FC2ブログ

”霧(kiri)”

自分で楽しんだ登山の記録を思い出しながらもう一度楽しんで書いています。 このブログを見ていただいた人に山や自然に興味をもっていただき、そして好きになって頂ければとてもうれしいです。 更にコメントをいただけるとなおうれしいです。コメントは山行名をクリックすると一番下に投稿欄が出ます。
”霧(kiri)” TOP > 無雪期 > 乾徳山

乾徳山

日程  :2015年11月11日
場所  :乾徳山
メンバー:みかんさん、ucon
天気  :曇り(霧)
コース&タイム
林道6:20→7:35月見岩→8:44乾徳山頂9:00→9:05懸垂地点(休憩)9:32→10:23月見岩→10:46ヒュッテ→11:40車 
乾徳山軌跡

記録
DSC08082.jpg
登山口の100mくらい先の道路わきに車を止めました。
また300mくらい先にも左側の道路わきに数台が置けるスペースがあります。
この道路は林業関係の大型トラックなどが通ります。

DSC08083.jpg
すっかり葉を落とした登山口から入ります。
さっきまで雨が降っていたように枯れ葉がしっとりと濡れていて、なんとなくうら寂しい晩秋の趣。こういう雰囲気は嫌いではないけど・・・

DSC08091.jpg

DSC08092.jpg
振り返ると雲海の中に大平高原が見えました。

DSC08099.jpg
ひとしきり登ると尾根は緩やかになってきました。

PB113965.jpg
わあ、綺麗。

DSC08100.jpg
岩が出てきました。
岩が濡れていたせいか?バランスが悪いのか?ここで滑って転んでしまいました。   イタカッタ~

PB113969.jpg
こんなところで転ぶなんて!と言われてしまいました。

DSC08108.jpg
また高原状に開けます。涸れたススキが綺麗です。

DSC08109.jpg
ススキは綺麗だけど・・・・足が?体が重くてノロノロヨロヨロと進みます。

DSC08110.jpg
月見岩。このススキの草原で岩に寄りかかって満月を見たら気持ちいいでしょうね。でもキツネに化かされるかな?

DSC08113.jpg

DSC08117.jpg
テアライ石?チョウズ石? 岩のくぼみに水が溜まっていて昔のトイレのテアライのようです。

DSC08118.jpg
手洗い石を過ぎると道は急になってきます。

DSC08119.jpg

DSC08121.jpg
岩場が多くなります。

DSC08125.jpg
ダブルストックで登ります。ガチャ類が詰まった荷物が重いよ~

DSC08127.jpg
名前のある岩らしく小さな立て札があったようですが疲れで目がかすんで気が付きませんでした。

DSC08128.jpg
バンドを登って

PB113974.jpg

DSC08130.jpg
リッジを超え

DSC08131.jpg
壊れかかったハシゴを降りて

DSC08132.jpg
目の前に岸壁が!

DSC08134.jpg
鎖に縋り付いてヨッコラショ!

DSC08135.jpg
くぐったり

DSC08136.jpg
また岸壁

DSC08138.jpg
胎内岩だそうです。

DSC08139.jpg
振り返ると岩稜。

DSC08141.jpg
山頂直下の垂壁。鎖に縋って登るのですが

DSC08148.jpg
フト見ると右側にう回路がありました。ありがたいです。

DSC08143.jpg
ヘロヘロなので巻き道から山頂へ。

DSC08144.jpg
山頂にやっと着きました。

DSC08145.jpg
なにはともあれ ハイ!パチリ

PB113979.jpg
みかんさんはお祈り。

ところで岸壁下に降りる懸垂ポイントは?
みかんさん「さっき通り越しました」  私「エッツ!」

PB113983.jpg
私が調べて北ところでは・・・確かこの辺りよ!

PB113984.jpg
ここでよし!!

DSC08150.jpg
見つけました。

DSC08151.jpg
このチムニーを懸垂するようです。 下は霧でみえません。

DSC08152.jpg
どうしようか考えているところ。
結局、疲れているので・・・「天気も良くないし、岩も濡れているし、今の時期日も短いし・・・・」と逃げの理由を並べて止めることに
しました。

DSC08156.jpg
決断すれば逃げ足は速いです。

DSC08159.jpg

DSC08162.jpg

DSC08163.jpg
月見岩の草原まで戻ってきました・

DSC08168.jpg
下りは月見岩から国師ケ原に向かいます。

DSC08172.jpg
役小角像がありました。エンノオヅという大昔しの修験者です。この人が山々を飛び歩くことを始めたとか?
言ってみれば日本で最初の登山者、私たちの大先輩にあたる人ですね。

PB113992.jpg
撤退にご機嫌斜めだったみかんさんもシラカバ林の道でケロッと治りました。良かった~

DSC08174.jpg
シラカバの林の中に高原ヒュッテが見えてきました。いまは無人で避難小屋として使われています。

DSC08180.jpg
後ろに乾徳山頂が見えます。皮肉にも青空になってきました。

DSC08182.jpg

DSC08184.jpg
今朝登った登山口まで戻ってきました。

PB114002.jpg
DSC08185.jpg
お疲れさまでした。

余談
 ガチャが入った荷物が重くて重くてヘロヘロでした。
 みかんさっはスタスタ、ニコニコ、ご機嫌で歩いているのでさぞかし荷物が軽いのだろう!  車に帰ったら秤で測って・・・・
 を楽しみに頑張ってきました。
 イザ測定! 先ずみかんさんの荷物から、12kgでした。意外と重かったです。
 そして自分の荷物、多分15kgは超えているだろうと思っていたら、メモリを見ていたみかんさんが「アレ~ 」
 どうしたのかと思ってみたらなんと11.5kg。
 みかんさんより軽いのにゼイゼイハアハアでがっくり。再起不能です。

end
関連記事
[ 2015/11/11 21:35 ] 無雪期 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

ucon

Author:ucon
団塊世代前の自称”昔の山男”です。仕事に追いまくられている間は山どころではなかったけど、定年を機に青春を懐かしんでまた登り始めました。これからドンドン友達を増やして、青春を取り戻そうと目論んでいます。・・が、2年前に変人(片腎(腎臓を1コ切除))になってしまいましたので、ガンガンは無理だよな~~・・分かってはいるけど・・おまけに性格も悪いしな~
PCアドレス
ucon3@mg.scn-net.ne.jp
携帯アドレス
ucon-no-higuma@ezweb.ne.jp

ようこそ”霧(kiri)”へ
ご訪問いただいた回数
また来てください。