg
これは?アカマツ?

28_201903080952441a0.jpg

29_20190308095257876.jpg

30_20190308095310715.jpg
ヤブツバキ

31_20190308095325e29.jpg
太郎、次郎杉に会いに急な斜面をおります。

32_20190308095339f02.jpg

33_201903080953494e3.jpg
杉ではありません。どうやら名も無きモミらしい。

34_20190308095404906.jpg
オッ 太郎杉か? →いえ、次郎杉です。

35_20190308095418307.jpg
こちらは次郎杉? →だから~ こっちは太郎です。 

36_2019030809543242c.jpg
早速根回りを計測します。

ここで今回出会った巨木たちの位置と情報を。
考証林
旗印が巨木が居たところです。

P3082604.jpg

37_20190308095443bf6.jpg

38_20190308095455c02.jpg

39_20190308095509e96.jpg

40_20190308095522d1c.jpg

41_20190308095543777.jpg

42_2019030809555442f.jpg

43_20190308095630b2c.jpg

44_201903080956402bd.jpg

46_2019030809565483b.jpg
トチ

47_20190308095704f1c.jpg
トチとホウはよく似ているが葉っぱで区別できる・・らしい。
左:ホウ 葉が大きく柄が長い。
右:トチ 葉は比較的小さく柄が短い。

