FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > トレーニング > 三つ峠 天狗岩

三つ峠 天狗岩

日程  :2013年9月3日
場所  :三つ峠 天狗岩
メンバー:ikuko、みかん、(L)ucon (敬称略)
コース&タイム
御坂口P8:50→10:30天狗岩(偵察&訓練)14:35→15:30御坂P

天狗岩

記録
 上越の沢(東ゼン、ゼニイレ)が天候不順で中止になったので予てから気になっていた三つ峠の天狗岩にikukoさんとみかんさんに声を掛けて行ってきました。
目的は初心者のロープワークと簡単なクライミングの練習につかえるかどうかの偵察です。
その結果、駐車場から重いガチャ類を背負うと岩場まで1時間以上掛かるのが難ですが岩場は練習に最適だと思いました。特に富士山を真正面に見るロケーションは素晴らしい。一番の問題は初心者がいるかどうか?ですが・・。

DSC01768.jpg
駐車場から天狗岩まで標高差400mを登ります。

DSC01716.jpg
いつもは小屋の前を直進して屏風岩に向うのですが今回は小屋の手前から右折して木無山の方に向います。
小さな草原になっていて秋の草花が咲いていました。

DSC01765.jpg
約70~80m行くと左に岩場にゆく道(踏み跡)?があります。ここを入って10mで岩場(天狗岩)の上に出ます。

DSC00560.jpg
天狗岩の頂上です。幅は約5m、長さ15m位の平らな岩の広場になっています。

DSC00561.jpg
岩の先端に立つと富士吉田から都留への里が眼下に見えます。

DSC01718.jpg
岩は岬のように突き出ています。

DSC01736.jpg
約400mの距離で屏風岩が真正面に見えます。

DSC01722.jpg
このようなアンカーがシッカリと設置されていました。全部で6箇所ありました。
その他にもボルトはいたるところ?に打ってあります。

DSC01721.jpg
それでは先ず懸垂で降りて見ましょう。

DSC01728.jpg

DSC01730.jpg
今度はアッセンダーで登り返します。
小さな黄色のヘルメットが岩場の下で高さは15mありました。

DSC01732.jpg
岩は礫岩でホールドスタンスは豊富です。縦走路の岩場通過を想定して登山靴での登攀練習によいかもしれません。
礫岩:石ころが地中の圧力で押し固まってできた岩。砂が押し固まれば砂岩。ドロなら泥岩。サンゴなら石灰岩。

DSC00579.jpg
岩場の先端の方に移動して降りてみます。約20mありました。

DSC00580.jpg
登り返します。アルパイン的で楽しいです。

DSC00578.jpg
こんな感じです。高度感もあります。

DSC00576.jpg
適度に平らで広いテラスがあるので確保の練習にもいいと思いました。

DSC01757.jpg
クラックを登る私です。
礫岩の様子がよく分かります。ただホールドにした礫(デッパリ)がポコッと抜けることも念頭にいれて使いましょう。

三つ峠は高校時代(ピッタリ半世紀)前から通っているけど天狗岩があることを知りませんでした。
去年草花を撮ろうとハイキングしているときに茂みの向うで大勢の人声が? なんだろうと覗いて見たらここだったのです。
ここで基本を学んで岩に慣れたら、屏風岩に移動して巨人や中央カンテ、ゴンベイチムニーなどクラシックルートを登りましょう。
標高1800mの山頂にある岩場で真正面に富士山を見ながら登るミニアルパインは技術向上とは別に素晴らしいですよ。

end
関連記事
[ 2013/09/04 13:57 ] トレーニング | TB(0) | CM(3)
怖かった!
uconさん、今回は計画をありがとうございましたm(_)m
三つ峠の岩は魅力的♪なんて言っていたけど、久しぶりの岩は怖かったです・・
湯河原の岩場と違い場所が高く、下を見ると吸い込まれそうでした!

でもこれからは段々涼しくなり、岩に触れる機会も増えてくるでしょう。
それはそれで楽しみです(^^)/
[ 2013/09/04 22:14 ] [ 編集 ]
素敵な眺めですね
昨日ですがクライミングシューズを買ってきました。

かなりキツイサイズを購入しました。

uconさんのご予定に合うときは参加させてください
[ 2013/09/04 17:51 ] [ 編集 ]
さながら~講習会
お世話になりました~
記憶力の悪い私は何度も繰り返しやらないと覚えませんが
uconさんは理屈を考えなさい、と教えてくれます。
私の弱いところです。
この日はアプローチの山道でのお花畑に堪能したり、のんびりとトレーニングさせてもらったり、岩場の上からは山中湖方面の明るい山容を眺められたり・・と楽しいひとときでした♪
ロープの性質やタイブロック・アッセンダーの弱点なども学べて良かったです。
[ 2013/09/04 16:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。