FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 登山教室 > 山NETクイズ④

山NETクイズ④

テーマ
オフセット(落ち口やテラスから手が届かない位置にセットした)されたロープで懸垂。

設定
10mくらいの滝の上に二人でいて、これから懸垂で降りようと思うけど懸垂ポイントは滝の落ち口の左外側の急斜面にあるシッカリした木しかありません。
斜め上に1mくらい登れば木に届くのですが急なドロ混じりの斜面で落ちると滝下に行ってしまうのでフリーでは怖いです。

スキャン0001
下手なイラストですがこんな感じです。

課題
出来るだけ安全にスムースに懸垂したいのですがどんな工夫をすれば良いですか?

装備
8mm30mロープ1本
その他沢登りに必要な装備。

※①や②で出題者も想定していなかった思いもかけないアイデアが幾つも出ています。
 ヤッパリ「3人寄れば文殊の知恵」ですね。
 楽しみです。



end
関連記事
[ 2013/12/14 16:19 ] 登山教室 | TB(0) | CM(5)
名古屋から参加
ikukoさんと同じです。滝の落ち口には懸垂ポイントがないとのことですが、やはりビレイヤーは石か倒木で自己確保したうえで、パートナーに懸垂ポイントの立木までロープをかけに行ってもらいます。スムーズにロープ回収ができるか確認したうえで、懸垂を開始します。回収が難しいようなら、シュリンゲとカラビナ残置で、懸垂下降します。
[ 2013/12/24 17:03 ] [ 編集 ]
シャックル懸垂
課題・オフセット支点からの懸垂。滝高さ10m。ハングの指定なし。オフセット方向左上に2m。急斜面上の支点。ロープ30m。必要装備あり。

問題は支点の取り方と、オフセットと指定するのだから回収に狙いかと思う。
上流側の大きな石等に支点を取ってもらいikukoさんのように確保されて何とか急斜面の立ち木支点まで行く。立ち木は懸垂地点よりオフセットしているから滑りが悪くロープ回収不能になると見て捨てスリングを巻き小さいシャックルを掛ける。シャックルには回り止めをする。ロープ往復しても10+10+2+2+α<30m。2本で下降。1人目はお助けで流水側にロープを案内して下す。末端は結ばない。最後はその位置で下降。流水から2mもずれているから藪に当る事あり。登り帰しの支度。回収。シャックルは捨てる。的を得た答えになっているでしょうか。

清水さん、考えていると面白くてお酒が飲めません。後は年明けにしませんか。
[ 2013/12/18 10:56 ] [ 編集 ]
訂正
捨て縄だとロアーダウン滑り悪いので、ビナかましその後、セカンドも立木まで引っ張り上げ、後は、ビナ回収して懸垂しもらおうかな~。
[ 2013/12/16 22:16 ] [ 編集 ]
振り子懸垂
だいたい同じだけど、投げ縄でトップビレイした後、捨て縄セットで降ろしてもらい、その後ビレイヤー交代で上の者を降ろすかな?
*肝はロープ末端にビナ等で重りをつけて振り子キャッチ、上の者を降ろす時振られる事かな?~でも滝中で溺れるよりはマシ?
[ 2013/12/16 20:45 ] [ 編集 ]
困りましたね~
急な泥斜面にステップを切って階段を作り、チェーンアイゼンをつけ、バイルを使って斜面に突き刺しながら登る。念のため、パートナーにビレーしてもらう。ビレーは上流側でボディと大きめの石にバックアップをとる。
懸垂ポイントの木を回ってロープをかけてから、そのロープをたぐり寄せる。懸垂の準備の際セルフビレーをとっておく。そしてパートナーのいる場所に懸垂下降する。
下に降りたら、パートナーにロープを送ってもらって滝を懸垂下降する。

[ 2013/12/14 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。