FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 坊主谷・坊主小屋沢

坊主谷・坊主小屋沢

日程  :2013年10月29日
場所  :奥多摩 奥多摩湖 峰谷水系
メンバー:(L)みかんさん、ikukoさん、yasuo12さん、ucon
天気  :
主な装備:8mm15mロープ、8mm30mロープ2本、全員アクアステルス、チェーンアイゼン
コース&タイム:
三沢橋(車デポ)7:30→7:54出合8:11→10:20大滝11:32→11:35二俣→12:41標高1250m→(送水パイプ見回り道)→14:00登山道→14:12奥集落→14:46三沢橋
坊主小屋沢軌跡
標高1150m辺りで雨が本降りになってきたので送水パイプ見回り道に上がってエスケープした。

記録

DSC02577.jpg
三沢橋に車をデポして出発します。

三沢端から峰谷川沿いの林道を約20分歩いてモクボ谷と坊主谷の出合に到着する。
ここで装備を身につけて入渓。

DSC01640.jpg
林道から坊主谷に降りる。

最初の堰堤は右から巻きました。

P1150949.jpg
堰堤の上からは小滝が連続します。

P1150951.jpg
右岸のガレを見上げると林道のガードレールが見えました。(この林道は地形図には記載されていません)

P1150952.jpg
幅広の滑滝。水流の左側を登りました。

P1150953.jpg

P1150956.jpg
滝が次々に現われ、右に左にと越えて行きます。

P1150957.jpg

P1150958.jpg
ここは左を巻いたかな?

P1150960.jpg

P1150961.jpg

P1150962.jpg

P1150963.jpg

P1150964.jpg
巻きも楽しみます。

P1150965.jpg

P1150966.jpg

P1150969.jpg
リーダーが身を持って初心者に確保を経験させているところです。初心者のフォローをikukoさんがそれとなくやっています。

P1150972.jpg

P1150974.jpg

P1150975.jpg

P1150976.jpg

P1150977.jpg

P1150978.jpg

P1150979.jpg

P1150981.jpg

P1150982.jpg
大滝が見えて来ました。

P1150984.jpg

P1150986.jpg

P1150987.jpg

P1150989.jpg
左壁を登ります。遠くから見ると厳しそうですが近付くと階段状です。

大滝の2段目は左から巻きました。

P1150991.jpg
大滝を越えると小滝が続きます。

P1150995.jpg

P1150997.jpg

P1150998.jpg
雨が降っているのに何がたのしいのか?・・・?リーダーはご機嫌です。

P1150999.jpg
二俣に着きました。これは左俣のワサビ田跡です。yasuoさんとikukoさんが「ワサビは残っていないかな~」と見に行きましたが・・・・あるハズがありません。

P1160002.jpg
右俣に入ると石積みの堰堤が出てきました。

P1160003.jpg
ちょっとしたゴルジェ。yasuoさんとikukoさんは突っ張り(ステミング)で楽しんでいました。

P1160005.jpg
水も大分細くなってきましたが終了点の登山道まではまだ標高差で450mもあります。

P1160007.jpg
小雨だった雨も次第に強くなってきました。黙々と登ります。

P1160008.jpg
左水際の階段状を登りました。

P1160011.jpg
標高1150mの正面に大きな岩があるワサビ田跡にでました。
ここで稜線近くの登山道までまだ標高差で400mあり、雨も本降りになってきたので左岸の山腹に付けられた送水パイプ見回り用の道を使って下山することにしました。

P1160010.jpg
写真の左上にパイプで作られた見回り道が見えます。

DSC02692.jpg
急な斜面のところは鉄パイプと鉄板で桟道が作られていますが補修されていないのでところどころ桟道が崩れかけているので要注意です。

DSC02693.jpg
送水パイプに沿って道が続いています。

P1160012.jpg
紅葉しはじめた奥多摩の山。

P1160013.jpg
斜面が緩くなって歩きやすきなってきました。

P1160015.jpg
植林帯を通ると登山道に合流しました。標高1030m地点です。

P1160016.jpg
雨に煙る奥多摩の山並み

P1160017.jpg
奥集落。

P1160019.jpg
やっと三沢橋の車に戻ってきました。まだ雨はバシャバシャと降っています。

同行者のプログ
 yasuoさん

end
関連記事
[ 2013/10/30 22:29 ] 沢登り | TB(0) | CM(4)
ありがとうございました
今回もありがとうございました

あの作業用経路を見つけるとはさすがですね。ところでアクアでまたこんな記録がでてました。http://www.yamareco.com/modules/diary/25769-detail-60501
[ 2013/10/31 23:31 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/31 20:49 ] [ 編集 ]
坊主谷
この沢の名前の由来はなんでしょうね~
それはよくわかりませんが、きれいな谷でしたね。
これでもかと小滝が続いてそれも落ち着く頃、あと稜線まで標高差400mのところでuconさんが巡視路に気づいてくれたおかげで、詰めの苦手な私は助かりましたよ~
乳白色のガスに煙る光景もしっとりとしてよかったですね~


[ 2013/10/31 20:46 ] [ 編集 ]
雨男に雨女(^^)
何と今回も雨に祟られました・・
前回中止の計画もあるので、これで3連続雨です・・
これからは私達の事を、雨四兄妹と呼んで下さい^^

でも沢の中では雨は全く関係無し。
何しろ水の中、濡れながらバシャバシャ歩くのですから(^▽^)/
坊主谷は小滝が果てしなく連続する、
初心者も安心して行ける とても楽しい沢ですね。
今回も賑やかな楽しい一日をありがとうございました☆

でも次回は晴れを狙います。
そうです。まだまだ沢を計画します。
みなさん、お付き合いよろしくお願いします^^/
[ 2013/10/31 09:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。