FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 三国峠(山中湖)スノーシューハイク

三国峠(山中湖)スノーシューハイク

日程    :2012年1月31日
メンバー  :yamaya単独
コースタイム:パノラマ台8:20→9:13鉄砲木の頭9:32→9:53三国峠(車道)→10:50三国山11:00→11:50樽の木山→12:30別荘地
         →13:00ごみ焼却場道路→(茅とを横断)→13:30道路→13:40出発地点
コース
三国峠
記録
 駿河小山から三国峠に向かうが南斜面のため雪がほとんどなく、少し気落ちしていると峠手前の日陰の路面は圧雪となっていた。
峠に着くと左右にはびっしりと雪原が広がっている。シメシメとほくそえんで出発ポイントのパノラマ台に進む。
パノラマ台は10台くらい駐車できる広場で小さなトイレがあり、山中湖と富士山の絶好のビューポイントでいつもは大勢のカメラマンがいるが今日は通りがかりの車だろう2台がだけだった。
早速仕度をし、スノーシューを着けて鉄砲木の頭に向かって緩やかな斜面を歩き出す。
1三国
シッカリとしたトレースがあるのでスノーシューは大げさではっきり言えば必要ないが今日はスノーシューハイクなので強引に履いて歩く。幸い他にハイカーはいない。が、トレースの幅が狭いので歩きにくい。
2三国

ここは茅との広大な斜面なので振り返れば山中湖、富士山が一望の下だ。
3三国
丸い山頂に到着し、しばらく雄大な景色を楽しんでから車道の三国峠に向かって下る。
4三国
南方向にはこれから向かう三国山がゆったりした稜線で横たわっていた。
すぐに峠について車道を横断して向かい側の三国山に向かう。やはりトレースはあるが新雪の斜面を選んで歩いていると、左足のスノーシューが外れてしまった。原因は合成ゴムのバンドが切れてしまったのだ。どうしようか?このまま中止して帰ろうか?と思案しながら調べて見ると他のほとんどのバンドも硬化して亀裂があり、ちょっと折り曲げただけでポロポロと切れてしまう。
購入して10年も経っているので材質のウレタンが劣化してしまったのだ。だからすべてのバンドがいっせいにバラバラに分解して締まったのだ。困った!
フッと予備にアイゼンを持っていることに気がついた。もちろんアイゼンに履き替える訳ではない!アイゼンバンドで代用できないかということ。そしてこれも予備の靴紐と合わせて試行錯誤しながら何とかシッカリとスノーシーを取り付けることに成功! 窮すれば通ずる・・・か?
元気を取り戻して樹間の雪の斜面を登って三国山に到着。しばらく休んでから駕篭坂峠に続く尾根に入る。
5三国
尾根といってもなだらかな広い尾根で葉の落ちた雑木林の下に多分50cmくらいの雪があり、のんびりと雪面散歩を楽しみながら歩く。樽の木山から北側の斜面に入って、パノラマ台に向かって下る。藪はなく気持ちのよい緩やかな雪面を下って別荘地の縁に出る。
縁にそってパノラマ台方向に向かうがここからが大変だった。
深さ20mくらいの谷を3本超え、最後は茅との道無き斜面に突入してしまった。半分くらいの茅が倒れていてその上に雪が乗っている。歩くとブワブワとして力が入らない。ラッセルよりも体力を消耗する。おまけにまだ立っている茅で見通しがない。GPSで進行方向を確認しながらやっと車道に辿り着いた。
I6三国
                     愛車でくつろぐ。
最後は番外の苦労をしたが今回のコースは緩やかで楽しいスノーハイキングを楽しむことが出来た。
関連記事
[ 2012/02/01 13:06 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。