FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 燕岩岩脈

燕岩岩脈

日程  :2014年5月1,2日
場所  :昇仙峡 上流 黒富士山・燕岩岩脈
メンバー:単独
天気  ;晴れ
装備  :今回はチョット懸垂できるように7mm20mロープとハーネスを持参したが使わなかった。
      燕岩岩脈上ではルーファイによっては有った方が無難です。
      また急なドロ斜面が多いので今回は使わなかったがチェーンアイゼンを着けた方が効率的だと思いました。
歩行距離:約9km
コース&タイム
林道(車)6:14→6:28尾根末端上→(燕岩岩脈)→7:44岩脈終了のP1275m→9:26黒富士9:39→10:14枡形山→10:45下降コル→(沢を下降)→12:12マウントピアキャンプ場→12:20林道→12:30車
黒富士軌跡
黒富士から枡形山の間は登山道だったがあとはうっすらとした踏跡でした。

記録
「どっか良い所無いかな~?」といつものように地形図を眺めていると昇仙峡の奥に妙な岩記号のある地形を見つけた。
長さ1kmの真っ直ぐな尾根である。調べて見ると大昔の火山から流れ出た溶岩流のようだ。
由来はどうあれ興味が湧きあがり早速出掛けてみた。

P1170670.jpg
カーナビに設定した目的地点が近付くと岩尾根が見えてきた。
どうやらアレが燕岩岩脈らしい。

P1170674.jpg
さっきの岩壁を林道から見上げる。

P1170673.jpg
岩壁の下に由来を書いた看板がありました。写りが悪いで判読すると以下のよいになります。

「燕岩岩脈は黒富士(1760m)の北方を中心とする放射状の黒富士岩脈のうち巾35m延長1000m以上に亘って露出する規模の大きい岩脈として学術上貴重であると共に、柱状節理や板状節理が発達していて景観的にも優れているところから天然記念物に指定された。黒富士火山の活動は今から約100万年前に始まり、何回も大火砕流を発生させその堆積物は釜無川や甲府盆地南縁の曽根丘陵に達している。燕岩や太刀岡山(1295m)等の黒富士岩稜群や円頂丘は約50万年前の黒富士火山の火山活動末期に火砕流の割れ目にマグマが貫入したもので、岩質は角閃石石英安山岩である。
この岩脈にはイワツバメが営巣することから燕岩と名付けられている。」と。

ところで地学のことはわからないけど地形図では黒富士と太刀岡山の標高はそれぞれ1633mと1322mになっている。多分昔は高かったのかな?・・・多分

P1170675.jpg
車は道路脇に停めました。秋のような雰囲気ですが赤い若葉に朝日があたっただけです。念のため。

P1170679.jpg
沢の向うに燕岩岩脈と同じような岩山がある。もしかしたらむかしは一続きだった岩脈を沢が二つに分けたのかな?などと俄か地質学者になって想像を逞しくする。

P1170680.jpg
この標識の脇から登りました。もっと右から取り付いた方が楽そうだけど出来るだけ岩脈の末端から歩きたかった。

P1170681.jpg
少し登ると人間か動物か分らないけどうっすらした踏跡がありました。

P1170682.jpg
岩脈の上に乗りました。

P1170684.jpg
ミツバツツジが半分散っています。

P1170687.jpg
左側は崖! 下に林道が見えます。

P1170689.jpg
こんな岩も。確かに溶岩の雰囲気です。

P1170691.jpg
ところどころにこんな気持ち良い場所もあります。

P1170692.jpg
右手を見たら金峰山の五丈岩が見えました。

P1170696.jpg
この辺りは左右とも崖です。

P1170701.jpg
大きな岩が立ちはだかっています。登って突破するか?右を巻くか?左を巻くか? 適当にルーファイします。

P1170705.jpg
左手に富士山が見えます。

P1170710.jpg
なんだかんだでやっと黒富士山頂にたどり着きました。それにしても膝の隙間から向うの景色が見えてしまうのが?そんなハズは・・おかしいな!

P1170711.jpg
甲斐駒と仙丈辺り・・・かな?

P1170723.jpg
八ヶ岳

P1170717.jpg
稜線に登山道がありますが指導標はこんなものです。

P1170719.jpg
振り返ると定番の黒富士(左)と白富士。

P1170726.jpg
この鞍部から右の谷へ降りて帰ります。

P1170729.jpg
最初は植林の中の緩やかな斜面で踏跡もありません。

P1170733.jpg
適当に歩き易いところを選んで下ってゆくと次第に登山道らしくなってきます。

P1170735.jpg
マウントピアキャンプ場まであと15分。もう一息です。

P1170737.jpg

="500" height="364" />










end
関連記事
[ 2014/05/03 09:06 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。