FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > トレーニング > 湘南平

湘南平

日程  :2014年2月3日
場所  :神奈川県平塚・大磯
メンバー:単独
総歩行距離:約6km
総登高距離:300m
コース&タイム
高麗山自然散策利用者専用駐車場13:38→13:38高麗神社→14:16高麗山→14:56千畳敷テレビ塔→15:13P145m→15:37小磯側登山口→16:16大磯駅
湘南平軌跡

記録
「暇だな~どこか歩きたいな~」と思っても一人だと中々エンジンがかからない。
そこでお馴染みの湘南平を午後から歩くことにした。今回は足だけの負荷として1.3kgの重登山靴に1kgの錘をつけたがヤッパリ重い。
ただコースは縦走形式として自分としては始めての千畳敷(湘南平)から西に踏み入れる。

P1160770.jpg
高麗山自然散策利用者専用駐車場(長い名前だな~)脇の階段から出発。駐車場は7、80台は置けそうに広かった。

P1160772.jpg
高麗神社裏の岩場。
ここは我が母校(平塚高校)から約1kmと近くて、山岳部のトレーニング場所だった。
岩は脆いのでクライミングは出来ないが当時はマニラ麻のザイルで確保や懸垂の練習をした。
その頃はハーネスなど無いからザイルを直接もやい結びで身体に巻きつけていたし、懸垂も確保器(無かった)やカラビナ(鉄だった)を使うのではなく肩絡みや首絡みだった。お尻や首が痛いのでお尻には丈夫なキャンバスの尻当てを着け、首はランニングシャツやTシャツではなく襟のあるカッターシャツであった。
確保は当然ボディービレイ(こういう言葉も無い)で肩絡みと腰絡みだ。
ちなみにそのころ知っていた結びからは①もやい結び(ブーリン)②二重結び(ラビット)③ミッテルマン(バタフライ)くらいしか無かった。
練習が終わって部室に戻ってから校庭にザイルを張って防水、防腐、柔軟性保持のためワセリンを塗った。

再度ここをロープワークの練習に使えないかと考えたが、下には遊歩道があり市民の憩いの場所で万一石でも落としたら顰蹙をかうだけでは済まないし、県民の森で植物採取はもちろん植物の生育を阻害する行為は禁止されているから立ち木にロープを掛けて懸垂などしたら直ぐ通報されそうなので・・・無理だな~ 止めとこ!

P1160779.jpg
稜線のキレット状に架かる橋。キレットというよりも人工的な溝に見える。よく山城や砦に見られる涸堀のような気もするがここにそのようなものがあったとは聞いたことがない。太平洋戦争当時に高射砲陣地があったくらいだ。

P1160794.jpg
笹などを刈り払って気持ち良さそうな林。

P1160808.jpg
湘南平(千畳敷)から東側は公園として綺麗に整備されているが西は自然そのもの。踏み跡程度の道を進む。

P1160816.jpg
白岩神社。東の高麗神社は綺麗だが西のこの神社は綺麗だが地味だ。

今回見た花や木の実
P1160807.jpg
P1160804.jpg
ヤブツバキ

P1160809.jpg
アオキの実も色づいた。

P1160782.jpg
リュウノヒゲ → ヤブラン(ご指摘により修正しました)

P1160787.jpg
スイセン

P1160802.jpg
センリョウ → マンリョウ?(ご指摘により修正しました)

湘南平は花が多いと聞いていたがこれだけだった。この時期だから仕方ないね。こんどGW頃に来てみよう。

end
関連記事
[ 2014/02/03 19:36 ] トレーニング | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/02/04 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。