FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 道具 > スノーシュー改良

スノーシュー改良

小型スノーシューの改良
以前から残雪期の山で朝は凍っているのでアイゼンで歩けるが日が昇って暖かくなると雪が腐ってアイゼンではズボズボと踏み抜いてしまい労多くして益少なしという状況を何とかすれば1歩先の雪山を楽しめると思っていた。
ワカンでも良いがやはり踏み抜きが多かったり斜面のトラバースなどはやり難い。そこでスノーシューで軽いのがあればワカンの代わりに使えるではと思っていたが、たまたまMSRに子供用のシフトというモデルがあったので購入して何回か使った。
残雪期の山はアプローチは雪も消えているのでスノーシューはザックに括りつけて歩き、雪が出てきたら履き替えるという使い方なので小さくても軽い方がよい。浮力は腐っていてもそこは残雪、締まっているので本格的なスノーシューほどの大きさは必要ないのだ。
シフトを去年と今年数回使った結果、緩やかな雪面ではとても具合がいいのだかヒールアップがないため登坂力が劣る。
そこで何とか自作をと夜も寝ないで考えて、手造りでやっと完成したので報告(自慢ですけど)します。

P1170511.jpg
いま持っている雪上歩行道具。
右は十数年前に買ったMSRのデナリ。バインディングが壊れたので自作してある。830g/片足
左はデナリが古いので代替として買った女性用のライトニングアッセント。830g/片足
中が今回改造したMSRのシフトという子供用スノーシュー 550g/片足

P1170494.jpg
労足で1.1kgの重さになるが腐った雪をズボズボ歩くよりはマシ。というか天と地の違いがある。

P1170495.jpg
ヒールアップはありません。

P1170497.jpg
裏側はこんな感じです。形はデナリと殆どおなじだが全体的に2周りくらい小さく出来ている。

P1170498.jpg
この両サイド2枚の鉄のクランポン(爪)と爪先のクランポンがガッチリと雪を摑むので緩やかな雪面(手を突かないで歩ける程度)ならアイゼンよりも歩き易い。
またサイドクランポンの御あつらえ向きの位置に穴が開いているのでこれを利用することにした。

P1170500.jpg
板にヒールアップ金具が収まる溝(穴)をあけた。
これは裏から見たところ。(すでにヒールアップの太い針金をセットした後です)

P1170501.jpg

P1170499.jpg
これは出来上がったところです。
針金は100円ショップで売っているビニール袋を架けてゴミ入れにする金具を使いました。
加工し易さといい、レールの穴との相性といいピッタシの材料でした。
高さはレールの穴から6cmとしました(デナリと同じにした)

P1170502.jpg
靴を付けてみました。ヒールアップは下げてあります。

P1170503.jpg
ヒールアップを上げました。
シューの前が持ち上がっているのはヒールを上げたため爪先のクランポンが下に突き出たためです。
実は斜面を登るときヒールアップをあげる効果は踵が上がってふくらはごが楽になることと、もっと大事なのは下に突き出たクランポンが雪面にガッチリ食い込んでくれるのです。

P1170506.jpg
斜め前の下から見たところです。ヒールアップは下げてあります。

P1170505.jpg
ヒールアップをあげるとクランポンがガッ!と下に突き出ています。

ということでマアマアの出来と思っていますが実際に使ってみるとどうなるか?
明日(4/25)富士山の登山道(車道)が5合目行けるようになるので試して見ようと思っています。
結果はここで報告します。

これを履いて行きたい残雪の山(候補)
・乗鞍岳(山中テント泊)
・早池峰(山中テント泊)
・鳥海山
・栗駒山(須川温泉から)
本当のところGWに行きたいのは立山から黒部源流の分水嶺を回って扇沢に降りるコース・・・だけど私の体力では無理そうなので我慢します。

end
関連記事
[ 2014/04/24 12:39 ] 道具 | TB(0) | CM(1)
力作ですね!!
Uconさん、凄いですね。ヒールアップを自作で取り付けてしまうとは!? 金具となる針金状の材料の選択もなかなかのアイデアですね。 脱帽です。 
 富士山での試乗会の結果を楽しみにしております。
[ 2014/04/25 12:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。