FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 伝法沢 丹沢

伝法沢 丹沢

日程  :2015年5月6日
場所  :丹沢 中川川/白石沢/伝法沢
メンバー:(L)みかんさん、ucon
天気  :晴れ
登行距離:416m
歩行距離:6,6km
コース&タイム
用木沢出合8:50→9:34伝法沢出合→12:25稜線12:55→(右岸尾根下降)→13:27登山道→13:51用木沢出愛
ucon伝法沢軌跡

記録
今日は超マイナーな伝法沢。どこにあるかと言えば西丹沢の中川川の本流とも言うべき白石沢の右岸から流入
してくる長さ500m高低さ300mにも満たない小さな沢である。

mknDSC02907.jpg
犬越路への基点の用木沢出合の駐車スペースは7,8台の車で満杯だった。

mknDSC02911.jpg
この橋を渡って左に行くとモロクボ沢。伝法沢は白石沢左岸をそのまま真っ直ぐ進みます。

mknDSC02914.jpg
一度右岸に渡って

mknDSC02915.jpg
もう一度左岸に戻って

mknDSC02916.jpg
少し行った堰堤の上で右岸から流れ込んでくるのが伝法沢。・・・・と言っても左岸の登山道からはここに沢があるとは思えません。でも行きたい人は信じて覗いてみてください。

mknDSC02920.jpg
これが伝法沢。殆ど水もないやぶ沢です。

uconP5062013.jpg
沢が左に曲ると連続する滑滝が現われます。

mknDSC02926.jpg
滑を快適に登って行くと

uconP5062016.jpg
目の前にこの滝が現われる。これは越えられそうにない。

uconP5062015.jpg
さっさと諦めて右から巻くことにした。

uconP5062017.jpg
30mで3P巻いて沢に戻りました。滑の一番下からここまで標高差で60mありました。

mknDSC02938.jpg
しばらく小滝を越えて行くと小さな三俣になります。左がこれ、登れそうにないし、本流から大きく外れるので却下!

mknDSC02940.jpg
これが右で本流です。奥に被った10m以上の滝があって無理! 右から巻こうとしたけどボロボロだから却下!

mknDSC02939.jpg
真ん中がこのルンゼ。先人の記録でもここを途中まで登って右の尾根に回りこんでいるのでここを採用することにした。
でもルンゼの中も途中から右の尾根に取り付くところもかなり悪かった。

mknDSC02944.jpg
本流に戻ったところ。

uconP5062028.jpg
ルンゼ状を快適に登ってゆきます。

uconP5062033.jpg
次第にルンゼは浅くなって

mknDSC02952.jpg
最後はここを詰め上がって

mknDSC02956.jpg
右岸尾根に出ました。

uconP5062039.jpg
右岸尾根はやぶもなくスッキリ下れます。が、枝尾根が多いので地図読みはシッカリと! でも間違ってしまってもロープを持っているのだから大事ないでしょう。多分!

小さな小さな沢ですが登れない滝が二つあって、その巻きもルーファイと木登り技術を求められるので入渓は慎重に。

END
関連記事
[ 2015/05/06 18:51 ] 沢登り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。