FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 桧岳

桧岳

日程  :2012年12月16日(日)
場所  :丹沢 雨山・桧岳
メンバー:みかんさん、私
ルート&タイム:
寄大橋駐車場7:15→9:25雨山峠9:35→10:10雨山→10:45桧岳→11:30伊勢沢ノ頭→12:30秦野峠→12:50林道秦野峠→(舗装された林道歩き)→14:05寄大橋    
 秦野峠には昔の山越え道の秦野峠と林道が開通して出来た峠があり、これを林道秦野峠と呼んでいます。歩いて20分ほど離れています。 
121216 桧岳軌跡
     
記録  :
この山行はパートナーを一般募集した結果、応募は常連のみかんさんだけでした。

P1130870.jpg
寄大橋から少し歩いたら雨山に日が当たり始めました。一番低い辺り(左)が雨山峠で、右の鞍部は鍋割り峠です。

P1130871.jpg
少なくとも2年前には無かった大きな崩壊地がありました。

P1130874.jpg
小さな10mくらいの岩尾根風(リッジ)があったところも崩れていました。岩は青い色をしています。

P1130875.jpg
雨山峠近くは沢の中に道があります。寄から雨山に向かうときは注意しないと枝沢に引き込まれるので気をつけます。枝沢にウッカリ入り込むと進退窮まることにもなるかも?

P1130880.jpg
これは上から下流を見たところ。こんな沢の中を通ります。以前はキチンと道として整備されていたので分かりやすかったけど、今回は道の痕跡がところどころに残っているという感じでした。
道を見落として沢を下ると”イイハシの大滝”という40m垂直の滝に行き当たってしまいます。

P1130881.jpg
ここは左へ。右の沢にはワイヤーが張ってあり、「入るな」との札が下がっています。

P1130883.jpg
雨山峠に着きました。

P1130885.jpg
直進すると玄倉川(ユーシン方面)に下りて行きます。右は鍋割山方面、左が今回進む雨山、桧岳方面です。

P1130887.jpg
峠からしばらくは細い尾根を通ります。

P1130889.jpg
稜線から見えた丹沢主稜。左から臼ヶ岳、蛭ヶ岳、不動の峰、丹沢山。

P1130892.jpg
冬枯れの尾根が続いています。

IMGP4578.jpg
雨山山頂にて。

P1130893.jpg
雨山山頂の南斜面に数年前には無かった大きな崩落の後がありました。

P1130894.jpg
桧岳(ヒノキダッカ)山頂。樹林で景色はあまり見えません。

P1130895.jpg

P1130899.jpg
伊勢沢の頭

P1130898.jpg
木の間越しの富士山。

P1130905.jpg
秦野峠。昔は寄集落から玄倉集落を繋いだ峠道です。

IMGP4612.jpg

P1130910.jpg
林道秦野峠 

あとは舗装された林道をブラブラ歩いて寄大橋駐車場に戻りました。

 同行者(みかんさん)のブログ
end
関連記事
[ 2012/11/25 12:42 ] ハイキング | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/18 15:04 ] [ 編集 ]
身近な好ルート
今回はお天気も手伝ってか、本当に至福の尾根歩きが出来ました(^^)
どうしてこれまで歩かなかったのだろう・・私は秦野在住なので寄はすぐ傍です。
のんびり尾根歩きがしたくなったらまた訪れようと思います。
yamayaさん、素敵なルートを案内して下さりありがとうございました☆
[ 2012/12/17 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。