FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 椿沢

椿沢

日程  :2014年4月11,12日
場所  :道志川椿沢
メンバー:単独
天気  :晴れ
コース&タイム
ヤケハギ尾根取り付き6:10→8:43前大室山→8:56椿沢下降点→(椿沢下降)→10:50林道→11:15P
椿沢
椿沢上部の青い旗印2本の間には標高差300m長さ600m強の立派な雪渓が残っていた。

記録
今回は今年(2014)の3月9日にヤケハギ、大室山北尾根をスノーシューで周回したとき破風口付近の稜線から不注意で雪の谷間に滑り落としてしまったストックを回収するのが目的だった。
結果は?

P1170381.jpg
約1ヶ月で雪もスッカリ無くなったヤケハギ尾根取り付き近くの道路脇(前回と同じ場所)にP

P1170382.jpg
道路の1段上にあるテニスコートの脇から林に入ってゆく。もちろん道や踏み跡はない。
このテニスコートは前回は雪原だった。

P1170383.jpg
ヒノキの植林と雑木林の境目をひたすら登る。
このヒノキのお陰で家に帰ってから花粉症で寝込んでしまった。

P1170387.jpg
やっと雑木林だけになりホッ!
大室山が大きく見える。

P1170390.jpg
林の中のちょっとした窪みの雪は残っていた。(標高1200m)
尾根でこうだから沢にはさぞかし大量の雪が?

P1170393.jpg
ツルシキミ  殺風景な林に彩りを添えている。実は可愛いが実だけでなく根から茎、葉まで有毒です。従って鹿も食べないので丹沢にはかなりはびこっています。(教訓:何事も可愛いいからといって迂闊に手を出さないように・・・)

唐突ですが麓の道志村は桜、桃、杏、レンギョ、ヤマブキなどなど桃源郷のような美しさでした。

P1170396.jpg
前大室山に到着。

P1170398.jpg
一応今回の最高地点なのでハイ!ポーズ!

P1170403.jpg
破風口への稜線。
ストック(杖)を落としたのは何処だっけ・・・・・と慎重に歩を進める。

P1170405.jpg
何となく見覚えあるぞ! ここに雪を載せて見ると
DSC04955.jpg
こうなる! 間違いない「ここだ!」。ここからスウーっと椿沢側の雪の斜面を滑り落ちて見えなくなったのだ。
一応沢装備を身につけて、落ちていったストックの気持ちになってガラガラの急斜面を目を凝らしながら降ります。

P1170406.jpg
あった~! 道から約100m下にありました。お気に入りのストックなので嬉しかった~。

P1170414.jpg
ストックにめぐり合ったところから雪渓になりました。

P1170415.jpg

P1170419.jpg
クレバス?もあります。

結局この雪渓は標高1300m~1000mまで長さ600m強ありました。
今回はシッカリと雪渓を想定してチェーンアイゼンと小型スノーシュー(雪が腐ったときに使用)を持参したけど午前中でもあり、北斜面なので雪は締まっていてアイゼンだけでスタスタと歩くことが出来ました。

P1170422.jpg
下調べでは滝など無い沢ですがこんな滝がありました。でも左岸が広い緩やかな斜面なので意識していないと見過ごしてしまいます。

P1170423.jpg
林道にでました。

P1170425.jpg
大室山北尾根の取り付き。前回はここに降りてきました。

今回はグロス(休みなども含む全体)で5時間の歩きでした。
目的のストックも回収できたし、標高差800mの無トレースルートなので満足の行く山行でした。
そしてこの時期の丹沢で長さ600mの雪渓に出会えたことは初めての経験で思い出の山行になりました。

end
関連記事
[ 2014/04/13 11:23 ] 沢登り | TB(0) | CM(2)
ミステリーツアー
同じ場面の画像が合ったのは偶然?今回の為に取ったのですか?もしそうなら読みが深いですね。尊敬します。
[ 2014/04/15 18:04 ] [ 編集 ]
ストック回収おめでとうございます
椿沢を上るものかと思ってましたが、破風口から下ったのですか!? かなりの急斜面でしたが、凄いです。 無事に回収できて良かったですね。 今でもこんなに雪渓が残っているのには驚きました。 
[ 2014/04/13 13:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。