FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 未分類 > 宝永山

宝永山

日程  :2015年1月31~2月1日
場所  :富士山 宝永山 須山口登山道 (ちなみに須山口下山道という別の道もある)
メンバー:ucon
天気  :晴れ
登行距離:900m
歩行距離:10.3km
コース&タイム
水ヶ塚駐車場6:30→11:20御殿庭中→12:44P2352(第二火口上)13:02→(往路)→15:44水ヶ塚駐車場
宝永山軌跡
※奇跡が途中で2本に分かれているのは登りで道を間違えたため。
※間違えたところまで前日のツボ足のトレースがあった。
記録
先日の二ツ塚に続いて今回は宝永山を目指した。
2日まえに降雪があったので新雪のラッセルを想定し、前夜は水ヶ塚駐車場で車中泊した。
ラッセルでヘロヘロになり、第二火口上のピーク2352mがやっとだった。宝永山山頂まで標高差はあと350m。

P2011545.jpg
最高到達点にて。

P2011548.jpg
下山後写した富士。

標高2100mまで前日のツボ足のトレースがあったが大変身勝手なことを言うとツボ足のトレースをスノーシューで歩くのはとても歩きにくく、横を新たにラッセルすることになった・・・・でも身勝手なことを言わずに素直にスノーシューを脱いでツボ足でそのトレースをありがたく使わせていただいた方が速くて楽だったのです。
人生も登山も我を張るのは良くないです。(これは個人の感想です)

道を間違えたのはそのトレースに闇雲に追従したためですが・・・常日頃「ルートは他人のトレースや赤布に頼るな!」と言っているのに・・・・恥ずかしい限りです。反省!

降雪後、中1日置けば雪も締まるのではと思ったが樹林帯の中のふわふわの雪はスノーシューでも膝上まであり、体力を使い果たし第二火口上までがやっとだった。
宝永山は遠いな~

次回狙うとすれば①他人のトレースがバッチリついた時。かまたは②森林限界まで前進キャンプを出す。

余談
今回はputha(ヒマラヤのプタ・ヒウンチュリ)用に買った二重靴(スカルパ ファントム6000)を履いたが流石二重靴、冷たさは一切感じなかった。(普通の冬靴でも感じなかったかも知れないけど)
そしてはじめはガチガチに硬かったがだいぶ足に馴染んできた。

end
関連記事
[ 2015/02/02 10:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/02 15:40 ] [ 編集 ]
ラッセル
膝上までのラッセルはきついですね~
着々とヒマラヤの準備ですね♪
それにしても仲間と行くときは展望の良い幕岩経由にしてくれているのに、単独では樹林帯の展望なしで、トレーニングに徹しているのですね(?)
最高到達点での撮影はセルフかな??
[ 2015/02/02 15:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。