FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 十二ヶ岳

十二ヶ岳

日程  :2013年9月17,18日
場所  :富士五湖の西湖&十二ヶ岳
メンバー:単独
天気  :快晴
コース&タイム
根場(西湖西岸)6:34→(カヌー)→7:14東岸7:33→9:15毛無山9:38→11:13十二ヶ岳12:10→13:38毛無山13:49→15:09東岸→(トラブルにより地元の人の車で移動)→西湖漁業組合15:46→(カヌー)→16:15根場
十二ヶ岳軌跡
帰りのカヌーは湖の南岸から出ました。

記録
もっと遠く(穂高など)に行きたかったが台風が本州上陸の予報で、躊躇していたら次第に禁断症状が出始め、台風が過ぎ去って日数も無かったので秋晴れの中カヌー&ハイキング(登山)第2弾を行いました。

(17日)
西湖西岸の根場で車中泊
DSCN2006.jpg
夕日に映える富士山。

(18日)
DSCN2012.jpg
朝の富士山。朝日は向こう側に当たっているハズ・・

DSCN2014.jpg
王岳に当たる朝日。車の向こう側に組みあがったカヌーが見えます。

DSCN2019.jpg
東岸に着いたら霧が晴れました。航行中は霧の中でGPSを頼り。霧は他の船と衝突するほどではありません。

DSCN2087.jpg
毛無山山頂直下の草原から。秋だな~

DSCN2022.jpg
毛無山からの河口湖。今回は富士山がこれでもか!コレデモカ!と姿を誇示していました。飽きたかな?

DSCN2023.jpg
毛無山山頂にて。ちなみにお腹にモザイクは入れていません。

DSCN2078.jpg
一ヶ岳

DSCN2076.jpg
ニヶ岳

DSCN2075.jpg
三ヶ岳

DSCN2074.jpg
四ヶ岳

DSCN2070.jpg
五ヶ岳

DSCN2069.jpg
六ヶ岳

DSCN2045.jpg
七ヶ岳

DSCN2066.jpg
八ヶ岳

DSCN2065.jpg
九ヶ岳

DSCN2062.jpg
十ヶ岳

DSCN2061.jpg
十一ヶ岳

DSCN2048.jpg
十一、十二の間のキレットに懸かる吊り橋。ユラユラとかなり怖いです。

DSCN2050.jpg
そして、十二ヶ岳

DSCN2057.jpg
十二ヶ岳山頂にて。湖は西湖です。

DSCN2093.jpg
帰りの湖上から見た十二ヶ岳。写真中央の岩場がゲレンデがあるところ。富士と西湖を見ながら初冬の一日を遊ぶのに最適な岩場です。
その左上にも十二ヶ西壁風の岩場が見えます。下の沢伝いにあの岩場を登って見たいな。

(花たち)
DSCN2029.jpg
花ではないけどマユミの若い実。11月過ぎると冬枯れの山に真っ赤な彩りを添えます。

DSCN2080.jpg
ハギ。そういえば庭に紅白のハギを混植して楽しんでいたら今年は赤が無くなってしまった。白組の勝ち”ってことかな?

DSCN2043.jpg
直径2cm弱の小さな花。

その他はご存知トリカブトはいたるところに咲いていました。

<トピックス>
十二ヶ岳からヨロヨロと「もう歩きたくないー」といいながら今朝上陸して陸に引き上げておいたカヌーのところにたどり着くと「無い!カヌーが無い!!!」。しばらく呆然と途方にくれる。
冷静になってきたので検証を始める。
・ここは水力発電所の取り入れ口の柵の外側。
・増水すれば水底になるような石ころだらけの河原状で個人の所有地ではなさそう。
・風に飛ばされないように「危険!立ち入り禁止」の看板の杭にロープで繋いでおいた。
・突風があったような形跡もないし、得意のもやい結びなので自然に解けるハズはない。
仮説① 車で持ち去ったのか?
・フールディングカヤックとは言え長さは4強あり乗用車には積めない。
・解体するにしても手順があり、このカヤックになれた人で無いと無理でそうそうそういう人はいない。
・ここと道路の間にはキャンプ場があり、柵があるのでキャンプ場の許可がないと車は入れない。
仮説② 湖から・・
・乗るにはイキナリは無理で多少でも慣れが必要。
・この辺りで遊んでいた同じかぬーを持ったカヌーイストが見つけて乗って行ったのか?
仮説③ 湖の管理者撤去した。
・管理者は国、県、町? それにしても撤去したら連絡先などを残しておくはずだが何も無い。

