FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 安達太良 杉田川

安達太良 杉田川

日程  :2013年6月27日
メンバー:単独
天気  :晴れ
コース&タイム:駐車場6:10→6:18神社→6:40遠藤ヶ滝→7:42巻きⅠ8:35→9:25巻きⅡ9:46→9:48二俣→10:24終了点(標高1195m)10:42→11:10仙女平→11:49沢下降点(標高927m)→12:19駐車場
杉田

記録
DSCN1149.jpg
遠藤ヶ滝不動尊の広い駐車場

DSCN1150.jpg
駐車場から杉田川を渡って不動尊に進みます。昨日と夕べかなりの雨が降ったが増水しているようには見えなかった。

DSCN1151.jpg
参道。綺麗に掃き清められていました。

DSCN1152.jpg
不動尊の境内。本堂の右に遊歩道があるのでそれを進みます。

DSCN1154.jpg
お不動様がズラリ。

DSCN1156.jpg
大きな不動明王がにらみを効かせています。無事をお願いしました。

DSCN1158.jpg
杉田川にそって遊歩道が続いています。

DSCN1159.jpg

DSCN1161.jpg
右に渡ったり、左に行ったり。

DSCN1162.jpg

DSCN1164.jpg

DSCN1165.jpg
大きな岩の下に岩屋があります。

DSCN1172.jpg
岩屋の左に遠藤滝がありました。サイトで記録を見ると左を登っていますが水の勢いが強くて左に渡るのが怖いです。結局右から踏み跡を使って巻きました。

DSCN1173.jpg
まだ、遊歩道のようです。

DSCN1174.jpg
この橋の辺りから岩床になってきました。

DSCN1175.jpg
遊歩道から離れて入渓します。

DSCN1177.jpg
岩床が続きます。

DSCN1179.jpg
霧が晴れて日が差してきました。

DSCN1181.jpg

DSCN1184.jpg
やっと滝が現われました。左から越えます。

DSCN1186.jpg
滝の上にこんな鎖がありました。この辺りは修験者の修行の場だったのかもしれません。

DSCN1188.jpg
左から行けそうですが・・・・ドボンが怖くて右の急斜面を木を伝いながら巻きました。チェーンアイゼンをつけてロープを数回使って・・・ヤッパリ直登の方が良かったかも・・・などと迷いが沸きました。

DSCN1189.jpg
巻き終わったらもう一つ・・

DSCN1190.jpg
さて、これはどこを?

DSCN1191.jpg
カンテかその右のスラブか?スラブが行けそうだが・・・結局ここも右から巻きました。

DSCN1192.jpg
落ち口の左上に古い鉄ハシゴがある滝です。当然、お世話になって越えました。


DSCN1193.jpg
これがそのハシゴです。

DSCN1194.jpg
これは・・たしか・・右をへつって。

DSCN1196.jpg
ここも右から。

DSCN1198.jpg
ここは左をへつって・・・定かでありません。

DSCN1199.jpg
小滝が続きます。

DSCN1200.jpg

DSCN1201.jpg

DSCN1202.jpg

DSCN1203.jpg

DSCN1204.jpg

DSCN1205.jpg

DSCN1206.jpg

DSCN1207.jpg

DSCN1208.jpg

DSCN1211.jpg

DSCN1212.jpg

DSCN1213.jpg
今までは快適に越えてきたけど、ここはちょっと! takeshiさんは右から、他の記録では左から・・左の方が良さそうだけど落ち口辺りの草付きが・・・などと怖じ気付いてしまい結局右から小さく巻きました。

DSCN1215.jpg
落ち口からルートを確認すると・・ヤッパリ草付きが微妙です。止めて良かった!! 

DSCN1218.jpg
すぐ上が1:1の二俣でした。予定通り右に入ります。

DSCN1219.jpg
右から中断に上がって、左に渡って細い流水をフリクションで越えました。高さを計測したら12mでした。

DSCN1221.jpg
右俣はさっきの12mの滝だけであとは穏やかなせせらぎです。

DSCN1223.jpg
2本の立ち木に赤テープが巻いてあります。みなさんはここで終了して右の斜面に上がっています。なんとなく右の窪地が道のように見えなくもない。

DSCN1227.jpg
すこし登るとはっきり道と分かります。幅3m位の林道が廃道になった感じです。(事実そうだろうと思います)

DSCN1229.jpg
ヤッパリ昔は林道だったと分かります。ほぼ水平にこの林道を辿るのですが、平坦な林の中では分かりにくくなりますがかすかな痕跡を辿って進みます。

DSCN1233.jpg
約30分で仙人女平に出ます。
ここは大玉村の県民の森から安達太良山頂にゆく「表登山道」ですが、殆どの人はスキー場のロープウェーを使うのでこちらはかなり荒れています。ただはっきりしていて迷うようなことはありません。

DSCN1236.jpg

表参道は県民の森方面に行くので駐車場に行くにはかなり遠回りになります。そこで標高900m付近から右の穏やかな沢を下ります。滝はありません。
杉田川への合流点は駐車場のすぐ上流です。

DSCN1244.jpg
駐車場に帰ってきました。3日間の沢の旅も無事に終わりました。自分にお疲れ様と言ってあげました。


end
関連記事
[ 2013/06/30 08:26 ] 沢登り | TB(0) | CM(3)
初めまして
初コメントさせて頂きました。
写真を拝見させて頂くに、水流が多く、深い釜が多そうな沢♪
夏、濡れながら遡行すると気持ち良さそうですね。

お疲れさまでした。
[ 2013/07/03 00:40 ] [ 編集 ]
晴登雨読
速報で「晴登雨読」!とあったので、まさか・・と思ったらほんとに午前中の山行だったのですね~uconさんが車中でタブレットを片手に好きな世界を楽しんでいるのが目に浮かびますよ~

杉田川は私も連れていってもらったことがあるのですが、一日がかりでしたよ~台風一過で水量が多く、uconさんが唯一大きな写真を載せている二条の滝ではそのおおらかさに同行者みんなで歓声をあげました~紅葉の季節でそれは素晴らしかったですね~

烏川は残念でしたが、杉田川は楽しめてよかったですね☆ここは日本百名谷に選定されているようですよ~

安達太良を巡る沢には私も登りたいところが何本かあり、参考になりました~☆
[ 2013/07/02 20:20 ] [ 編集 ]
素晴らしい(^▽^)/
杉田川、滝群がとっても素敵ですね!
登ってみたいなぁ~~♪
お天気に恵まれ、いい遡行が出来て良かったですね。

そして最後にお待ちかね、自分撮り^^
お疲れ様でした☆
[ 2013/07/01 16:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。