FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 登山教室 > 遭難救助講習会

遭難救助講習会

日程  :2013年11月17日
場所  :秦野市 戸川 神奈川県立山岳スポーツセンター
メンバー:ucon
記録  :今日は神奈川県立山岳スポーツセンターで行われる神奈川県山岳連盟主催の遭難救助講習会に行ってきました。この講習は毎年恒例で私も過去3回ほど受けたことがあります。
講習は以下の2つの部門に分けて行われます。
①縦走部門:尾根を歩いているときに道から10mくらい下の斜面に転落した人を尾根に引き上げて、
      安全なところまで搬送するという想定の訓練。今年は40名超の参加者があったそうです。
②登攀部門:岩登り中に転落して中吊りになった遭難者をテラスに下ろして、ヘリで吊り上げられる小広い
      テラスまで移動するため垂直の岩壁を引き上げてから切れ込みを越えて広い場所に移すという
      想定。今回は28名の参加者。

実は私は参加した訳ではなく見学です。
幸いにもまだ遭難に直面してこの成果を使った経験はないですが、この作業に使われている個々の技術は登山や登攀、沢登りなどに大いに役立っています。そして毎回新しい技術や道具が導入されるので今回は参加するのではなく見学して技術と装備を学ぼうと出掛けました。まあ、言ってみれば無賃乗車したわけですけど。
ちゃんと参加してないので遠くからそっと見るため双眼鏡とカメラを持って登攀部門を見学しました。

上記②登攀部門の想定に使われる技術は大きく以下に分かれます。
A.ロープ登り:空中に垂れ下がった1本のロープをマッシャーを使って登る技術。事故脱出にも使えますし
    急斜面のいわゆるコボウの安全確保に有効です。
B.1/3吊り上げ法:遭難者を1/3の力で引き上げる方法。理論的には一人で引き上げられます。
C.宙吊り者救助法:宙吊りで自己脱出できない遭難者を懸垂で上から降りていってロープを切断してテラスま
  で下ろす方法。空中での作業に慣れることができます。
D.テラスから更に遭難者を抱えて一人で懸垂する方法。
E.斜めに張ったロープで遭難者を川などの対岸に移動する方法。増水した川の荷物の運搬などにも使えます。

見学して
今回は新しい技術や道具は見られなかったけど、訓練方法やキビキビとした講師陣、真剣に取り組む受講者を見て爽やかで新鮮な気持ちと闘志を貰うことが出来ました。
この講習は登山する人皆が受けて欲しいないようです。
特に①の縦走部門はいつ自分や仲間、そして困っている人に出会うかもしれません。そのときのために是非受けて欲しいと思いますし、これを知っていれば余裕が出来て安全意識が芽生え事故を未然に防ぐ登山に繋がると思います。
また②の登攀部門はとても危険な作業なので実際にはよほど条件がよくなければ使えることも少ないと思いますがここに使われている個々の技術は本チャンクライミングや沢登りにはとても役立ちます。是非受講されることをお薦めいたします。
ただ”登山する人は全員”と言いたいところですがこの講習は年に1回であり、また募集人数に限りがありますのでせめて登山の会やグループのリーダーが受講して自分の会に帰って会員に伝えて欲しいと思うのです。
ただし中にはとても危険なこと(ナイフでロープ切断とか)が含まれていますので間違いや思い違い、あるいは直面してパニックにならないよう事前の机上講習や打ち合わせは充分過ぎるくらいに。
  
訓練風景
P1160259.jpg
 神奈川県立山岳スポーツセンター

P1190143.jpg
 中吊りになっている赤いヘルメットの人を上から赤い上着の人が懸垂で救助に向っているところ

P1160252.jpg
 中吊りの人を抱えてロープをナイフで切断しているところ。おお~怖!!

P1160261.jpg
斜めに張ったロープで遭難者を下ろしているところ。


end
関連記事
[ 2013/11/18 09:43 ] 登山教室 | TB(0) | CM(1)
なるへそ!
確保者の登り返しではなく、ロープ切断の手があったか!
でも、貧乏人には・・・
上から懸垂には、条件限れるし・・・

只今、ナメコ立木での投げ縄⇒マッシャー登り返し&懸垂のクライミング訓練中!!!(今年は多分に崖っぷち立ち枯れの上部発生のため~命懸け?)
[ 2013/11/18 19:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。