FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > その他 > 逆さエベレスト

逆さエベレスト

DSCF4252.jpg
モルゲンロートのエベレスト(左)とローツエ(右)

DSCF4262.jpg
中央にまだ明けやらぬアマ・ダブルムが見え、左に朝焼けのエベレストとローツエがある大パノラマです。

DSCF4269.jpg


2012年5月にヒマラヤトレッキングした時のガイドが他の日本のお客さんの招きで来日し、久々に会った。
そのときに”お土産に”と珍しい白茶などのほかに上の3枚の写真をいただきました。
私も実際にエベレストを見ているし、写真でもよく見かけるので一見は馴染みの風景だがモルゲンロートに染まっていたり
湖に写った逆さのエベレストは初めてです。
多分この両方ともあまり見られない(特に逆さエベレストは)ものなのでアップしました。

撮影者  ;ネ^パールのトレッキングガイドのMr,Phur Dotje Lamaさん。日本語はペラペラです。
撮影日  :2013年11月
撮影場所::Kongde Lake 4500m.
この湖は世界最高所にあるホテル(コンデ・ホテル)から更に300m登った所にある氷河湖です。
コンデ・ホテルからはエベレスト、ローツエ、マカルー、チョ・オユーの4つの8000嶺が望めます。
・・・と次第にコマーシャルっぽくなってしまいますがこのホテルを建てたのは私がネパールを訪れる時には必ずお世話になっている小さな(失礼!)旅行会社H・S・A(ヒマラヤン・シェルパ・アドベンチャー)です。社長の奥さんがホテルの支配人をやっています。
とても良い人たちで訪れると家族全員でレストランに食事に連れて行ってくれたり、自宅に招いてくれダルバート(ネパールの家庭料理)で歓待してくれるのです。いま、中学生のお嬢さんが可愛い。だからチョッ宣伝したくなります。
コピー ~ P1100078
2012年5月     カトマンドウーのピザレストランにて社長のお嬢さんと。

社長のプルバさんも社員のガイドさんたちも日本語が出来るし、料金も驚くほどリーズナブルなのでヒマラヤ登山やトレッキング、インドやチベットへの観光も引き受けてくれるので候補の中に入れてみてください。
日本事務所
">H・S・Aの日本事務所がありますので以下をクリックしてみてください。
       
end
関連記事
[ 2014/07/18 13:03 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。