FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 万ニ郎・万三郎

万ニ郎・万三郎

日程  :2012年11月29,30日
メンバー:単独
コース&タイム:
駐車場7:00→7:25四辻→8:45涸沢分岐点→9:25万三郎直下分岐→9:30万三郎山頂9:40→10:30万ニ郎山頂10:40→11:30四辻→11:40駐車場
万ニ郎軌跡

記録  :
富士山に登るといつも遥か南に霞んで見える天城連峰。いつかは行って見たいと思いながら中々チャンスは巡ってこないので、シャクナゲはないけど思い切って一人で出掛けてきました。
夕べ登山口の駐車場に到着し車内泊です。駐車場は標高1000を越えるので寒かった。

P1130507.jpg
広い駐車場です。この向こうの1段下がって同じ位の駐車場もあります。無料です。右側の建物はトイレです。多分シャクナゲが咲く頃はここが一杯になるのでしょう。

P1130511.jpg
駐車場入り口の道路の反対側に万ニ郎・万三郎への登山口があります。最初10mくらい階段で下るのですが、上にあるゴルフコースを作ったときに追いやられたような雰囲気がありました。ヒガミでかな?

P1130550.jpg
四辻(ヨツジ)で左は万ニ郎、真っ直ぐ進むと万三郎です。今回は万三郎に先に登って反時計回りに歩きます。

P1130515.jpg
しばらく進むとヒメシャラの綺麗な林になりました。

P1130516.jpg
残念!綺麗なヒメシャラの右側は無粋なヒノキの植林です。

P1130517.jpg
左側はアセビの密林です。

P1130520.jpg
こんな鎖場もありました。(この写真は通過してから振り返って撮りました)

P1130521.jpg
道の途中にこんな標識がありました。

P1130522.jpg
ここまではほぼ水平に斜面をトラバースして来たけどここから万三郎山頂に登ります。

P1130523.jpg
ブナの林になりました。もう直ぐ稜線です。

P1130525.jpg
殺風景な冬枯れの林に彩を添えているツルシキミの実です。というよりも林の下草は鹿に食べられて残っているのは毒があるこれしかないようです。

P1130527.jpg
万三郎から八丁池方面に続く縦走路に出ました。左に緩やかに200m進むと万三郎山頂です。

P1130529.jpg
万三郎山頂。木に囲まれ殆ど眺望はありません。

P1130532.jpg
万ニ郎が見えました。今日は尾根の左側(山側)はガスっていて、右側(海側)は晴れていました。

P1130533.jpg
稜線のブナ林ですが明るいなと思ったのは木の葉が落ちただけの理由ではでは無いようです。梢がありません。酸性雨?・・の影響で立ち枯れするのでしょうか?

P1130534.jpg
シャクナゲの林になりました。

P1130536.jpg
小さな岩場とハシゴがありました。

P1130539.jpg
ここからアセビのトンネルになります。その前にアセビについてお勉強。

P1130542.jpg
看板通り見事なアセビのトンネルになりました。・・・でも・・・道が深く掘れる前はどうやって歩いたのだろう?・・・やはりアセビの林の中を掘って道を作ったのだろうか?それとも道が掘れ、深くなるに従ってアセビが枝を伸ばしてきたのだろうか?

P1130544.jpg
万ニ郎が大分近づいてきました。

P1130545.jpg
万ニ郎山頂。やはり眺望はありません。

P1130547.jpg
鹿に樹皮を食べられた木。樹皮を触ってみたらとても硬かった。木も大変だけどこれを食べなきゃならない鹿も大変だと思う。

P1130552.jpg
四辻で往路に合流して駐車場に戻る途中、綺麗なヒメシャラの大木がありました。来るときには気がつかなかったけど・・歩く方向が逆になると新しい発見がある。

P1130553.jpg
駐車場に戻ってくると車が7,8台増えていました。稜線で出会った人たちらしいです。

今回は万三郎、万ニ郎を一周したけど、やはり八丁池まで縦走したいです。一人ではタクシーで帰ってこないといけないので無理かもしれません。

車で今日の泊地の松崎の道の駅に向かいます。距離は60km。時間にして1時間半。
ノンビリ走って13:30に到着。早速車内で本を読みながら・・そのうち昼寝。
夕方近くのスーパーでシシャモと生シイタケを買ってきて焼いて食べます。こんなときお酒が飲めたらな~(私は下戸なのです)コーヒーでシシャモってあまり合いません。

end
関連記事
[ 2012/11/29 15:22 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。