FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 三つ峠・花紀行

三つ峠・花紀行

日程  :2014年5月23日
場所  :三つ峠山
メンバー:単独
天気  :曇り
歩行距離:
約7.6km
ルート&タイム
金ヶ窪登山口P9:40→11:01稜線→11:14木無山→11:58御巣鷹山→12:33三つ峠山頂→14:03金ヶ窪登山口P
三つ峠軌跡
写真を撮りながらノンビリ歩きました。コースタイムは参考になりません。

記録
昔岩登りの練習の行きかえりによくアヤメを見かけ、ジックリと写真を撮りたいなと思いながらも諸般の事情で果たせなかったので今回アヤメを求めて出掛けました。
持参したカメラはニコンのP90と言うデジカメ。あれもこれもと機能満載であるため写真に凝る人からは見向きもされないカメラですがそれさえも使いこなしていない自分には充分です。
(これを何とかして使いこなして次の高性能カメラを買いたいとは思っているのですが??)

三つ峠の稜線付近はまだ木々が芽吹き始めたばかりで草原は枯れ草が覆っている状態でした。
アヤメは全く時期ハズレだったようです。

DSCN9179.jpg

DSCN9183.jpg
DSCN9186.jpg
DSCN9260.jpg
これらは皆同じ花です。

DSCN9190.jpg
DSCN9192.jpg
〇〇スミレ

DSCN9306.jpg
マムシソウ

DSCN9333.jpg
DSCN9334.jpg
ヤマブキ  赤っぽく写っていますが実際の色はもっと黄色です。現場でも色が再現できないのでイライラしましたが何度やってもダメ!多分ホワイトバランスの調整かと思いますがやり方が分からなかったのです。勉強不足を棚に上げてイライラ。

DSCN9268.jpg
山頂付近の草原はこんな景色でした。ヤッパリまだアヤメには早かった。

DSCN9275.jpg
DSCN9272.jpg
それでも小さなリンドウのような花がありました。・・・リンドウは確か秋の花では??狂い咲きか?
ミドリさんがコメントで教えてくれました「多分フデリンドウ」

DSCN9290.jpg
DSCN9289.jpg
多分エイザンスミレだと思いますが、さっきの〇〇スミレとは花の色と葉っぱの形が違います。

DSCN9294.jpg
DSCN9299.jpg
ミツバツツジの蕾みと開いた花。つぼみは標高1700m付近で開いた花は1400mにあった。

DSCN9221.jpg
DSCN9252.jpg
コメザクラ

DSCN9212.jpg
DSCN9326.jpg
キイチゴだと思います。

DSCN9247.jpg
DSCN9245.jpg


DSCN9263.jpg
林の中の木の花です。

DSCN9283.jpg
右半分はコメザクラで左が上記の花。

DSCN9296.jpg
中腹はブナの新緑でさわやかな風が吹いていました。

今回は花が少なかったので特別に爽やかな写真をお見せします。
P1180061.jpg
凛々しさ系好きの人向け
P1180059.jpg
癒し系好きの人向け

end
関連記事
[ 2014/05/24 09:19 ] ハイキング | TB(0) | CM(1)
最後の写真が・・・
私は山の花の中でリンドウが一番好き! それも秋に咲く大きめのリンドウではなく、春に咲く小さなリンドウが好きで、ハルリンドウやフデリンドウを探しに、山に出かけます。
これは多分フデリンドウでは?
オシベの先に黒い葯があるのはワチガイソウ。今の時期はどこでも見られます。
私が使っている防水に特化したカメラでは、こんなに綺麗に花の写真が撮れないので、楽しく拝見しました。
最後の2枚が残念v-40
[ 2014/05/27 10:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。