FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 西ゼン

西ゼン

日程  :2012年9月24日
場所  :谷川連峰 平標山北東面 魚野川、毛渡沢、仙ノ倉谷、大根下シ沢西ゼン
メンバー:みかんさん(L)、ikukoさん、yamaya
装備  :ロープは8,2mm50mと8mm30mを持参したが30mを1回使っただけだった。
     むしろ15mのお助けロープがあれば重宝だと感じた。
天気  :小雨
コース&タイム:     林道ゲート5:10→5:30毛渡沢出合→7:05大根下シ沢出合→8:10東ゼン出合→第一8:50スラブ終了点→10:50第二スラブ終了点→11:00二俣→(左俣)→13:00稜線の縦走路→13:30平標山頂→(平標新道)→15:40大根下シ沢→16:50林道→17:20ゲート
西ゼン軌跡

記録 23日に出発して夕べはこのゲート前で車中泊しました。

IMGP2480.jpg
ヘッドランプを点けてまだ暗いゲートを通過する。

IMGP2485.jpg
直ぐに明るくなって左側に水力発電の取水堰を見る。

IMGP2487.jpg
毛渡沢出合の渡渉地点。以前はここに吊り橋の残骸が残っていたが今回は全く無くなっていた。

IMGP2491.jpg
渡渉して対岸の登山道に入る。夏草が覆い被さっていて道も定かではないがここで間違いはないハズ・・・
しかしここでこの状態だと下山ルートの平標新道はどんなに荒れているだろうかと心配になってきた。

IMGP2492.jpg
ヤッパリ間違いはない。こんなにシッカリした道標もあります。

IMGP2494.jpg
アレ! あんなところに立派な橋が・・・

IMGP2495.jpg
直ぐに林道にでた!? そしてさっきの立派な橋もある??
そう言えば以前は毛渡沢合流点が林道の終点であったが今回はその先までアスファルトの道が続いていた。

IMGP2496.jpg
林道の脇に新しい道標がある。

IMGP2497.jpg
平標山への立派な矢印もある。
どうやら林道が延長されて以前の毛渡沢出合を通る登山道は使われていない様子。あのヤブコギ状態も納得。

IMGP2501.jpg
登山道も刈り払いされていてはっきりしていた。

P1120540.jpg
大根下シ沢渡渉点。ここから入渓します。

P1120543.jpg
最初は穏やかな渓相です。(水が少ないのは分流だからです)

P1120545.jpg
岩床が現れるようになりました。

P1120549.jpg
ツルリンドウ

P1120551.jpg
イワショウブ

P1120553.jpg
スラブ滝が始まります。

P1120559.jpg
小雨が降っていて岩が濡れ、落ちても怪我はないだろうけど滑りそうで怖いです。

P1120560.jpg
奥に東ゼン、西ゼンの出合が見えてきました。

P1120564.jpg
出合直下の滝。

IMGP2533.jpg
左が東ゼン、右のスラブ滝は西ゼンです。

P1120567.jpg
出合の滝を眺めてルーファイ中。雨でテラテラ濡れてるな~、滑りそうだな~ 
(実際には濡れていてもアクアステルスはシッカリとグリップするのが後でわかりました)

P1120570.jpg
左の草付きとのコンタクトラインを登ります。

P1120571.jpg
第一スラブです。流芯に戻りたいけど一度外れると中々戻れません。

P1120572.jpg
弱点を繋ぎながら登ります。

IMGP2548.jpg
こんなところも登ります。フリクションは効くかな?

IMGP2551.jpg

IMGP2556.jpg

IMGP2565.jpg
第一スラブの落ち口。

P1120575.jpg
やっと第一スラブが終わりました。奥に第二スラブが見えます。

P1120579.jpg

P1120584.jpg
乾いていればスタスタ??・・・だろうに。

P1120589.jpg
第二スラブとの間の滝。

P1120590.jpg

P1120597.jpg
緊張を癒してくれる花。

P1120598.jpg
第二スラブ全景

P1120600.jpg
スラブの流芯に向かって草付きをトラバース

P1120602.jpg
だいぶ慣れてきて水の中をヒタヒタ歩けるようになりました。

P1120606.jpg
広大なスラブ。

IMGP2586.jpg

P1120611.jpg
はるか彼方だった落ち口がだいぶ近くなってきました。

P1120615.jpg
右に行ったり、左に行ったり。

IMGP2591.jpg
あそこが第二スラブの落ち口です。

IMGP2594.jpg
落ち口は右の草付きを越えました。

P1120621.jpg
まだ小さな?斜瀑が続きます。

P1120624.jpg

P1120626.jpg

P1120628.jpg

P1120633.jpg

P1120635.jpg

P1120636.jpg
左俣に入ると急に水が少なくなってきます。

P1120640.jpg
クマザサが覆い被さる水流を上ります。

P1120647.jpg
クマザサの丈が短くなってきました。稜線の縦走路はもう直ぐです。

IMGP2622.jpg
やっと稜線の縦走路に辿り着きました。

IMGP2625.jpg
疲れてビッショリ濡れて寒い中をヨロヨロと平標山頂に向かいます。

IMGP2627.jpg
平標山頂でハイ!ポーズ・・・・

IMGP2634.jpg
山頂から平標新道を標高差で100mほど下ると池のある鞍部にでます。右俣を登ると藪を漕いでここに出てきます。

IMGP2635.jpg

IMGP2637.jpg
この尾根を下ります。

IMGP2638.jpg
刈り払いされているようで以外とシッカリした道でした。

P1120651.jpg
林道にでました。まだピカピカの新しい林道です。

IMGP2648.jpg
夕闇が迫ったころやっと林道のゲートまで戻ってきました。
今日はもう歩かなくていいのです。

この後、岩の湯で一風呂浴びて、コンビニで今晩と明朝、明日の行動食を買ってから明日遡行する巻機山の割引沢沢登山口の桜坂駐車場に向かいました。

関連記録
おわり
関連記事
[ 2012/09/27 10:57 ] 沢登り | TB(0) | CM(2)
アクアステルス
3人いると心強いです~それもベテランさん~なので上越の沢の開放感も加わり、小雨でも楽しかったですね~
乾いたスラブにアクアを試したいですが・・下りの長さと自分の年令を思うと・・
それにしてもyamayaさん~この頃はお花に熱心ですね☆
[ 2012/09/28 15:14 ] [ 編集 ]
雨がちょっと残念でした(^^)
yamayaさん、今回はお付き合い頂き、そして要所要所で的確なアドバイスを頂きありがとうございました☆
今回は余りお天気は良くなかったですが、それでも十二分に素晴らしい西ゼンを堪能することが出来ました。
本当に素晴らしかった!こんな谷があるのですね。本当にびっくりです。
もし機会があれば今度はお天気の日に、あのスラブをドンドン登ってみたいなぁ~♪
[ 2012/09/27 21:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。