FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 円山木沢(丹沢)

円山木沢(丹沢)

日程  :2013年2月5日
場所  :丹沢 早戸川 円山木沢
メンバー:S氏、私
天気  :晴れ
コース&タイム
早戸川橋(車デポ)8:45→9:00伝道→9:10渡渉点→9:15出合の岩小屋→10:10上の大滝10:30→11:00出合11:30→12:00早戸川橋

円山木沢軌跡
無雪期は沢通しに行くが途中にゴルジェがあり、濡れないと通過できないので左岸の山腹に付けられた古い仕事道を上の大滝と同じ高さまで行き、そこから急な斜面を約80mくらいトラバースして上の大滝下に行った。赤い線の先端が上の大滝。下山は同じところを下る。

記録
P1140531.jpg
円山木沢出合。大きな細長い石の左の流れが円山木沢

P1140533.jpg
出合の10mくらいの大きな岩の下にある岩小屋。

P1140535.jpg
上の大滝へのトラバース斜面。この辺りは緩いけど、緊張するところも2箇所あるので15mくらいのお助けロープがあると心強い。

コピー ~ P1140535
トラバースした斜面に黒いニホンカモシカがいた。

P1140536.jpg
7,80メートルトラバースすると上の大滝の下の出る。
氷は殆ど無かった。

P2054603.jpg
参考:これは今回同行したS氏が「凍ったときはこんな感じだよ」と提供してくれたものです。

s-IMGP9889.jpg
大滝下で。今回は自分撮りではありません。

s-IMGP9891.jpg
出合まで下りてきて岩小屋脇の石の上でヒナタボッコ。

今回はS氏から「円山木沢の氷結状態を確認しに行くけど一緒に行く?」と声を掛けてもらい、5日間も山に行ってないので連れていってもらいました。
氷結はしてなかったけど久々の山で身体を動かし気持ちよかった。

参考:伝道の先で早戸川を渡渉するのにゴム長靴を持参して使いました。たった5mですが濡れた石が凍ったときは飛び石をするより遥かに安全です。またここに戻ってくるのでゴム長靴はデポしておきます。お試しください。




end
関連記事
[ 2013/02/06 10:35 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。