FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 金冷し沢

金冷し沢

日程  :2013年4月8日
場所  :丹沢 水無し川
メンバー:ikukoさん、みかんさん、私
コース&タイム :
戸沢出合出会い7:45→8:50本谷F5上→9:15沖ノ源次郎出合→10:00本谷との二俣→11:45大倉尾根登山道→11:50花立山頂12:10→12:35天神尾根分岐→13:35戸沢出合
金冷やし軌跡

記録 

IMGP0002f.jpg
戸沢出合の広場を出発します。

DSCN0182.jpg
もう春、ヤマザクラが青空をバックに咲いていました。

IMGP0017a.jpg
ミツバツツジも赤紫をそえていました。

DSC09009.jpg
戸沢の流れを渡ります。水はもう冷たくありません。

IMGP0007.jpg
源次郎沢を渡ります。

DSC09016.jpg
書策新道は廃道になっていてこの丸木橋の丸太は虫が食っていていつ折れるかとヒヤヒヤしなだら渡りました。
誰が渡っているときに折れるかロシアンルーレット状態です。

DSC09017.jpg
崩れてザラザラの斜面を通過します。

IMGP0030.jpg
本谷のF5が見えてきました。

IMGP0035a.jpg
書策新道が本谷をF5上で横切るところから入渓します。

IMGP0037aa.jpg
すぐに左から沖ノ源次郎沢が出会います。出合の涸滝が圧倒的に見えました。一昨日の豪雨でもしかしたら沖の源次郎にも水が落ちているのではと期待していましたがカラカラに乾いていました。

DSC09029.jpg
本谷のF6に着きました。

DSC09031.jpg
大きな岩の右側に垂れ下がった残置ロープにすがり付いて上ります。

DSC09032.jpg
私が強引に登っている図です。

DSC09036.jpg

DSCN0137a.jpg

IMGP0063aa.jpg
本谷と金冷しの二俣に着きました。右が本谷、左が金冷しです。

IMGP0065aa.jpg

IMGP0067aa.jpg
沢の奥に岩壁が見えてきました。

IMGP0075aa.jpg
近づくと沢は右に曲がって滝が現われました。

IMGP0079aa.jpg
この滝は高度計で計ったら15mありました。直登は無理なので丸い岩の左から落ち口に向かって伸びるルンゼを登ります。

IMGP0081aa.jpg
ルンゼを登っているところです。途中から落ち口に向かってブッシュの斜面を3mくらいトラバースします。

IMGP0084aa.jpg
15mの滝の上に5mの滝がありました。さて、どこを登ろうか? ここは行けそうだけど怖いな・・・と。
みかんさんに「ショルダーするから先に行ってくれる?」と頼んだら

DSC09058.jpg
「なに、意気地のないことを言ってんのよ!どきなさい!私が行くから!」と。おもわず「お願いします」と言ってしまった私。みかんさんはスルスルと登って行きました。
悔しく、情けなく、でも嬉しい複雑な気持ちでした。

DSC09060.jpg
最後尾になった私は「ロープをくださ~い」と頼んでロープに掴まって登りました。
ゴボウはセカンドの特権です。

IMGP0091aa.jpg
しばらくこんなゴーロを進みます。林はインゼル(島)になっています。

DSC09068.jpg
ゴーロの岩陰に小さな白い花がありました。

IMGP0093aa.jpg
ゴルジェが出てきました。

IMGP0040aa.jpg
ゴルジェの奥くの7,8mの直瀑です。これは登れません。

IMGP0099aa.jpg
右から小さく巻きました。チェーンアイゼンが威力を発揮してくれました。踏み跡もシッカリついていました。

IMGP0101aa.jpg
その上は水も涸れ、源頭の様相になってきました。

DSCN0175a.jpg
息を切らして立ち止まり、ふと振り返るとペチャクチャとしゃべりながら楽しげに登ってきます。
(でも、二人とも二俣ごとに地形図を出して現在地と進む方向を確認しているシッカリ者です)

IMGP0105aa.jpg
稜線(大倉尾根)が見えてきました。

水無し川の最奥にある金冷し沢は滝がないと思い込んで目を向けてこなかったが、来て見ると以外にも豪快で楽しい沢でした。詰めはヤブやザレもなくトコトコ登って大倉尾根の登山道に出ます。
今回は本谷F5まで書策新道でショートカットしましたが、本谷下部からつなげるとより楽しくなるのではと感じました。



end
関連記事
[ 2013/04/07 21:44 ] 沢登り | TB(0) | CM(3)
羨ましい!
ucon師匠、弟子のみかんさんの尻に敷かれて嬉しそう!
自分も可愛い弟子がほしいです。沢に行けばできるかな?
[ 2013/04/10 16:03 ] [ 編集 ]
空は青空
快晴の青い空~白い谷~気持ちよかったですね。
それにも増して二人の凸凹コンビは楽しいですよ~
(もちろん私以外のあの二人ですよ)
おふざけで笑いの絶えない山行でした☆
もちろん私は笑うだけ・・言うのは凸凹さん・・
これからの沢シーズン~益々楽しみです♪

[ 2013/04/10 09:10 ] [ 編集 ]
大笑い(^▽^)/
uconさん、私あんなキツイ言い方しましたっけ???
大笑い箇所があると、ついコメントしてしまう単純な私です・・
水が多かったせいか、期待以上の楽しい沢でしたね♪
uconさん、お世話になりました☆

みなさん、こんな楽しいuconさんと一緒に沢に行きませんか^^/
[ 2013/04/09 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。