FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 土沢(丹沢)

土沢(丹沢)

日程  :2013年6月15日
場所  :丹沢 世付川 土沢
メンバー:yasuoさん、私
歩行距離 :約14km強
コース&タイム:
明神峠7:20→7:40一の沢橋→8:40尾根取り付き(長い林道を嫌い尾根を通ってショートカットした)→9:30本谷・土沢の二俣(装備着用$休憩)9:50→11:10入道滝→12:20二の沢出合→13:35一の沢橋→13:55明神峠
土沢軌跡

記録
写真を撮りそこなったが明神峠の水の木林道入り口のゲート前は工事や林業など関係車両が通る可能性があるので100mほど三国峠方面に行き、ガードレースが切れているところに駐車した。
DSCN0927.jpg

DSCN0928.jpg
林道をテクテクと1時間歩いてショートカットのために尾根に取り付くと、その辺りは桧を植林して間もないので幼木を鹿から保護するための鹿ネットが張り巡らされていて通過に苦労した。幸いにも他にも通る人?がいるのかネットが破れているところがあり、ザックを外して這いずって通り抜けた。全部で3or4箇所あった。

DSCN0929.jpg
2011年?の豪雨でひしゃげた吊り橋。この橋は少し上流にある発電用取水堰の管理用の道らしい。

DSCN0931.jpg
取水堰。

DSCN0932.jpg
取水堰左岸の取水口。使われなくなって久しい感じだ。どうりでさっきのひしゃげた吊り橋の補修もしないわけだ。
原子力発電所の殆どが使われてない今、これだけでも使ったら少しは足しになるのかな??あるいはむしろ補修や保守管理に要するエネルギーの方が多いのかななどと考えながら歩く。
相棒は「放射能被害と温暖化、快適な生活の維持向上(経済)、防衛などを考えると難しい問題だ・・・」などとつぶやいていた。

DSCN0933.jpg
大きな釜を持った小滝。

DSCN0934.jpg
小滝の釜をヘツッて越える。

DSCN0935.jpg
更にこのような小滝が続く。

DSCN0936.jpg
壊れた石積堰堤。それにしても立派な造りだ。さっきの取水堰の関連かな?

DSCN0937.jpg
このような渓相が続いて綺麗だ。

DSCN0938.jpg

DSCN0939.jpg

DSCN0941.jpg
入道滝。以前はヒョングッていたそうだが。水流の右側を簡単に越えられた。

DSCN0944.jpg
入道滝と相棒

DSCN0945.jpg
気持ちのよい岩床が続く。

DSCN0946.jpg

DSCN0948.jpg

DSCN0949.jpg
堰堤。私は右側から巻いたが相棒は右の水流際をシャワーを浴びながら登った。

DSCN0950.jpg
ニの沢出合。右がニの沢で左が一の沢(ここから土沢は一の沢と名前を変えるらしい)

DSCN0952.jpg
3mに足りない小滝だが腰まで浸かって水流の左に取り付き微妙なバランスで越えた。

DSCN0954.jpg
上の滝を越える相棒。

DSCN0955.jpg
ゴルジェは続く。

DSCN0957.jpg
左の太い水流と右の細い水流の間を越えました。

DSCN0959.jpg
優しい流れになるとしばらくして一の沢橋が見えてきました。入渓して約4時間。
計画では更に源流まで詰める積りだったが疲れたのでここで切り上げることにしました。左に20分ほど林道を登ると明神峠です。

土沢という名前から、土壁に囲まれたヤブ沢かなと思って来たがさにあらず!行程の半分以上はゴルジェで岩床と小滝が続き綺麗で楽しい沢でした。難しい滝もないのでこれから沢を始めたい人が最初に訪れるには持ってこいで必ず沢好きになること請け合い(責任は持ちませんが)です。
もしこれが表丹沢にあったらもっと多くの人が訪れてもっと有名になると思います。
入渓までのアプローチは長かったが、終わってからが短いのであわせれば大したことはありません。

近いうちに一の沢橋の上流をやります。

end
関連記事
[ 2013/06/16 06:22 ] 沢登り | TB(0) | CM(2)
楽しそうですね♪
水が沢山でホント楽しそう(^▽^)/

上流に私も参加させて下さい m(_)m
[ 2013/06/17 08:37 ] [ 編集 ]
ありがとうございました
昨日は連れて行っていただきありがとうございました。

最初の林道は長かったですが、綺麗な渓相、ゴルジュ、小滝の連続とシャワークライミングもできるとても楽しい沢でした。途中からなぜこんなに記録が少ないんだろうと思いながら遡行しました。初心者でも楽しめる魅力的な沢でした。

表丹沢にあれば沢の登竜門になりますね。上流の一ノ沢はいついかれるのでしょうか?
[ 2013/06/16 21:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。