FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 安達太良 烏川左俣

安達太良 烏川左俣

日程  :2013年6月26日
メンバー:単独
天気  :曇り後雨
コース&タイム:
駐車場5:16→6:34五葉松平経由登山道分岐→5:43入渓→7:14二俣→7:25左俣大滝→8:03ヤブコギ開始→8:37登山道→8:57ロープウェー分岐→9:08五葉松平→9:24スキーゲレンデ上端→9:41登山口→10:00駐車場
烏左

記録
DSCN1083.jpg
林道が沢を渡る橋から入渓する。

DSCN1084.jpg
平凡でパッとしない渓相。

DSCN1085.jpg
滝が出てきました。

DSCN1086.jpg

DSCN1088.jpg
雰囲気はヤブの中の小沢です。

DSCN1089.jpg
なにやら橋のようなものが?

DSCN1091.jpg
どうやら取水施設のようです。多分スキー場などの水道をここから取っているようです。

DSCN1092.jpg
汚さないようにそっと歩きましょう。

DSCN1093.jpg
滑滝が出てきました。

DSCN1094.jpg

DSCN1095.jpg

DSCN1096.jpg
ブッシュが煩くなってきました。

地形図で見るとこの辺りが二俣のハズですが右又が見当たりません。ブッシュに隠れた水のないそれらしきところはあったけど、まだこの先で水流のある出合が・・・と思っている歩いている内に左俣に入ってしまいました。やはりさっきのところが二俣だったと後になって分かりました。写真を撮っておくのだった!

DSCN1097.jpg
仕方なく脇に咲いていたウツギを撮って・・・関係ないか!

DSCN1104.jpg
ドドーンと左俣の大滝が現われました。水が殆どないので何となく迫力がありません。階段状とは聞いていたけど・・これは階段です。普通に歩いて登れます。

DSCN1107.jpg
上部は少し立ってきますが手を添えるほどでもなく。

DSCN1109.jpg
上から見下ろしたところです。水は滲む程度しかありませんでした。

DSCN1110.jpg
大滝の上はブッシュが更に煩くなってきました。

DSCN1111.jpg

DSCN1112.jpg
跨いだり潜ったり。

DSCN1113.jpg
なんだか意気が上がらないのでこの辺りから左上100mにあるはずの登山道にヤブを漕いで抜けることにしました。
入ってみるとヤブは見た目ほど濃くはなく比較的楽に掻き分けて進めます。ひたすら上を目指して進むこと30分で登山道にでました。

DSCN1120.jpg
期待したほどもなかったので何となくションボリ登山道を下りはじめたら道端の花が慰めて?くれました。

DSCN1125.jpg

DSCN1129.jpg

DSCN1130.jpg

DSCN1132.jpg
最近までパナのDMC-FT1という防水のコンデジを使っていましたが、レンズ前のガラスが曇ったリ、水滴が付いて思うような写真が撮れなかった。何とか水滴が付かないものはないかと探していたが見付からず、たまたまnikkonのS30という子供用?のカメラを5000円で売っていたので衝動買いして使っている。子供用だから面倒な設定や操作がないのと単三乾電池が使えるのがよいと思っていたが意外にもレンズ前のガラスが曇りにくく、水滴も付き難いのか、付いても小さいので記録(記念)写真としては使えることが分かり、最近はこればかり使っている。
不満はフラッシュ無しに設定しても電源を切るとオートに戻ってしまうこと。暗めの沢でシャッターを切ろうとしても充電を始めてしまいシャッターが落ちないでイライラさせられる。でもまあ今のところ気に入っている。
・・・と、沢がパッとしなかったのでカメラの話題で記事を稼いでいます。

DSCN1141.jpg
五葉松平を通過します。何の変哲もない場所です。(何となく不機嫌な自分)

DSCN1144.jpg
登山道入り口に戻ってきました。

DSCN1145.jpg
今朝見た遊歩道の看板。そうそう、これが今回大失敗の元凶です。
朝、これを見ながら遊歩道があるのだから綺麗な渓谷なのだろうな?だけど滝について何も記載してないし、沢の脇の遊歩道から観光客にジロジロ見られながら歩くのも格好悪いし・・・などと思ってここを省略してしまったのです。その結果なんの変哲もないヤブ沢を歩くハメに! 我ながらドジでした。
今日は時間もタップリあるのでフテ昼寝しよ!

end
関連記事
[ 2013/06/30 08:13 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。