FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 道具 > チェストハーネス

チェストハーネス

チェストハーネス兼ギアラック
最近お腹が出てきて樽型ボディーになってしまった。
ダイエットすれば一気に解決するが「言うは易し行なうは難し」実際問題無理。
樽型ボディーは健康面以外で何が困るかというとクライミングだ。
シットハーネスを着けギアをぶら下げると下にずり下がってしまうし、逆さになればスッポ抜けてしまう。
そこでチェストハーネスの導入を検討した。
現在市場にある既製品はブラックダイアモンドのバリオチェスト、ペツルのボルテージC60、フリーダムスピリットのマウンテンdaxの3品が見つかった。
ギアラックがついているのはマウンテンdaxで具合が良さそう。これに決めイザ購入しようとすると品切ればかりで見つからず、ならば作ってしまおうと考えました。

出来上がったのがこれです。
P1140439b.jpg
①基本になっているには120cmのテープスリングです。それを8の字に捻って交わっているところを針金で固定しました。
②両端にカラビナは通るワッカを作るためこれも針金でとめてワッカを作りました。
これで基本は終わりですが、
③ギアラックとして使いやすいように脇の下の部分にビニールテープを巻いてカラビナなどを架けやすい様に丸くしました。

これを二十女沢で使ったところギアの脱着はかなり快適でした。
P1140438.jpg
ところが装着した環付カラビナが両方に引っ張られて横になってしまいます。万一力がかかった場合ゲートが壊れるのではとの心配が出てきました。

そこで左右をバックルで止めて離れないようにしました。
P1140439.jpg
これなら大丈夫です。

以下は装着したところです。(表情やピースは別の事情なので無視してください)
P1140435.jpg
メインロープはシットハーネスにつけます。そのロープをチェストハーネスのカラビナに通します。これでぶら下っても逆さになることはありません(ないハズです)
チェスとネスの脇の下はギアラックとして使います。ザックを背負った場合シットハーネスのギアラックではギアの脱着がやりにくかったけどかなり改善されます。

背中側です。
P1140436.jpg

さあ、これでギアの脱着は楽だし、逆さにならずに済みます。
重さは本体が100g、カラビナが60gでした。

墜落を免れても逆さにぶら下ってしまったら、ザックを背負っていることもあり空中で正立することは不可能に近く、斜面でもかなりの力が必要です。
墜落が停止したとき体が成立しているかどうかはとても重要で”生と死の分岐点”と言っても過言ではありません。特に単独の場合は。

ただ以下の2点が気になります。
・首に巻きつく恐れはないか?
・落下距離が60cmくらい多くなる。

end
関連記事
[ 2013/01/19 12:48 ] 道具 | TB(0) | CM(2)
Re: ヒッソリと楽しんでいます。
> 五百石さん、登りたいアルパインもありますが
> 一人の山旅もなかなか味があります。
> 悩みは出掛ける踏ん切りが一日伸ばしになることです。
> ブログに予告して退路を断って・・・一人相撲ですが。
> またのお越しを楽しみにしています。
[ 2013/01/31 20:57 ] [ 編集 ]
尚も光る想像力?創造力?
見つけました!消息不明後の大発見。なんかやっていらっしゃるとは思っていましたが随分生き生きとした筆運び。楽しく、又うれしく読みました。表情とピースは無視しろと言われても此れだけメインに写っていると難しいです。又立ち寄ります。
[ 2013/01/22 13:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。