FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 八柱山(北八)

八柱山(北八)

八柱山(北八・スノーシューハイク)
日程   :2012年2月5日
メンバー :Yamaya、他8名
コース  :ピラタスロープウェー⇒山頂駅→縞枯山荘→雨桶峠→林道→雨池→八柱山→往路を戻る。
八柱山
記録   :昨晩メンバーの山小屋で飲んで騒いで・・・ぐっすり寝て・・車に分乗して15分。
y1.jpg
ピラタスロープウェーに到着した。ここで現地集合のsaku氏が加わって総勢9名となった。
始発は9時。所要時間は7分。料金は片道900円、往復でも1800円と割引がない。ブツブツ言いながらも約1000を苦労せずに上り下りできるのだから嬉しい。
y2.jpg
頂上駅を下りてそれぞれ仕度する。
y3.jpg
整備された雪道をスノーシューで出発。ツボ足でも問題ないと思うがスノーシューだと足元シッカリ、スベリも無いので安心だ。
右の山は縞枯れ山。
y4.jpg
縞枯れ山荘の前を通過する。
y6。
雨池峠に近くなると雪山らしくなってくる。雨池方面に行く人が少ないのだ。
y7.jpg
八柱山が見えてきた。
y8.jpg
雨池峠から標高差で約120m下ると林道にでる。この林道を右に約15分で雨池への折口になる。ここを約50m下ると初めて目の前に広々と雪に覆われた雨池の雪原に出た。(ここまでは上から見ても雨池は見えなかった)
この雪の下は水なので安全のため雪原の縁に沿ってあるく。が、帰りは大胆になって雪原(池)の真ん中を横断した。
y9.jpg
八柱山側の岸辺近くを歩く。
雪原から八柱山への道にトレースは無かったのでGPSで地形図上の道に沿ってラッセルしていたら木の幹に赤い印が転々と続いているのを発見した。これが道と思われるがトレースは無いので交代でラッセルを続ける。
雪は比較的少なく、熊笹の頭が出るくらいなので時々ズポッと落ち込む。だか印は次が見つかるように付いているのでここを歩けば倒木などもなく歩ける。
このあたりは緩やかな起伏で三藤氏が悪くなったら方向性を見失う心配がありそうだ。
y10.jpg
やっと八柱山に到着した。
y11.jpg
山頂にはマイクロウェーブアンテナの鉄塔があった。その前でハイ!ポーズ!(左の黄色いヤッケがyamaya)
y12.jpg
山頂からは浅間山が見えた。
くるときはルーファイやラッセルで約3時間半掛かったが、帰りは往路を約2時間でロープウェー駅に戻れた。
15時に駅前駐車広場で現地解散した。
関連記事
[ 2012/02/12 11:06 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。