FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 桃洞沢

桃洞沢

日程  :2012年10月19日
メンバー:SAKOさん、ゆりさん、Yamaya
天気  :曇り時々小雨
装備  :7.5mm35m、8mm30mロープ

ルート&タイム
森吉山野生鳥獣センター6:15→7:00上谷地→8:00桃洞の滝→8:30右俣出合→10:40林道→11:00登山道との交差点→(登山道下山)→13:00森吉山野生鳥獣センター

桃洞沢
当初は地形図に引いた緑のルート(桃洞沢を遡行して赤水沢を下降)であったが小雨が降ってきたので予め想定しておいたエスケープルートを使って林道に出て下山した。

記録
 今回は”東北の山旅”と称して桃洞沢、森吉山、焼石、栗駒、鳥海を登る予定で出掛けてきた。
 桃洞沢はその第一弾です。
 東北道をひた走り、鹿角で食料を買い込んで奥森吉青少年野外活動基地に日が暮れて到着。
 真っ暗で何も分からぬままオートキャンプ場で車中泊した。
 翌19日の朝キャンプ場から森吉山野生鳥獣センターに車で移動した。

P1120987.jpg
オートキャンプ場の炊事場&トイレ。5区画に1つづつこれがあり、このセットが広いブナの林の中に点在している。

P1120990.jpg
目の前には燃えるようなモミジ。

P1120992.jpg
我々のベースキャンプ。今回はSさんが車(スバルサンバー)を提供してくれた。
車内泊初心者のSさんもYさんも「快適快適」とご満悦であった。

P1120889.jpg
鳥獣センターの駐車場に車を止めて舗装された道を5分下ると右側に大きな看板とトイレがありました。
桃洞の滝までは観光地なのでかなり整備されています。

P1120890.jpg
トイレの脇を入ると直ぐにブナの林になります。

P1120892.jpg
赤水沢への分岐。「帰りはここに出てくるのだな」

P1120896.jpg
桃洞沢の川岸に出ました。水量は少ないようです。それにしても綺麗です。

P1120897.jpg

P1120898.jpg
遊歩道が対岸に渡る飛び石が見えてきました。

P1120900.jpg
同行の二人もご機嫌です。

P1120903.jpg
川に段差が出始めました。

P1120905.jpg
桃洞ノ滝です。右側のバンドを登ります。バンドには足が乗る程度のステップが刻んであるので安心です。
この後、殆どの滝は左右をよく見ると岩を削ったステップがありました。

P1120908.jpg
桃洞の滝の落ち口から見た下流方面の紅葉です。
ここでメンバーの一人から「ヘルメットを忘れた!」との発言。「エッ!!」と驚いて見ると頭に載っているのはただの帽子。「どこへ忘れたの?」、「分からない」、また「エッ!」・・・
3人でここまでの行動の検証を始める。先ず歩いているときに落とすことは無いから、止まって荷物を下ろしたときと判断。荷物を下ろしたのは4回。
1回目はキャンプ場出発時:ここではザックに入れたのを覚えていた。
2回目は鳥獣センターで車を降りて靴などを履いたとき:本人は覚えていない・・同行者は意識していなかった。
3回目はyamayaがよんどころない用事をしたとき本人がザックを開けてあるものを取り出してくれたとき:この ときは用事が済んで歩き出すとき本人が一番後ろだったので確認不能。
4回目は桃洞の滝の下でハーネスを着用したとき:落ち口からそこは見えるので確認したら無い。
以上から可能性は2回目、3回目だ。
で、どうする?両方ともかなり遠いので探しに行くと時間的に無理。そして桃洞の滝を下りるのはちょっと危険と判断して、林道に出る最短のエスケープルートと使って沢から脱出し、予定したルートは諦めることにした。
・・・幸い?雨も降ってきたし・・・

P1120911.jpg
平らな川床を歩きます。水面の下にはポットホール(川床の窪みに入った石が水の流れで回転して岩を削って出来る竪穴。甌穴やカメ穴とも言われる)が至るところに潜んでいて、気を抜くと落ち込むので慎重に。背が立たない深いものもあります。(逆に浅いと怪我をするかも)

P1120912.jpg

P1120918.jpg

P1120921.jpg

P1120922.jpg
ご機嫌の私。「小雨が降っていなければもっと気分がいいのに!」、でも雨に煙る紅葉もまた風情があります。

P1120926.jpg

P1120926.jpg

P1120929.jpg

P1120930.jpg

P1120931.jpg
逆さ紅葉    撮影はゆりさん。
P1120932.jpg

P1120934.jpg

P1120937.jpg

P1120938.jpg

P1120941.jpg

P1120943.jpg
この滝はちょっと手強かった。左側にお助けがあったのでそれに縋ってブッシュまで登り、木を手繰りながら越えました。

コピー ~ P1120957
相変わらずご機嫌です。

P1120962.jpg

P1120967.jpg

P1120972.jpg
源流です。このあとヤブコギも無く直ぐに林道に出ました。

P1120984.jpg
林道を20分ほど歩いて森良山への登山口に入って鳥獣センターに戻りました。登山道は地形図と違って尾根通しだったので林道をそのまま行った方が良かったかもしれません。登山道は刈り払いもよくしてあり気持ちが良かった。
で、問題のヘルメットは?・・・・ありました。車の中にキチンと保管してありました。本人は「ラッキー!」と喜んでいました???

end
関連記事
[ 2012/10/24 05:57 ] 沢登り | TB(0) | CM(1)
とっても素敵ですね♪
yamayaさん、東北の山旅お疲れさまでした^^/

どの山も素敵ですが、沢好きの私にとってはやっぱり桃洞沢が気になります。
水は少し少な目ですか。綺麗ですねぇ~ 私もいつか行ってみたいです。
それにしてもモミジに囲まれたyamayaさんの写真は絶品でした。
モミジに負けてないyamayaさんが凄い♪(^▽^)/
[ 2012/10/25 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。