FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > ハイキング > 米山

米山

日程  :2014年6月19日
場所  :越後 米山
メンバー:単独
天気  :曇り
歩行距離:7.5km
ルート&タイム
大平集落駐車場6:47→(途中で林道にでてしばらく歩く)→7:06林道から再度登山道へ→8:07711m峰→8:52シラ場跡→9:08山頂9:45→10:40711m峰→11:14林道→11:45大平集落駐車場
米山山軌跡
帰路は途中から林道を歩いた。

記録
途中で日帰り湯に入り、サッパリして田子倉湖から米山の大平集落登山口のPに移動して車中泊した。

P1180447.jpg
20台くらい駐車できるP。5時出発の積もりで準備をしたが丁度その頃からまた雨が降り出してしばらく様子をみる。

P1180448.jpg
6時半ころ小止みになってきたのでとりあえず出掛けることにする。
これは「林道でも行けるが遠回りなので左の登山道ならショートカットできるよ」との看板。

P1180450.jpg
登山道を行くと再び林道に出会う。林道を少し進むと右に登山道が分かれる。林道脇には数台分のスペースがあった。

P1180451.jpg
P6190096.jpg
雨に濡れた緑が爽やかだ。そしてこのピンクや黄色の花も。

P1180459.jpg
登山道はシッカリ整備されていてこの山の人気がうかがえる。

P1180464.jpg
711m峰に到着。

P1180469.jpg
更に階段は続く。

P1180471.jpg
のびやかなブナたちの森。

P1180473.jpg
ハイ!ガンバリマス!

P1180478.jpg
?場跡?

P1180480.jpg
説明の看板がありました。
シラ場というのだそうです。意味はこの写真をクリックして拡大し、ジックリ読んでください。
簡単に言うと昔は「女人禁制で女性はここまでですよ」という場所らしいです。

P1180482.jpg
山頂の避難小屋が見えました。
私が一番乗りかと思ったら避難小屋の中で女性3人がお菓子を食べながらお喋りしていました。「泊まったのですか?」と聞いたら他のルートから来たのだそうです。

P1180486.jpg
山頂のお堂。

P1180487.jpg
反対側のルートから登ってきて山頂にほぼ同時に着いた若者に撮ってもらいました。

避難小屋で若者とお喋りをしてから往路を下山。
帰りは新しく買ったカメラで花を撮りながらノンビリと下りました。
カメラはオリンパスのXZ-2というハイエンドコンパクトデジカメです。
普段使っているのは2009年に買ったパナソニックのルミックスDMC-FT1というモデルです。これは防水で画質もよく登山では名機だと思いますし、未だに手放せません。
今回のXZ-2はレンズと撮像素子が大きくて明るく鮮明に写ると言うのですがサテ?

下りながら撮った写真を全体とアップをセットで載せますので見てください。

米山の花々
P6190031.jpg
P6190033.jpg

P6190035.jpg
コピー ~ P6190035

P6190039.jpg
コピー ~ P6190039

P6190041.jpg
コピー ~ P6190041

P6190047.jpg
コピー ~ P6190047

P6190054.jpg
コピー ~ P6190054

P6190065.jpg
コピー ~ P6190065

P6190071.jpg
コピー ~ P6190071

P6190082.jpg
コピー ~ P6190082

P6190084.jpg
コピー ~ P6190084

P6190097.jpg
コピー ~ P6190085

P6190088.jpg
コピー ~ P6190090

P6190093.jpg
コピー ~ P6190093

P6190102.jpg
コピー ~ P6190102

P6190107.jpg
コピー ~ P6190107

P6190111.jpg
コピー ~ P6190111

P6190116.jpg
コピー ~ P6190116

P6190118.jpg
コピー ~ P6190118

P6190120.jpg
コピー ~ P6190120

P6190123.jpg
コピー ~ P6190123

P6190126.jpg
コピー ~ P6190126

P6190129.jpg
全部で幾つあったのでしょうか?同じ花を混じっているような気もします。
でもさすが「花の米山だ」と思いました。多分5月中旬ころは凄いのでしょうね。
来年はそのころ佐渡の金北山とセットで再訪します。

コピー ~ P6190129
これは大平集落の廃屋の庭に咲いていたバラです。雑草の中に園芸種が一生懸命「私はロンドン育ちよ~」と主張しているようで何となく侘しさを感じました。

蛇足
以前は岩や沢や雪にばかり目が向いていたのに最近は花や景色やピークに目が向いています。
多分来年辺りからはこれに温泉が加わるのでしょうね。
淋しいような楽しみのような・・・・・

end
関連記事
[ 2014/06/23 16:11 ] ハイキング | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。