FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 沢登り > 水無川 源次郎沢 (丹沢)

水無川 源次郎沢 (丹沢)

日程   :2012年4月13日
メンバー :単独
コースタイム:戸沢出合8:30→9:00入渓→10:00二股→12:15赤い岩12:35→(源次郎尾根)→13;25入渓点→13:40戸沢出合
コース
源次郎沢軌跡
 下降は源次郎尾根を下った。ここは踏み跡が薄く、標高1100付近で上から見て右の枝尾根に入りやすいので要注意

源次郎01F01
 F1.左を少しヘツッて越えた。落ちても滝つぼなので安心。

源次郎02
小滝が続く。快適に楽しみながら越えて行く。

源次郎03F02
F2

源次郎04
源次郎05
小滝が続く。気ままに越えて行く。この沢は何度も来ているがこんなに滝があったのだろうか?多分そのときは大勢の仲間がいたので気配り優先で景色や登攀を楽しむ余裕が無かったのかもしれない。
最近、一人で歩くようになって山がよく見えるようになった気がする。山と一対一の付き合いだ。例えて言うならパーティー登山は山とのグループ交際、単独は二人だけのデート。大好きな恋人を独り占めしたようなものだな。

源次郎06F03
 F3

源次郎07

源次郎08F04
 F4.今日は暖かいので飛まつが気持ちよい。積極的に水の中を登る。キャラバンの大峰アクアステルスがピタピタ決まる。

源次郎09F05
 F5.滝の左の乾いたカンテを登る。今回はここで単独ロープワークを使った。今まではルベルシーノとフレンチを併用していたがスベリが悪く面倒だったので6mmのフレンチのみにした。ロープは8mm。どれもこれもメーカー担保外だが垂直に空中を落ちるわけではないので・・・油断かな? 下の末端解除のため懸垂で降りてタイブロックで登り返した。面倒だけど一粒で3回味わえると思えば楽しい。

源次郎10F06
 F6の上段の滝。ここは左の壁を登るのだが末端固定の木や岩がなく、フリーだとビビッて行き詰まったら即ピンチなので左から巻いた。この巻きも最後のトラバースの一歩は高度感もありA0を使ってしまった。
軟弱かとも思うが「単独は足を挫いたり、骨折して歩けなくなったら終わりになるので慎重に慎重を重ねるくらいがちょうど良い」と自己弁護。

源次郎11F07

源次郎12F08

源次郎13F09
 上からF7、F8、F9と看板だけあるが滝が無い。埋まってしまったのだろうか? でも看板を付けたときはあったのだろうからそんなに昔のことではないはず。滝が出ていれば更に楽しい登攀が出来るのに残念!
でも埋まったものなら一たび豪雨になれば岩石土砂が流れて再び滝が出てくるかも知れない。

源次郎14
 5mくらいの涸滝。岩も硬く、乾いているのでどこでも快適に登れる。

源次郎15E10
 F10.この沢最後の見せ場。右の乾いたフェースを登るのだが最上部の2mくらいのトラバースがいやらしかった記憶がある。
大事をとって左から巻くことに。でも泥斜面、チェーンアイゼンを装着。アラ不思議!泥や落ち葉の斜面に足を置くだけで滑らない、と言うよりも滑る不安が無いのだ。快適に巻いて落ち口へゆく。下を覗いたら急にトップロープでやって見たくなった。懸垂してタイブロックで登り返すが快適快適、スッと登ってしまった。どうしてだろう?歳をとっているのだから上手くなっているはずはない。多分、以前はフェルト、今回はアクアステルスだからだと思う。泥にはチェーンアイゼン(チェーンスパイク)岩にはアクアステルス、装備の進歩は凄いなと妙に感心する。

源次郎16
 赤い岩。源次郎の最上部には芝生のように丈の低い熊笹に囲まれた赤い岩尾根がある。大倉尾根の花立山荘から直線で200mくらいしか離れていないのに静かで眺めがよい別天地だ。あそこに行ったらお昼にしよう。

下りは仲間がよく地図読みに使う(仮称)源次郎尾根を下る。薄い踏み跡があるが途中で鹿と人間の踏み跡が入り混じって訳が分からなくなる。そして急な赤土の斜面には踏み跡がない。まるい広い尾根だから霧の中では源次郎沢側の枝尾根に迷い込み易い。がここも何度も通っているので快適に下って戸沢出合に戻った。
川原で心配していた手足を点検したが血が流れていない。唯一の心配ごとが解消され、気をよくして川原でコーヒーを沸かしてお茶タイム。ついでにポカポカと陽を浴びながら1時間ほど読書まで楽しんだ。

家に帰ってシャワーを浴びたら右ヒザの内側から血が流れている。ヤッパリ! ヒルはいたのだ! これから木々が目を吹いて、真っ赤なつつじや黄色のヤマブキ、淡いピンクの山桜でもっとも美しい季節になるのに! 紅葉になるまで東丹沢とはしばしのお別れだ。
関連記事
[ 2012/04/14 10:21 ] 沢登り | TB(0) | CM(1)
ヤッパリ!!
快適な遡行、良かったですね^^
一人だと無理をしない所もパーティーでは頑張ちゃったりするから危険ですね・・・
ヒル・・でもまだ今年は東丹沢に行っていない。予防万全で出掛けます♪
[ 2012/04/14 10:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。