FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 二十女沢

二十女沢

日程  :2013年1月4日
メンバー:単独
天気  :晴れ(寒い)
装備  :<登攀>8mm30ロープ、シュリンゲ+カラビナ4セット、チェーンアイゼン、他
コース&タイム:林道7:50→8:00入渓→8:50オオユナラ沢出合→12:50稜線→13:00鍋嵐山
二十女軌跡

記録
正月、おせちばかり食べ過ぎてブヨブヨになったお腹を凹ますため二十女沢に出掛けました。
P1140080.jpg
入渓場所はいろいろ考えられるが私は一番緩やかそうな斜面から降りることにしました。
この赤土の左側に薄い踏み跡があります。

P1140082.jpg
二十女沢です。もっと水が少ないかと思っていたが意外とありました。こりゃ・・冷たいぞ!

P1140085.jpg
さっき上から見た小滑と淵です。夏ならこの辺でヒルが一斉に鎌首を揺らして待っているのだろうな。

P1140087.jpg
濡れてテラテラ光っているのは氷です。足を置けるのは流れる水の中か、乾いた岩の上でかなりのハンディーです。

P1140090.jpg
右から入る枝沢の奥に20m以上はあろうかと思われる直瀑が見えました。

P1140091.jpg
本流はミニゴルジェでどうしても水の中を歩くことになります。下手に頑張ると返って危険なので足首くらいまで入りました。
私は出来るだけ小さい沢シューズを履くためネオプレーンソックスは履かず、スニーカー用の普通のソックスですが、このときも水が入ってきたときは冷たかったけど、その水が体温で温まってしまうと、もう冷たい水は入ってこないので意外と平気です。

P1140093.jpg
ツララがぶら下っています。寒そう~

P1140094.jpg
ミニゴルジェは続きます。

P1140097.jpg
左からオオユナラ沢が入ってきました。

P1140099.jpg
直ぐに2段チョックストーンのある滝です。チョックストーンの右を登れるらしいが今日は単独なので止めます。
下段を登って近くまで行って偵察も考えたけど戻れなくなると困るのでサッサと巻きます。
巻きは右の涸れ沢に入って適当なところから中間尾根に登って本流に下りました。
中間尾根からの下りは急な泥斜面なので懸垂しました。30mロープで15mづつ丁度2回で沢床に降り立ちました。

P1140101.jpg
滑滝が続きますが何れも流れる水の中を歩けば問題ありません。

P1140104.jpg
ここも右の泥のバンドを伝って巻きました。チェーンアイゼンが有効でした。そして念のため立ち木を使ってグランドフォールしないように自己確保しました。

P1140105.jpg
おにぎりにふりかけをまぶしたようなまん丸の岩

P1140107.jpg
快適な滑滝が続きます。水に入っても冷たくありません。(痩せ我慢ではありません!)

P1140108.jpg

P1140109.jpg
沢床の奥に滝が見えます。

P1140109a.jpg
近づくとやはり登れそうもありません。ここは左の泥斜面を木の根を頼りに巻きました。

P1140111.jpg
トイ状の滝。落ちてもポチャン!だから真ん中をフリクションで登りました。

P1140113.jpg
沢の真ん中に5,6mのピナクルが現れました。左右どちらでも行けそうだったけど水がない右から上がりました。チョット見は脆そうですが凍っているので岩が剥がれず快適です。

P1140114.jpg
もうすぐ稜線ですが急な露岩のルンゼ状になりました。落ち葉を掻き分けながらフリクションで上ります。50mくらい続いていました。
その上は急なガレなので右の小尾根に逃げましたが・・・ちょっと辛かったです。ガレをそのまま行った方が良かったかも。手頃な木の根に掴まろうとすると裏側の泥が凍っていて指が入りません。結局つまむようにして掴まりましたが・・足が滑ったら・・でも足にはチェーンアイゼンがあり、凍った泥に食い込んで大丈夫。沢バイルがあればもっと安心安全に登れたけど・・無いものは仕方ありません。

P1140119.jpg
やっとナベワラシに到着して、ハイ!お約束の?左手パチリです。


end
関連記事
[ 2013/01/04 18:48 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。