FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 未分類 > 五頭山・松平山

五頭山・松平山

日程  ;2014年6月20日
場所  :新潟県
メンバー:単独
天気  :曇り時々小雨
歩行距離:13km
コース&タイム
魚止滝駐車場4:47→4:59五頭山登山口→6:16赤安山→7:12第5峰→7:28避難小屋→8:12五頭山?→10:14松平山→11:23山葵山→12:25駐車場
五頭山軌跡

記録
P1180489.jpg
五頭山登山口 
地形図の登山口よりも100mくらい手前にありました。

P1180490.jpg
しっかり整備されていて雨上がりでもズボンの裾や靴を濡らすことはありません。

P1180491.jpg
赤安山。眺望はありません。

P1180496.jpg
山頂に到着「意外に早く着いたな~??」と思いながらとりあえずハイ!パチリ。

P1180497.jpg
フト足元を見ると?? 山頂では無かった。 でも山頂と言ってもおかしくないロケーションなのです。
一ノ峰が山頂なのでしょうか?(普通はそうだけど・・)

P1180498.jpg
避難小屋がありました。どうやらこの辺りが三ノ峰らしいです。

P1180500.jpg
山頂っぽい場所に出ましたがもっと先にもっと高いところが??見えます・・

P1180502.jpg
多分アレが山頂? 自信はありませんけど。

P1180503.jpg
おもしろい形のブナ

P1180505.jpg
三角点がありました。ここが山頂? でも三角点は必ず山頂にあるとは限らない。

P1180507.jpg
松平山に続く稜線の入り口がブッシュの中に。今までは整備された道だったけど頑張って行きましょう。

P1180508.jpg
”千両万両有り通し”・・・これはジュウリョウくらいでしょうか?

P1180509.jpg

P1180510.jpg
ユキツバキ。 もう時期が遅いらしく花をつけているのは一株しか見かけませんでした。

P1180516.jpg
調査中です。

P1180519.jpg
松平山に着きました。

P1180520.jpg
本当は五頭山山頂で撮りたかったけど・・山頂が何処だか分らずここ(松平山)でハイ!パチリ。でもこちらの方が高いです。

P1180522.jpg
調査中

P1180530.jpg
そろそろ終わりのヤマツツジ

P1180531.jpg
アザミはアザミだけど何アザミ?

P1180536.jpg
歩き易い道をトコトコ下ります。

P1180537.jpg
大荒川に着きました。しばらく左岸に付けられた道ですが刈り払いされてないので樹林が切れると茅などのヤブが覆いかぶさっていました。

P1180539.jpg
魚止滝。2mくらいです。これでは元気なイワナは一飛びで越えてしまうのでは・・・と余計な心配をしました。

P1180540.jpg
この橋を渡って対岸の斜面を登れば駐車場です。(この写真は渡ってから振り返って写しました)

P1180541.jpg
ここから舗装道路に上がってきました。(松平山の登山口でもあります)
看板には「厳しい道なので一般登山者は入らないように」と書いてありました。
確かに五頭山の道に比べると松平山への道は殆ど整備はされていません。というか?かなり以前に整備されたあとそのままになっている感じでした。ただ迷うような場所や滑落するような場所は無かったです。

この五頭山・松平山で今回の予定は完了です。
終わってしまうとなんだか力が出なくなってしまいます。
帰ろうかな~


end
関連記事
[ 2014/06/25 08:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。