FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > アッチガオ沢

アッチガオ沢

日程  :2013年3月13日
場所  :丹沢 寄 アッチガオ沢(寄大橋のすぐ家で右から流れ込む小沢)
メンバー:L、みかんさん、私(yamaya改めucon)
天気  :曇り、風強し
装備  :アクアステルス、チェーンアイゼン、8mm30mロープ 他
コース&タイム
寄大橋駐車場9:10→9:14入渓→10:07奥の二俣→11:13終了点→(左岸尾根下降)→12:10寄大橋駐車場
アッチガオ沢軌跡

記録
3月も中旬になって急激に暖かくなってきた。梅や桃、緋寒桜などが一斉に咲きだしてこの世の天国になったがあのニックキ!山ビルもそろそろ我が世の春を謳歌し始める前に、夏場はヒル出没で行けない地域の沢にでも行きたいな~と考えていたら「アッチガオ沢に行かない?」とみかんさんが声を掛けてくれ、渡りに船と出掛けました。
杉や桧の植林に囲まれた小さな沢で岩もボロボロですが上流に行くに従って少しづつ硬くなり楽しめました。

P1140966.jpg
寄大橋の駐車場で仕度をしていたらバスで大きなグループが到着しました。あまりにも物々しい私たちの姿を見て「あんなに必要なのかしら?大げさね!」と思ったようです。それをリーダーは羨望の眼差しと勘違いしたようです。

P1140969.jpg
アッチガオ沢はゲートを入ると2分で右から流入する小沢です。出合から100mくらいの間に堰堤がいくつかあります。

P1140970.jpg
左の杉(桧?)林の中を通ってこの堰堤の上に出ます。

P1140971.jpg
堰堤の上で右から枝沢が入ってきます。もちろん我々は左の本流へ。

P1140972.jpg
直ぐに水がチョロチョロ流れるミニゴルジェになります。

P1140973.jpg
直ぐに4mの滝がでてきました。でもボロボロと脆くて登る気になれません。20mくらい戻って左の植林の中を通って巻きました。

P1140975.jpg
またミニゴルジェです。

P1140976.jpg
5mの滝でここも脆いですが比較的硬い流れの中を登りました。

P1140977.jpg
更にゴルジェは続きます。

P1140978.jpg
岩が少し硬くなってきて沢っぽくなって来ました。

P1140981.jpg
5mくらい。流れの中を登りました。

P1140983.jpg
石積み堰堤がありました。左の隅から越えました。

P1140984.jpg
滑状の滝

P1140986.jpg
左右高さが違う滝がありました。登ったら上がインゼル状(島)になって流れが分かれていたのです。

P1140987.jpg
また石積み堰堤です。ここも左隅から越えます。

P1140989.jpg
二俣になり、リーダーは右を選びました。

P1140990.jpg
ザラザラの谷です。

P1140991.jpg
チョコチョコと小滝が出てきて面白いです。

P1140992.jpg
また二俣です。今度は左を選びました。リーダーも初めてなのになにか確信があるようで迷わず決めています。

P1140994.jpg
ルンゼっぽくなって面白いです。岩も少し硬くなっています。

P1140995.jpg
積極的に行きます。

P1140996.jpg
4mくらいか? ここは無理せず右から小さく巻きました。

P1140997.jpg
ルンゼは続きます。

P1140998.jpg
岩も硬いので果敢に行きます。

P1140999.jpg
上の方に小さくリーダーが見えます。私は自信が無くて「ロープをください!」とお願いしてしまいました。

ここから以降は私のカメラが不調になったのでリーダーの写真を借用します。

IMGP6431.jpg
ドロ状ルンゼは続きます。

IMGP6432.jpg
次第に私が遅れはじめました。・・「ゼイゼイ・・石をおとさないでくださ~い・・ハアハア」

IMGP6434.jpg
岩床も時々出てきます。

IMGP6435.jpg
最後の岩です。この上で林に逃げました。

IMGP6442.jpg
「お~い、まってくれ~」

IMGP6445.jpg
見えますか?尾根に出る前に錆びた鹿柵がありました。リーダーは簡単に下を潜りましたが私は大変でした。
「・・・メンバーの立場(体形)も考えてルートを選んでください。お願いしますよ」

IMGP6448.jpg
尾根は桧の植林で立派な仕事道がありました。出合から400m登り、ここは標高900mです。

IMGP6451.jpg
歩きやすい道です。

IMGP6455.jpg
この辺りの植林は区分けし企業が管理費を出資して維持されているようです。どうやらここはキリンビールの担当のようです。

IMGP6460.jpg
綺麗に細微された遊歩道を下ります。企業のみなさんありがとうございます。

IMGP6465.jpg
駐車場に帰ってきました。丁度3時間のミニミニ沢登りでした。来月中ごろになるとこのあたりはヒルが出没するので遊ぶなら今のうちです。

end
関連記事
[ 2013/03/13 17:03 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。