FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 中ノ沢

中ノ沢

日程  :2014年11月19日
場所  :丹沢 寄 中ノ沢
メンバー;(L)みかんさん、ikukoさん、みどりさん、ucon
コース&タイム
寄大橋P8:10→8:30中ノ沢出合→9:453段の滝(高巻き)12:00→12:38二俣12:58→13:36三俣→13:45(ガレで引き返し)15:45→15:23稜線15:42→16:00伊勢沢の頭→16:40旧秦野峠→17:03林道秦野峠17:12→(林道)→18:18寄大橋P
141119 中ノ沢軌跡

記録
PB191150.jpg
寄大橋傍のPに現地集合。

PB191151.jpg
林道(玄倉ー寄線)のゲート

PB191156.jpg
中の沢に入って最初の堰堤は左の鉄ハシゴを登る。ハシゴは錆びて細くなっており怖い。

PB191157.jpg
二つ目の堰堤も左から。

PB191158.jpg
遠くの方に滝らしきものが

PB191169.jpg
小滝を越えて

PB191178.jpg
さて!この滝はどう攻略しようかな!

PB191180.jpg
右側を微妙なバランスで登って「ハイ!どうぞ!」とロープを下ろしてくれた。

PB191187.jpg
3段の滝に到着。

PB191189.jpg
これは微妙だな~

結局右岸を30mロープ4ピッチで滝上に高巻いた。
4ピッチも高巻いたのにピタリと滝上に出たのは見事なルーファイ。流石です。

PB191196.jpg
二俣から左に入ると直ぐに脆い15m位の涸れ滝に出会う。これは無理!と二俣まで戻って右俣に行くことにした。

PB191197.jpg
右俣もボロボロのガレであった。

PB191199.jpg

PB191201.jpg
すぐ三俣になり、真ん中を5mの涸れ滝を登って行くとまたボロボロの滝に突き当たる。これは登れない。
そして回りもボロボロザレザレの斜面で登れそうだが怖い。5mの涸れ滝をクライムダウンするのも怖い。周りに懸垂支点になる物がないのでハーケンを打って下った。(ハーケンは残置)
ボロボロのルンゼでも雨が降ると水が流れる沢床は意外と固い岩盤になっています。

PB191203.jpg
右側の尾根を150m登って縦走路にでます。たった150mだけど辛かったです。

PB191206.jpg
夕日が差し込む尾根道を秦野峠に向って急ぐ。

PB191207.jpg
夕日に染まる紅葉。

PB191208.jpg
富士山の左に日が沈みました。

林道秦野峠の少し手前でヘッドランプを点灯し、峠に着いたときは真っ暗。あとは舗装された林道を1時間歩くだけ。
久々のヘッデン下山となったが楽しい山行でした。

end
関連記事
[ 2014/11/20 12:15 ] 沢登り | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/11/22 17:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。