FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 桧洞沢

桧洞沢

日程  :2014年11月7、8日
場所  :丹沢玄倉川桧洞沢
メンバー:(L)ヤビツ、ucon
コース’タイム
7日  玄倉林道ゲート7:34→(林道歩き)→9:34ユーシンロッジ9:43→11:33石小屋沢出合→12:10ユーシン沢出合12:37→13:19ザンザ洞沢出合→14:13BP(標高1,115m)
8日  BP6:47→7:10経角沢出合→7:54主稜稜線登山道→8:18金山乗越→8:45臼ケ岳8:57→(仮称:臼ケ岳南尾根)→10:05P1196→11:00ユーシン11:51→12:48玄倉林道ゲート
141107 桧洞沢
石小屋沢手前までは旧金山乗越道を辿るがいたるところ崩壊していて、危険なトラバースが多い。
また、かすかな道の痕跡(所々に石垣がある)を探す目も要求される。

記録

7日
PB070220.jpg
玄倉林道のゲートから出発です。

PB070221.jpg
いつ見ても玄倉ダムの水はコバルトブルー

PB070920.jpg
玄倉林道沿いの紅葉。2週間前はまだ青々としていた木々が紅葉真っ盛りであった。

PB070924.jpg
ユーシンロッジ前の広場。

PB070925.jpg
ユーシンロッジ。丹沢のど真ん中の別天地だ。ここまでの林道を整備して県民の憩いの場所に復帰させたいけど・・・崩れやすい林道の整備や何よりも安全保障が障害か?

PB070932.jpg
このドウタンツツジの脇を通って桧洞沢に入る。

PB070933.jpg
発電所の導水路巻の先で河原に下りる。

PB070934.jpg
ハーネスを着けて沢登り開始です。

PB070251.jpg
既にオイラはお疲れぎみ

PB070935.jpg
大きく深い瀞が現われました。

PB070937.jpg
リーダーの華麗なヘツリをカメラに収めようとしたら・・・・・あれ!リーダーの動きが速くてぶれているか??
ドボンの瞬間
拡大してみると。。。。。。このあとドボーンと水の中にダイブ。

泳いでいるリーダーを写真に収めようか、はたまた助けた方がいいのか考えたが、溺れているようにも見えるのでロープを投げて掴まってもらい岸まで引き寄せました。
全身ズブ濡れでしたが写真を撮るわけにも行かず・・・・・撤退を勧めたが「行く!」とのことでとり合えず旧登山道から巻くことにしました。
(11月の朝なので動かないと低体温症になってしまいます)

PB070939.jpg
石小屋沢出合の手前で河原に再び降りました。・・・寒そうですが本人は「前進あるのみ!」と威勢が良い。

PB070942.jpg
魚止めの滝。

PB070943.jpg
左のリッジをリードしていたけど・・・・??。。。。この後の話は内緒です。

PB070947.jpg
磨かれた白い花崗岩に降り積もった落ち葉が美しい。

PB070255.jpg
足首までなら冷たくないけど。。。全身ではさぞかし・・・

PB070948.jpg
何となく寒そうだな~

PB070949.jpg
石小屋沢出合。以前は正面の黒い岩に「石小屋沢」と書かれていたが消えていた。

PB070950.jpg
心が洗われるような秋の渓谷美です。(決して心が汚いわけではありません。例えただけです)

PB070951.jpg
撮影に忙しく中々先に勧めません。美し過ぎるのも困り者です。

説明のしようも無いので写真を見てください。
PB070952.jpg

PB070954.jpg

PB070265.jpg

PB070270.jpg

PB070955.jpg

PB070956.jpg

PB070285.jpg

PB070957.jpg

PB070958.jpg
衣類も乾いてきたらしく元気が出てきたような・・・・

PB070961.jpg

PB070962.jpg
左からザンザ洞沢が流れ込みます。昔はアイスクライムのメッカでした。

PB070964.jpg

PB070302.jpg

PB070965.jpg

PB070969.jpg
14時を過ぎたので左岸の台地にツエルトを張りました。

PB070319.jpg
晩飯はカレーと持ってきたメザシの塩焼きです。
PB070320.jpg

PB070971.jpg
ここまでの行動で衣類もすっかり乾き、ご機嫌でメザシにかぶりつくリーダー。

PB070327.jpg
真っ暗な中に焚火の炎だけが赤々と・・・夜は更けて行きました。

8日
PB080973.jpg
ユックリ朝食を楽しんで7時前に出発。

PB080974.jpg
この辺りはもう紅葉も散ってしまったようです。

PB080977.jpg
経角沢出合。この辺りの左右にはBPに最適な台地がたくさんあります。

PB080978.jpg
水も涸れ、木々も葉を落として何となく寒々しています。

PB080982.jpg
もう直ぐ稜線の縦走路路です。
PB080354.jpg

PB080984.jpg
登山道に着きました。

PB080986.jpg
稜線は綺麗なアップダウンが続きます。

PB080362.jpg
臼ケ岳で一休み。

PB080992.jpg
臼ケ岳から南に伸びる尾根を標高1100mくらいまで降りてきたところ。

PB080993.jpg
今回の山行は沢も尾根も言葉に尽くせぬ美しさです。

PB080995.jpg

PB080997.jpg

PB080999.jpg
曇りでこの美しさ!晴れていたらどうなってしまうのだろう。

PB081001.jpg

PB081006.jpg

PB081007.jpg

PB081010.jpg
これでもか!これでもか!と秋が迫ってきます。もう・・・降参です。

PB081011.jpg

PB080386.jpg

PB081014.jpg

PB080390.jpg

PB081020.jpg

PB081020.jpg

PB081031.jpg
もう紅葉は飽きました。ウンザリです。←罰当たり者

PB080398.jpg
ユーシンに帰ってきました。お昼はお汁粉です。
PB080399.jpg

PB081037.jpg

PB080400.jpg
玄倉林道ゲート脇のパーキングまで帰ってきました。
実は色々なアクシデント?はありましたが何とか無事にクリアーして秋たけなわの丹沢を満喫しました。

end
関連記事
[ 2014/11/09 13:20 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。