FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 墓場尻川

墓場尻川

日程  :2013年10月23日
場所  :碓氷川水系 霧積
メンバー:みかんさん、ikukoさん、yasuo12さん、ucon
天気  :
装備  :8mm30mロープ 2本 三段ノ滝の右を巻いたとき戻るのに20m位の懸垂に使用
      8mm15mロープ 1本 小さな滝やお助けに使用
      チェーンアイゼンは全員持参し泥斜面の巻きに有効だった。
      ソールはアクアが3人、ゲルトが一人だったがヌメッテはいなかったのでアクアで問題なかった。
コース&タイム
いずみ橋6:20→(堰堤から入渓)→9:00三俣→10:18雌滝→10:55雄滝→12:00林道→(旧中仙道)→13:30下降点→(右岸尾根)→14:40いずみ橋
墓場尻沢軌跡
旧中仙道の途中から車をデポしたいずみ橋に向う尾根をショートカットしました。後にも書きましたが途中に10mの崖があり懸垂しました。

記録
DSC02418.jpg
いずみ橋横の駐車スペース。5台くらいは置けます。

DSC01484.jpg
左岸の林道を約100mくらい行くといずみ橋から見える堰堤の上に降ります。なにか工事中のような雰囲気でした。

P1150870.jpg
堰堤の上のバックウォーターに流れ込む墓場尻川。

P1150871.jpg
いきなり滑床になりました。

P1150873.jpg
さあ!行くぞ!

P1150875.jpg

P1150876.jpg
周りに森がなければコンクリートで土手も川床も固められた都会の川(神田川?)のようです。でも水は綺麗!
・・・といいたいけどほんの少し笹にごりしていました。

DSC02444.jpg
3脚を置く石もないので3人でハイ!パチリ。(一人はカメラマン)

P1150877.jpg

P1150878.jpg

P1150879.jpg
もう少し水が少なければあの中段から「ヨイショ」と上がれるのですが・・・」。結局左から巻きました。

P1150880.jpg
その上も赤い岩の滑床は続きます。

P1150882.jpg
なにが嬉しいのか?喜んでいます。

P1150883.jpg
こちらも真ん中に立って感傷に耽っています。

P1150884.jpg

P1150885.jpg
ikukoさんが突破にチャレンジしたけど水勢に押し戻されてきました。他のメンバーは左から巻きました。

P1150886.jpg
右の3本のスジを辿れば行けそうだけど左から巻きました。

P1150888.jpg
へつっています。

P1150891.jpg
リーダーの後を忠実に。

P1150894.jpg
快適な滑は続きます。

DSC02446.jpg
今度は一人入れ替わってハイ!パチリ!

P1150895.jpg
オットット!

P1150896.jpg
大きな岩が谷一杯に挟まっている左が本流です。

P1150898.jpg
ここは右から巻きました。

P1150899.jpg
挟まっているように見えた大きな岩はどうやら挟まっている訳でもなさそうです。

P1150901.jpg
際限もなく続く滑床

P1150902.jpg
上記に同じ!

P1150904.jpg
三つ俣に着きました。
白いヘルのリーダーの左の水流が左俣。その奥の木の間越しの滝が中俣、右の谷が右俣・・・となんだか当たり前の説明になってしまいました。

P1150906.jpg
これなら少し分かりやすいかな?

P1150907.jpg
左俣はヒョングッています。

P1150910.jpg

P1150914.jpg
快適にスタスタと

P1150930.jpg
折角の綺麗な渓も雨で暗いので手ブレしてしまいます。おまけにレンズが濡れてぼやけてしまいます。

DSC02526a (6)
雌滝です。netで見る2011年頃の雌滝は左壁に草木があるのですが、今はなにもありません。

P1150940.jpg
雄滝が見えてきました。

DSC02538.jpg
雄滝です。ちょっと取り付く気になりませんでした。記念写真を撮って右から巻きました。板状の岩が泥の上に乗っていてそれが滑り落ちそうでちょっと怖かったです。

P1150946.jpg
雄滝の落ち口。

DSC01629.jpg
雄滝を越えれば主な滝は終わって倒木やブッシュが多くなりそうなので右岸の斜面を登って林道に出ました。

DSC01631b.jpg
旧中仙道の途中からいずみ橋にショートカットしようと入った尾根の途中に出てきた10mの崖で懸垂でおりました。この尾根はここだけ気をつければ時間短縮になるのでお薦めです。但し30m以上のロープがあれば!です。

DSC01634.jpg
いずみ橋近くの車道に出ました。雨の中お疲れ様!

同行者の記録 yasuo12さん

end
関連記事
[ 2013/10/24 15:46 ] 沢登り | TB(0) | CM(3)
ありがとうございました
今回もご一緒していただきありがとうございました。

あいにくの天気でしたが楽しい沢でした。


次回もどうぞよろしくお願いします
[ 2013/10/25 23:00 ] [ 編集 ]
雨もまた楽し・・
雨も自然の内~雨が好きな?uconさん~ヨカッタですね~楽しかったですね♪
私はナメ大好き人間なこともあり、ひとりで騒いでいたような・・
そう~童心に帰らせてくれる沢でした~
また、増水していたことが沢の美しさを増していたのかも・・
リーダーのみかんさん、この場をお借りして感謝します~

沢シーズン終盤になってきました~次回も楽しみにしています☆
[ 2013/10/25 21:09 ] [ 編集 ]
ナメの綺麗な癒し系
uconさん、墓場尻川にご参加頂きありがとうございました^^/
雨の合間を縫って選んだ日にちが、やっぱり雨・・
でも小雨で助かりました。

墓場尻川はその名に反して、とてもナメの綺麗な
難しい滝にはしっかり巻き道が付いている癒し系の沢ですね。
これで晴れていればどれだけ素晴らしかったことか・・

計画されている方、お勧めです♪是非晴れた日に☆

[ 2013/10/25 08:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。