FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 小富士

小富士

日程  :2013年1月16日
メンバー:みかんさん、Sさん、私
コース&タオム:
篭坂峠8:15→9:15P1194m→10:40P1260m→12:20P1282m12:40→13:20P1260m→14:15P1194m→14:40篭坂峠
小富士軌跡

記録
1月14日に猛烈な低気圧が関東南岸を通って、関東南部に大雪を降らせた。早速以前からあたためていた富士山の側火山、小富士にSさんとみかんさんを誘って出掛ける。
篭坂峠付近は約50cmの積雪で今シーズン初めてのスノーシューを履いて出発する。まだ新雪なのでスノーシューを履いても膝近くまで沈んでオマケに湿雪で重い。もちろんトレースは無いので3人で交代しながらラッセルするが遅々として進まない。
結局距離で全工程の1/3、高さで1/5の地点で時間&体力が尽きて引き返す結果となってしまいました。
P1140427.jpg
篭坂峠のすぐ上にある加古坂神社。

P1140429.jpg
ラッセルするS氏とみかんさん。

P1140430.jpg
予報に反してどんよりと垂れ込む空から時々チラチラを雪が舞う。茫漠たる雪原。

P1140431.jpg

IMGP5171.jpg

IMGP5178.jpg
予定の1/3で引き返すことを決めて安堵。

「帰りは楽々・・」と軽く思っていたが「さにあらず」、もちろんラッセルはないが体力を使い果たしているのでヨロヨロヘロヘロになってしまった。やっと篭坂峠の車にたどり着いてスノーシューを脱ごうとしたが・・「ヤヤ!脱げない」自作した締め具の紐に融けた雪が滲み込んでそれが凍ってしまったのだ。手袋を外して素手であたためて融かしてやっと脱ぐことが出来た。自作した締め具はここをクリック 
今回は6箇所のうちの1箇所だったからよかったがこれが6箇所全部が凍って、しかも八ヶ岳のように寒かったら手が凍傷になってしまう。
改良したときは部屋の中で試しているのでスムーズに動いていたが・・考えが甘かった!反省。
さて、更に改良だ。
同行者のブログ

end
関連記事
[ 2013/01/15 19:40 ] 積雪期 | TB(0) | CM(1)
初ラッセル、キツイキツイ!
雪山が怖い私は全く雪山には行きません。
でも昨年から雪原ハイキングだからと説得され、スノーシューを始めました。
確かにスノーシューは楽しい♪でもそれは雪が程々でスムーズに歩ければの話。
今回は雪深く、深い所は50センチ程もあり正に苦行でした(><)
でも終わってみればやっぱり楽しかった♪とにかく雪が綺麗☆
yamayaさん、また機会があれば企画をよろしくお願いしま~す(^▽^)/
[ 2013/01/17 07:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。