FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 大室山(北尾根)

大室山(北尾根)

日程    :2012年3月1日
メンバー :単独
天気   :曇り
コース  :別荘地(出発)8:30→10:15P943→12:50大岩(標高1400m)13:00→14:00山頂14:20→14:35大岩
        →15:50P943→17:00別荘地
大室山北尾根
記録   :昨日雪が降ったので思い立ってまたまた大室山北尾根に来た。前回は北尾根だと思って登ったのが茅の尾根だったが今回は本物の北尾根。前回隣の尾根が気になっていたので好都合。
除雪したばかりの山道を愛車で走り登山口付近に車をデポ。早速仕度をするが30cmくらいの新雪が積もっている。
大室山北尾根1
早速スノーシューをつけて登山口を探すが雪で埋もれて踏み跡が見つからず、面倒とばかりに別荘脇の杉林に入る。
大室山北尾根2
杉林の中は新雪で埋まっていて融け始めた雪が梢からバサバサと絨毯爆撃のように落ちてくる。
(本物の絨毯爆撃があった時期は乳飲み子だったけど)
大室山北尾根3
杉林を登るとすぐに林道に出た。この林道は右奥にある谷にある堰堤まで続いているようなので少し歩いてから適当なところから左側の尾根に取り付いた。
大室山北尾根4
すぐに尾根上にでて左の植林と右の雑木林の間を登る。多分この雪の下には踏み跡があるのだろう。
大室山北尾根5
次第に尾根状になって来る。雪も少しずつ深くなって来る。
標高943mのピーク手前で大室指(オオムロザス)方面からの登山道が合流する・・・ことになっているが今日は踏み跡も雪の下であり、標識もないので地形図上だけの確認。
2つほど10~20mのピークを超えるとあとは山頂まで登り一辺倒だ。
ひたすらユックリユックリ登る。全部林の中なので山頂は望めないが右には1420mくらいの加入道山手前のピークが見える。
大室山北尾根6
中々変化しない高度計をにらみながら登っていると標高1400mでいきなり目の前に10m以上もある黒々とした大岩が立ちはだかった。
大室山北尾根7
大岩の根基はハングしていて少しだけだが雪が吹き込んでいない地面が見えていた。ここなら1晩くらいはツエルトを被ってビバークできそうだ。
大室山北尾根8
この大岩の脇を登ると斜面は緩やかで広々となる。
ヘロヘロになりながら広い斜面を登っていると2人分のスキーの新しいシュプールに出会った。
多分茅の尾根からスキーを担ぎ上げたのであろう。
大室山北尾根9
やっと山頂に到着。前回より30cm以上雪が多いような気がする。
茅の尾根8
(この写真は2月15日にきた時の写真。短足なので判断しにくいが約40cmは違うかもしれない)

犬越路方面からのトレースはないので、降雪後に山頂に来たのは道志側からのスキーの人達ちと自分だけのようだ。
しばらく休んで往路を下る。長いナガイ・・・黙々と下って薄暗くなって車に辿り着いた。
今回は標高差1000mの新雪全部をスノーシューで登ったことになる。
丹沢でこんなことが味わえるとは思ってなかったので少しだけ「丹沢も捨てたものではないな」と満足。
   
関連記事
[ 2012/03/05 19:50 ] 積雪期 | TB(0) | CM(2)
シュプールは
郁子さんとご主人のかな?と想像してしまいました。
「流石あの二人はすばやい!」と思ったのですが?
今回は暖かかったのでヤッケもフリースも脱いだけどまだ汗だくでした。
そろそろ丹沢は雪がなくなりますね。
寂しいような、でも春が嬉しいような。
[ 2012/03/07 13:57 ] [ 編集 ]
丹沢の雪
さすがに雪を求めての行動は早いですね~
写真を見ると、樹林に霧氷がついていませんね。この日は暖かでしたもんね。
それがちょっと残念・・
H1400mあたりの大岩は「雨乞石」と地図に書いてあります。yamayaさんのビバークできる、という発想には、またまたさすが・・と思いました。この先には黒っぽいブナ林が続いていて静かですよね~
大室山頂上、yamayaさんの笑顔のバックは檜洞丸や蛭ヶ岳の山波が見えたようで気持ち良かったことでしょう~♪
丹沢はいろんな楽しみかたができますね☆
[ 2012/03/05 20:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。