FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 五郎山

五郎山

日程  :2013年10月20,21日
場所  :長野県 佐久 川上村 五郎山
メンバー:単独
天気  :晴れ後曇り
コース&タイム:
町田市の自然休暇村6:08→(林道)→7:15登山路入り口→8:34マキヨセの頭→9:08五郎山9:32→10:38林道→11:07幻の滝入り口→11:12幻の滝11:14→11:47自然休暇村
五郎山軌跡
・001から先の林道は路面が大きく抉れているので車は入れません。
・002は林道から登山道への入り口です。

記録
P1150868.jpg
町田市自然休暇村脇の道路脇に駐車しました。右の建物は天体望遠鏡ドームです。

P1150793.jpg
しばらくはシラカバ林が美しい林道を歩きます。

P1150861.jpg
林道がシボコリ窪沢の右岸に移ると路面は大きく抉れて普通の車(4WDも)は通れません。

P1150795.jpg
更に進むと幻の滝に行く細道が右に分かれます。幻の滝は帰りに寄ることにして(もし体力が残っていたら)先に進みます。

P1150799.jpg
林道は緩やかに登って行きます。

P1150800.jpg
林道にシラカバが生え、大きな石が道?を塞いでいます。どうやら行過ぎたようなので引き返しました。

P1150849.jpg
約100m戻ると登山口がありました。ここからは踏み跡のような登山道を登ります。

P1150803.jpg
標高差で100mも登るとこのような岩が出始めて、右に左にと絡みながら踏み跡が続いています。ここは右を通りました。それにしてもこの時期なのに、この高さなのにまだ紅葉していません。

P1150806.jpg
その上の岩です。心なしか紅葉しているような。ここは左を通りました。

P1150807.jpg

P1150814.jpg
樹林からイキナリ開けた見晴台のような岩に出ました。

P1150810.jpg
この岩の上からの眺めです。八ヶ岳方面。

P1150811.jpg
小川山方面。

P1150812.jpg
雲がかかっている辺りが国師ヶ岳、その右のコルは大弛峠?。

P1150815.jpg
見晴台から上はこのような岩場になりました。

P1150816.jpg
右側はスパッと切れ落ちています。

P1150819.jpg
あれは? どうやら五郎山山頂のようです。ということはマキヨセの頭は?・・通りすぎてしまったようです。

P1150820.jpg
手前のピークは左を巻いて、岩壁と樹林の境目のバンドを通ります。

P1150824.jpg
山頂の岩峰が迫ってきました。コルを越えて今度は山頂岩峰の右側の木の生えたバンドを通ってピークの向こう側から山頂に登ります。

P1150827.jpg
後ろを見るとさっき巻いたピーク(岩峰)が鋭く聳えていました。

P1150830.jpg
右から木の生えたバンド(幅があるので怖くはないけど転ばないように)を越えると浅いルンゼ状を尾根に向って一登りします。

P1150834.jpg
山頂から越えてきたマキヨセ方面の尾根を見ます。

P1150836.jpg
山頂でハイ!パチリ!今回はモザイクしていません。

P1150856.jpg
山頂から1時間くらいで林道に戻って、まだ少しだけ体力が残っていたので幻の滝に寄りました。林道からは200mくらいで数分でした。滝は15mくらいありそうでした。

end


関連記事
[ 2013/10/22 07:32 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。