48_201903080957192f7.jpg

49_20190308095730c6b.jpg

50_20190308095743a5b.jpg

51_20190308095753620.jpg

52_201903080958049a8.jpg

53_20190308095818d13.jpg

54_20190308095828dda.jpg

55_20190308095843bad.jpg

56_20190308095858397.jpg
トチ

57_20190308095909969.jpg

58_20190308095920b70.jpg
往路で通過した橋。一周しました。

59_20190308095931cf3.jpg

60_20190308100001cdc.jpg
モミ 

61_20190308100014140.jpg
根元には空があった。

62_20190308100024c7a.jpg
さッ 巨木廻りは終了して大山北尾根を登りましょう。

63_20190308100036d41.jpg

64_201903081000478f7.jpg
大山三峰

66_20190308100109ff6.jpg
陽だまりでお昼にしましょう。

67_20190308100121b8c.jpg

68_20190308100132e89.jpg

65_20190308100059dd7.jpg
私のメニュー
茶托は伊達ではありません。雪や冷たい土の上でもコーヒーが冷めないように。

69_20190308100144f6f.jpg

70_20190308100154411.jpg

71_201903081002058df.jpg
ikukoさ~ん、ゆっくりお願いします。

72_20190308100217e74.jpg
標高1100mで雪が出始めました。

73_20190308100226e43.jpg

74_2019030810023639b.jpg
75_20190308100247af1.jpg

76_20190308100258963.jpg
大山山頂

77_201903081003095ed.jpg

78_201903081003229e5.jpg

79_20190308100335f02.jpg

80_20190308100348e7d.jpg

81_20190308100402b6f.jpg

82_20190308100413112.jpg
雪が増えてきた。

83_2019030810042556f.jpg
この尾根(地獄沢左岸尾根)を下ります。

84_2019030810044579b.jpg

85_201903081004562dd.jpg
三の塔方面に急に黒雲。

86_20190308100551f19.jpg
少し塩手が降ってきました。
下りましょう。

87_2019030810060027f.jpg
この尾根には稜線から下の県道までモノレールが施設されています。

88_20190308100611a37.jpg

89_20190308100624a9a.jpg
大きめのケヤキがありました。

90_20190308100635757.jpg

91_20190308100646821.jpg
イノシシのヌタ場

92_20190308100655a29.jpg
杉林の中のミツマタの群生。また開花には少し早かった。

93_20190308100710705.jpg
花を見るとついつい夢中で写真を撮ってしまうのがおばさんたちの習性。

94_20190308100719c26.jpg

95_20190308100729f8e.jpg

96_20190308100740e87.jpg

97_20190308100751ddd.jpg

98_20190308100801519.jpg
モノレールの台車の車庫。

99_20190308100812e98.jpg

100.jpg
疲れました。

101_20190308100837538.jpg
県道に出ました。

102_20190308100850b9c.jpg

103_20190308100909e9d.jpg
この株はかなり開いていました。

104_20190308100919450.jpg

105_20190308100933c3c.jpg

106_201903081009436b4.jpg
札掛に着きました。

107_20190308100954e9f.jpg

RIMG0591.jpg


108_20190308101004e00.jpg


end
[ 2019/03/06 21:54 ] 無雪期 | TB(0) | CM(1)

四阿山

日程    :2019年3月1日
場所    :四阿山(北方稜線より)
メンバー  :ucon
天気    :曇り微風
歩行距離 :13.8km
総登高距離:404m
主な道具 :①スノーシュー 山頂アタックの試み時以外はこれで歩行
        ②アイゼン 山頂をアタックしようと履いたがすぐにこころが挫けた。
ルート&タイム
ゴンドラ山頂駅9:21→10:52P2183m→12:02P2332m直下(撤退地点)12:29→13:58下降開始地点
→15:27ゴンドラ麓駅
190301 四阿山軌跡

記録

先日は谷川前衛峰の吾妻耶山で今回は志賀の四阿山です。
別にAZUMAに拘った訳ではなく両方とも私が単独で行けそうな雪山だっただけ。
何しろこちらの四阿山はゴンドラ(9時始発、1200円)で標高約2050mまで登って
しまうので楽ちん雪山(の筈)だったのです。

P3012508.jpg
ゴンドラから山頂駅方面を見る。
ゴンドラの長さは約3kmで13分掛かります。

P3012509.jpg
山頂駅。ウィークデーなのでスキーやスノボー客も少ない。

P3012510.jpg
人が見える辺りから右上にもコースがあるので取りあえずそこを登ります。

P3012513.jpg
登り切ったコース脇に道標がありましたが文字が薄くて読めない。
よく見たら左の矢印板には「四阿山」とあちました。

P3012515.jpg
ここら辺りからコースを外れますが「さて?ここでいいのでしょうか?」

P3012516.jpg
林の隙間がなんとなく登山道のようです。左側のダケカンバに赤布もあるし。

P3012517.jpg
ところどころにかすかにトレースらしき形跡が見られるもその後の新雪でモフモフ状態。
今回はシフトでなくMSRのライトニングアッセント22ウーマンを履いてきて良かった。

P3012518.jpg
このコース2つ目の道標(見落としているかもしれないけど)
四阿山まで2.0kmが消してあります。
地形図で計ったらら約700m、山頂は近いぞ!

P3012520.jpg
振り返ってみると他に登山者は来そうもなく「シーン」としていました。

P3012521.jpg
山頂手前のP2332.9m峰直下から見る。
雪と霧でよく見えないが地形図通り斜面は切り立っています。
地形図ではここから先は雪稜(orミックス?)ルートも急なのでスノーシューからアイゼンに
履き替えてピッケル片手にイザ突撃!

P3012523.jpg
勇ましく雪を蹴散らして登り出したが10m登ったところで急にやる気が無くなってしまい
撤退(敗退)することにしました。

P3012525.jpg
ということでここでノンビリと昼飯です。

P3012527.jpg
スキー場の近くまで下りてきたら麓の景色が見えました。

P3012531.jpg
あっ、そういえば山頂を踏まなかったので証拠写真を撮っていなかった。
ということでここでハイパチリ。

P3012535.jpg
帰りは時間もあるのでスキー場を下ることにしました。
姿のよいダケカンがありました。スキー場建設時に粋な計らいでコースの中に残したのでしょう。

P3012537.jpg
コースの端っこを歩いたり、ゴンドラの下にでたり、林の中を通ったりしながら下ります。

単独もそれなりに楽しいけどやっぱりちょっと寂しいな~。

END
[ 2019/03/02 09:28 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。