分からない。
ハッキリしているのは誰かが持ち去ったのだ。持ち去った理由はどうあれ他人の所有物を勝手に持ち去れば窃盗である。従ってこれは警察に盗難届け(紛失届けではない)を出すのが国民の義務である。
そう判断して・・・・・

(つづき)
なにはともあれ道路に出るにはキャンプ場の敷地を通らなければならないのでキャンプ場に聞いて見ることにした。
管理事務所の前で丁度キャンプ場の人らしき奥さんに出会ったので、私「済みません、つかぬことをお伺いしますがこれこれこういうわけで今朝湖畔にカヌーを置いたのですがそれが失くなってしまいました。なにか心当たりは無いでしょうか?」、奥さん「見かけなかったよ」と、私「ガックシ」と途方にくれる。
そこに若奥さんらしき女性が来たので奥さんが「〇〇ちゃん、この人がカヌーを見なかったかって言うのだけどどう?」と聞いてくれた。若奥さん「ああ、それって青いカヌーですか?」私「ハイ!そうです!」と声も上ずる。若奥さん「それなら30分くらい前に漁協の人が軽トラに積んで持って行きました」。私「エッ!漁協の人?」、若奥さん「こっちにきてください」と別棟に導かれる。
そこに若主人らしき男性がいて若奥さんが事情を話すと「そうそう、漁協の人が不法投棄の粗大ゴミとして片付けた。もし持ち主が来たら連絡するようにと言われているよ」とのこと。若主人「ここから約2km湖岸道路を走ったところに漁協があるからそこに取りに行ってください」私「エッ!2km・・・」と腰がヘナヘナになる。若主人「それじゃ行き掛かりだから車で送ってやるよ」私「ホッ お願いします」と喜ぶ。車の中で若主人が言うには「カヌーやウィンドサーフィンで遊ぶ人が多いけど、ちょっと壊れるとそのまま置き去りにする人がいて地元では迷惑している。処分にはお金も懸かるし」私、そういう事情があるのか?では間違われても仕方ないなと非を認めて、そういう人達を代表して「済みません」と謝罪した。
そうこうしているうちに漁協に到着する。あった!カヌーがキチンと保管されていた。
漁協の人にご迷惑を掛けたお詫びと保管していただいたお礼を言って我が愛艇を引き取らせていただきました。
目出度しめでたし。
最後に「観光客のみなさん、いらなくなっても地元に迷惑をかけるので置き去りにせず持ち帰りましょう」そして私は「これから湖畔にデポするときは不法投棄ではないことと連絡先を明記したものを目立つように置いておく」ことにしました。
地元のみなさん、ご迷惑をお掛けしました。そしてご親切に対応していただきありがとうございました。


end
関連記事
[ 2013/09/19 12:02 ] ハイキング | TB(0) | CM(2)
一件落着
私はてっきり盗まれたかと思ってました。
漁協が不法投棄と勘違いして移動させていたとは・・・。
親切な人に出会って車で送って頂いて、愛艇も戻って、
ちょっとホッコリする結末でしたね。
[ 2013/10/04 23:25 ] [ 編集 ]
結末を早く知りたい・・・
コースタイムを見ると、東岸からからカヌーで西岸に戻っておられるから、多分カヌーは見つかったんだと思いますが、一体誰が・・・(?。?)
[ 2013/09/30 12:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。