FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 水ノ木沢

水ノ木沢

日程  :2014年7月17日
場所  :(丹沢)世附川・大股沢・水ノ木沢
メンバー:(L)ikukoさん、みかんさん、ucon
天気  :曇り
総歩行距離:13.5km
総登高距離:1115m
コース&タイム:
三ヶ瀬林道ゲート(車デポ)6:10→6:54稜線→7:30菰釣山頂7:33→8:17大栂→9:17水ノ木沢林道終点(入渓)→14:35稜線→14:57菰釣山頂→15:57三ヶ瀬林道ゲート(車)
水ノ木沢
今回は道志側から三ヶ瀬林道をゲートまで入り甲相国境稜線を越えて入渓した。

記録 

ikukoさんの企画に参加させてもらった。

P7170093.jpg
菰釣山頂からの富士山。 雪も殆ど消えてすっかり夏山の姿になっていた。

P7170095.jpg
菰釣山頂でご機嫌のリーダーikukoさん。

P7170098.jpg
怪しい者ではありません。入渓準備をしているikukoさんです。この時期はブヨが多いので防虫ネットを被っての作業です。
ここで防虫ネットの経験から得た薀蓄:
防虫ネットは登山道具店、農村部のホームセンター、釣道具店で売っています。夫々に工夫があるが価格的に見るとホームセンターが一番安くて1000円以下で後は3000円くらいです。
なるべく使っている糸が細くて色は黒が良いです。糸が太いと中が蒸れて暑いし、見難くなります。また色が黒いのは光を反射しないので見やすいです。暑いと鬱陶しいし、足元が見辛いと危険です。

P7170099.jpg
滑床が出始めました。丹沢ではこんな滑床でも貴重なのです。

P7170101.jpg
この滝は?? エート・・・思い出せない。

P7170103.jpg
滑床も次第にそれらしくなって来ました。ご機嫌の二人です。
ちなみに沢の中には不思議に虫がいません。

P7170104.jpg
P7170107.jpg
滝もありました。

P7170109.jpg
なにか(よからぬことを)相談している二人。

P7170110.jpg
5mくらいです。確か巻いたような?  いや正面を登りました。

P7170113.jpg
上と同じ滝です。

P7170115.jpg
P7170116.jpg
綺麗な滑床が続きます。

P7170123.jpg

P7170125.jpg
これは左から小さく巻きました。

P7170128.jpg

P7170131.jpg
階段状ですが出口がちょっと怖かったです。

P7170143.jpg

P7170145.jpg

P7170148.jpg
DSC07470.jpg


P7170147.jpg
ツルシロガネソウ(蔓白銀草)。  家紋にしたくなるような花でした。

P7170153.jpg

P7170162.jpg
P7170171.jpg
P7170172.jpg
水が涸れてからの滝。これは右から巻きました。

この沢は何度か来ているがこんなに滑があって綺麗だったのかと今回初めて見直しました。
でも源流近くにもう少し荒々しい滝があったような気もするけど・・・・今回は無かった?

水ノ木沢は西丹沢最奥でアプローチが長く苦労します。普通3つのルートが使われています。
①浅瀬から長い林道を来るルートは帰りも同じ林道を帰るので長い。かなりウンザリします。
②山伏峠から沖ビリ沢を下降して入ると沢を2本楽しめるが稜線に出てから山伏峠までの帰りが長い縦走になります。
③道志側の三ヶ瀬林道から入ると入渓まで一山越えて約3時間かかるが帰りが1時間と早い。
それぞれメリット・デメリットがあるがまあ?③かな?

P7210001.jpg
鹿の角をGET。

同行者の記録
   ikukoさん   みかんさん

end
関連記事
[ 2014/07/21 07:21 ] 沢登り | TB(0) | CM(3)
荒ぶるも好き
綺麗な滑床や滑滝が続く沢を歩くのは好きです。
そして険悪な滝や淵が続く沢を持てる力を駆使して攻略し、山頂に立つ達成感も大好きです。
そして高山植物が乱れ咲く高原を歩くのも好きですが聳え立つ岩場から山頂を目指したり、荒れ狂う吹雪や雪崩を巧みに避けながら山頂を目指す冬山なども同じです。
でも人生だけは波乱万丈より平穏無事の方が良いですけど。
・・・アレ?、的外れコメントになってしまいました?・・・
[ 2014/07/23 07:07 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/07/22 14:17 ] [ 編集 ]
水ノ木沢
ロングコースに二の足を踏んでいましたが、ようやく叶えることができました。
地図読みや遡行中のアドバイスもありがとうございます。
おかげで、安心して行動できました。
意外やナメ滝はお好みではないようですが、綺麗に感じられてヨカッタ!
[ 2014/07/22 14:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。