FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 積雪期 > 西吾妻山(吾妻連峰)

西吾妻山(吾妻連峰)

日程  :2014年3月17日
メンバー:ucon単独
天気  :快晴
歩行距離:約7.5km
コース&タイム
リフト終点9:06~10:50西大嶺→11:05鞍部→11:50西吾妻12:06→12:14避難小屋12:20→12:57西大嶺→14:13リフト上部→14:34ロープウェー山頂駅
西吾妻軌跡
ロープウェ麓駅(1050m)から1400mの上駅まで行き、更に1575mまでリフトで登った。
帰りはリフトは乗せてくれないのでロープウェー上駅まで歩いた。

記録
去年(2013年)正月に吹雪で登れなかったので今回はリベンジだ。
幸い1日だけ快晴になり緩やかで大きな雪山をスノーシューでタップリ雪上漫歩できた。

P1170205.jpg
広い駐車場はまだまだ雪だらけ。車のフロントグリルには昨日の雪中走行のなごりの雪がこびりついている。

P1170207.jpg
ロープウェーとリフトを乗り継いでドンドン上がる。
ロープウェーは上りが1000円で下りが500円。リフトは上りだけで500円。合計2000円。
シニアがあると放送していたので聞くとそれは回数券だけのサービスとのことだった。
ちなみに運行時間はロープウェーが平日は8:30から下りは16:00.リフトは9:00からだった。
土日はそれぞれ30分早まるとのことです。

P1170208.jpg
リフト上駅。ここから歩きます。

P1170211.jpg
昨日の降雪でトレースは消えていたが一緒にリフトで上がってきた若いカップルがスノーシューで先行しラッセルしてくれる。
「後で追い着いてラッセルを交代しますよ~」と元気よく言ったけど、結局必死に追いかけてもドンドン離れるばかり。下山まで追い着くことは無かった。(決してラッセルドロボーではありません。念のため)

P1170213.jpg
木々の高さも低くなって右手に緩やかな大きな西吾妻山が迫ってきます。ちなみに西吾妻山は吾妻連峰の最高峰で2036mある。(他の嶺嶺は2000m未満)

P1170218.jpg
西大嶺に着きました。

P1170219.jpg
南を見ると磐梯山が尖ってそそり立っています。
手前に凍った裏磐梯の湖たちが見えます。

P1170221.jpg
鞍部から見た西吾妻。

P1170227.jpg
モンスターの勢ぞろい。蔵王のほかにもモンスターが出来ることをここに来て初めて知りました。でもここのは標高が高いためか木が低く小ぶりです。

P1170232.jpg
モンスターのアーチ。

P1170234.jpg
写真を撮ってもらってご機嫌。

P1170240.jpg
山頂です。西吾妻山の頂は広くて何処だかわかりません。地形図の三角マークのあるところで撮影しました。

P1170242.jpg
山頂直下の避難小屋です。
3年前の9月、中津川を2泊して遡行し最終日は雨の中ブルブル震えながらここまでたどり着いき一息ついた思い出深い小屋です。
あの時は寒かったな~。

P1170248.jpg
ロープウェー上駅まで下りてきました。
下山は単独5人が自然に集まって単独グループを形成してワイワイガヤガヤ歩きました。
これも単独の楽しみの一つです。

end
関連記事
[ 2014/03/21 09:48 ] 積雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。