FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 体調 > 一酸化炭素中毒のその後①

一酸化炭素中毒のその後①

1月25日に那須で一酸化炭素中毒になって早くも1ヶ月が過ぎ,昨日3月4日に後遺症の検査に行ってきました。
        中毒になった時の状況はここをクリックしてください。
検査結果
医師の見立ては「特に後遺症の症状は無い。念のため今日から3ヵ月後にもう一度MRIなどで確認しておそらく終わりになるでしょう」とのことでした。「ホッ!」

検査項目
MRI :単独判定と1ヶ月前の画像との比較。
目の動き:左右上下に動かす医師の指を見つめた時の眼球の動き。
指や腕 :ものを摑む動作や腕を伸ばしたときの震えなど。
歩行  :真っ直ぐ歩く歩行。
     細い一本橋を渡るときの歩行・・これは難しくヨロケテしまったけど
膝の反応:脚気の検査のように膝を叩いたときの反応
くすぐり:イキナリ足の裏をくすぐられた。くすぐったくて笑ってしまった。
 以上の身体検査は夫々正常に反応していて問題なし。

頭脳  :特に筆記試験は無かったが問診票の記入や受け答え、発声に特に異状は無かったらしい。

最後に医師から「とに角火を使うときは換気をするように」との注意をいただきました。

1ヶ月の間、車内泊をする山行を自粛してきましたが解禁することにしました。
ご心配いただいた皆様に報告し、感謝に変えさせていただきます。
ありがとうございました。

end
関連記事
[ 2013/03/05 08:24 ] 体調 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。