FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 無雪期 > 畔ヶ丸・白石峠(丹沢)

畔ヶ丸・白石峠(丹沢)

日程   :2012年4月5日
メンバー :単独
コース  
畔ヶ丸軌跡
西丹沢自然教室を基点に時計周りに周回する。地形図上の白石峠から約300m下った沢までは登山道の表示はあるが実際にはない。今回は昔の痕跡でもあるかと思いここを歩いたが何もなかった。沢に下りる尾根の末端は急な斜面で危険です。

コースタイム:西丹沢自然教室7:34→8:25下ノ棚→8:50本棚→9:50善六のタワ→10:42畔ヶ丸11:00→11:20モロクボノ頭11:25→12:55水晶ノ頭→13:15白石峠13:20→(道の無い尾根)→13:55白石沢14:05→15:00モロクボ沢出合→15:10用木沢出合→15:40西丹沢自然教室

記録    :
畔ヶ丸01
下ノ棚  西丹沢には50m前後の大きな滝が多い。これはその中の一つで下ノ棚です。50mと言われているが下から見える範囲では35mくらいか? しかし白い花崗岩の上を滑り落ちる大量の水で迫力は満点だ。ここを見物して次の滝(本棚)に向かう。

畔ヶ丸02
高い滝が見えてきた。これが本棚だ!しかし意外と水が少ないな・・・と思いながら近づくと
畔ヶ丸03
アレ!左側にもっと豪快な滝があった。
畔ヶ丸04
これが本棚らしい。下からの目分量では35m。
畔ヶ丸05
向かい側にも水量は少ないがもっと高い滝があったのだ。目分量で50mか?
畔ヶ丸05a
とりあえず記念に「ハイ!パチリ!」 これで滝見物は終わり。

畔ヶ丸06
「善六のタワ」と呼ばれる鞍部で稜線にでた。白いのは雪ではなくこの辺りの花崗岩の砂がそのように見える。

畔ヶ丸07
やっと畔ヶ丸の山頂に到着。なんと標高差750mを3時間強も掛かってしまった。途中2つの滝見物をしたとは言えエアリアでは2時間50分なのだ! ガックシ! そういえばこの写真でも何となく足腰の辺りがひ弱だ。

畔ヶ丸08
モロクボの頭。ここで甲相国境稜線(甲斐と相模の国)に合流する。

畔ヶ丸09
白石峠の手前で大きな雪の塊が残っていた・・・と思ってよく見たら真っ白の石だった。

畔ヶ丸10a
白石峠に到着。目の前には大室山が大きくそびえていた。
峠というと普通は鞍部のイメージだがここはピーク。なぜピークが峠になっているのだろう。多分道が稜線を越えて道志側に続いているのだろうと道志側をあちこち見たが道らしきものは無い。中川側にはかすかな踏み跡がある。ならばこれを下って調べてみよう。地形図の中川側には確かに道が記載されているのだから・・・とその地形図に記された道に沿って下る。しばらく踏み跡を辿ると人間が立っては通れない木の枝の下を通っている。どうやらこの踏み跡は人間より背の低い動物の通り道だったようだ。
畔ヶ丸10
でもそれ以外に踏み跡が見当たらないということは・・ここには道がないのか。廃道になると草木はすぐに生えるが地形の痕跡は残る。それを信じてなおも下るが結局なにも見つからずに白石沢に下りてしまった。(実はここの道の表示が正しいのかどうかを調べるのが今回の目的なので地形図を持って、ルートをGPSにインプットしてきた。途中左右に引き込まれやすい尾根が派生しており、場合によっては沢に迷い込むことになるし、この辺りは花崗岩でザレ場が多く危険でもある。道の無い尾根を計画される場合はシッカリと調査準備されるようお勧めします)

畔ヶ丸11
白石沢に沿った道を下ってゆくと右手の沢に大きな滝が木の間越しに見える。(木々が芽吹くと葉っぱで殆ど見えなくなりそう)今回4つ目の大きな滝だ。
畔ヶ丸12
しばらく行くと道の脇に看板があった。なるほど!   尾根の上で見た白い石は大理石だったのだ。
変性鉱物?もしかしたら水晶も?。そういえば水晶沢があって今日もその稜線(水晶の頭)を通ってきた。
西丹沢は宝?の山なのだ。

畔ヶ丸13
大理石の滝を過ぎると道は整備されて歩きやすい。山道から林道、舗装道路と変わってゆく。道の両脇の斜面にはミツマタが咲き誇っていた。
yamaya
関連記事
[ 2012/04/06 11:01 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。