FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 道具 > GK72

GK72

今日(2013-11-27)注文していたトレッキングシューズが届いた

P1160386.jpg
今回新調した キャラバン GK72 24.5cm チャコールグレー


P1160387.jpg
今まで履いていた キャラバン GK67 24.5cm イエロー
入手したのは昨年(2012年)の2月ころ、11000円で購入した。幅がEEEで柔らかく足を包むような履き心地というのが気に入って購入したが確かにその通りだった。
今まで海外メーカーの靴を履いていたがどれも下山と同時に脱ぎたくなった(足が痛かった)がGK67は履いたまま帰宅できるほど足に負担がなかった。
ただ最近水が滲んで中が濡れるようになってきたのと、ソールと本体の接着面に小さな裂け目が見られたので
新調することにした。
当初は同じGK67をもう1足と探したがもうほとんど市場から無くなっていた。(24.5cm以外なら少しあった)

GK67と行った思い出の山
アンナプルナ内院:約2週間毎日履いて歩いたが快調だった。
奥穂南稜    :岩稜でもフリクションはバッチリで問題なかった。但し爪先立ちするようなスタンスに
         乗るのは苦手かもしれない。
スノーシュハイク:丹沢や富士山の裾野のような低山では足が冷たくなるようなことは無かった。 

新旧の比較
P1160368.jpg
右のGK67の方が型崩れしたのかかなり大ぶりだ。

P1160363.jpg
GK67とGK72の違い(見た目)
①アッパーがGK67は合成皮革とナイロン生地だったがGK72は爪先がゴムになり他は1.6mmのぬスエード
 レザーになった。
②紐を通すシューレースがテープからハト目になった。
③丈が低くなった。

変わらないところ
①ソール関係は同じ。
②重さは両方とも510g/24,4smで同じ。

履き心地
GK67の新品の時の記憶とGK72を比較すると幾分72の方が硬いような気がする。

P1160364.jpg

P1160365.jpg

P1160366.jpg
ソールは同じ(外見)だ。

P1160377.jpg
GK67のシューレースはテープで足首を止めるところは音難締め付け力がかかるのか半分切れ掛かっている。

P1160380.jpg
GK72の足首のシューレースは金属で補強された。

修理について
キャラバンにはリペアルームがあってソールの張替えやその他の修理が出来る。
私もGK67の修理について問い合わせてみた。
・ソールの張替えは可能で期間は数週間、費用は1万円前後とのこと。
11000円で購入したものだから・・・どうしようかな?もう次を買っちゃたしな~
・水漏れについても聞いてみた。
 原因としては中に小石や砂が入ってゴアを物理的に傷つけ破れたか撥水性が落ちて透湿性が落ちたかのどちらか
 との話だった。試しに中性洗剤で洗って撥水剤をかければ回復するかも知れないとのことだった。

修理問い合わせ先
株式会社キャラバン 東京本社 「リペア」係
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-29-24
パシフィックスクエア千石 2階
TEL:03-3944-2331 FAX:03-3944-6540
e-mail:rpr@caravan-nature.co.jp

キャラバンについて
私の記憶では約55年前、日本隊がマナスルに初登頂したとき、ベースキャンプまでのキャラバンで初めて布製の登山靴が使われ、それがキャラバンを知った最初です。
私も高校生のとき1足買って使ってみたがなんだかダサクてあまり好きになれず、つい最近までキャラバン=ダサいのイメージが染み付いていたがこのGK67で一新され「なかなかヤルジャン、キャラバン」という見方が出来るようになった。また渓流シューズの大峰アクアもキャラバンで気に入っている。

サイズについて
私は日本人だからバンビロで長さは左が24.4、右が24.2cmです。
普通なら25ないし25.5の靴を選ぶところですが、小さめが好きなので24.5にしました。
(ちなみに沢シューズは1cm小さい23.5cmを使っています)
その代わり靴下はいわゆる登山用の厚いものではなくスニーカーを履くときの薄いものを使っています。
(お見苦しいと思いますが”百聞は一見にしかず”で靴下はこんなものです)
P1160389.jpg
こんなものでも靴が柔らかいので痛くはありません。またスノーシューでも冷たく感じないのです。
それでも流石に最初は窮屈なので足に馴染むまではインナーソールを外して、馴染んできたら入れるようにしています。
今回は中敷をヘタったGK67の物と交換したところいい感じです。

どうしてここまでしてサイズに拘るかと言うと”登山は山や沢を歩き飛び回るスポーツ”と捉えているからで、私の心は(ナンチャッテ)アスリートなのです。(身体は違いますよ、身体は)
決して”観光客”ではありません。(そんなに力まなくても・・・・)
どんなスポーツのアスリートもブカブカのドタ靴では競技しませんからね。

end
関連記事
[ 2013/11/27 16:50 ] 道具 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。